ウルトロンとは自我と学習能力を持った人工知能でありトニー・スタークブルース・バナーによってプログラムされた。このウルトロン計画は平和を維持しアベンジャーズを助けるはずだったが、ウルトロンは地球の平和を守るには人間の絶滅が一番であると結論を出した。

ヒストリー[編集 | ソースを編集]

アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン[編集 | ソースを編集]

トニー・スタークブルース・バナーはもともとアイアン・レギオンの拡張として平和維持のために独立して動くウルトロンを作ろうとしていた。ヒドラの基地を襲撃した彼らはロキのセプターを発見した。スタークはソーに頼んでアスガルドに持ち帰る前にそれを借り研究したいとし出た。研究中、スタークとバナーはセプターの宝石にの中にウルトロン・プログラムを完成させられる神経細胞が隠されていることに気づいた。バナーは最初、何が起きるかわからないため協力を拒んだが結局はスタークの説得に応じた。ふたりはついに適切なAIを構成しJ.A.R.V.I.S.に仕上げを任せた。目覚めたウルトロンはJ.A.R.V.I.S.を破壊した。パーティの後、ウルトロンはアベンジャーズと対峙しアイアン・レギオンのドローンを使って攻撃した。ウルトロンの体は破壊されたが彼はインターネットを使って脱出した。その後、ウルトロンがインターネットを介して核弾頭発射コードにもアクセスしようとしたがJ.A.R.V.I.S.が止めていたことが明らかになった。

性格[編集 | ソースを編集]

ウルトロンのプログラムはトニー・スタークの感情的反応を土台としており自らを神と考えている。彼は狂気的でダークユーモアも見せる。

力と能力[編集 | ソースを編集]

[編集 | ソースを編集]

  • 耐久性 ウルトロンは・マーク1のボディはダメージを和らげる装甲がありウルトロン・プライムのボディは次第にダメージに対する強度を増した。最終型はアイアンマン、ソー、ヴィジョンの攻撃を同時に受けても持ちこたえた。
  • エネルギー放出 ウルトロン・プライムは元々リパルサー技術を組み込んだロボットから改装された物である。そのため、その後の機体は金色のエネルギーブラストを発射する能力を持つ。熱及び電磁エネルギー出力の程度は不明。
  • 飛行能力 マーク1時代の飛行能力はまだ効果的に利用できる程ではなかったが、プライム体その後の世代は空中で高い安定性を得るための推力機能を搭載。最終的な形は推力機能なしで空を飛ぶことを可能にする反重力テクノロジーを持つに至った。
  • 怪力  100トンの重量を持ち上げる
  • レーザーアイビーム ウルトロンの目から放たれる強力なレーザーを浴びた物は生物、無生物問わず大爆発して四散する。 それほどまでに強力なパルス光のエネルギー密度は、最大で核爆発に匹敵する。 またウルトロンの目から放たれる別の種類の光線には催眠効果があり、人間の精神を操ることができる。 記憶を書き換えたり、特定の行動を指定した時期に起こさせるといったことまで可能になっている。

能力[編集 | ソースを編集]

Abilitiesの部分を記入してください。

強さレベル[編集 | ソースを編集]

Strength Levelの部分を記入してください。

弱点[編集 | ソースを編集]

  • 誇大妄想
  • 傲慢さ

装備物[編集 | ソースを編集]

Paraphernaliaの部分を記入してください。

装備[編集 | ソースを編集]

  • アダマンチウムのボディ

移動手段[編集 | ソースを編集]

Transportationの部分を記入してください。

武器[編集 | ソースを編集]

  • エネルギーブラスト 両手のひらに搭載された武器。手榴弾ほどの威力を持つ。
  • アンドロン突然変異ガス 吸い込んだ人間を意思のない金属ボディの戦闘兵器へと変え、しかもそれを遠隔操作することができる。

相関関係[編集 | ソースを編集]

吹き出し[編集 | ソースを編集]

Speech Bubbleの部分を記入してください。

ノート[編集 | ソースを編集]

スタン・リーによる創作秘話[編集 | ソースを編集]

Creation by Stan Leeの部分を記入してください。

トリビア[編集 | ソースを編集]

Triviaの部分を記入してください。

参考リンクと出典[編集 | ソースを編集]

Links and Referencesの部分を記入してください。

More[編集 | ソースを編集]

Discover and Discussの部分を記入してください。

フットノート[編集 | ソースを編集]

Footnotesの部分を記入してください。

出典[編集 | ソースを編集]

Referencesの部分を記入してください。

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。