マーベル・データベース wiki
Advertisement


ヒストリー[]

キャプテンの命令[]

S.H.I.E.L.D.内に潜んでいたヒドラが一斉蜂起し、本部トリスケリオンが占拠された際、管制官であったキャメロン・クラインキャプテン・アメリカことスティーブ・ロジャースの放送した演説に共感し、ブロック・ラムロウが命じたインサイト・ヘリキャリアの発進を拒否した。彼は頭に銃を突きつけられてなお意思を曲げず、その後居合わせたエージェント13に救われる。

本当のシールド[]

ウルトロンの蜂起によって勃発したソコヴィアの戦いでは、フィル・コールソンが切り札として隠匿していたヘリキャリアにニック・フューリーマリア・ヒルらと共に管制官として搭乗し、不慣れながらもアベンジャーズと共に避難民の救助に尽力した。

ノート[]

原作コミックにおける彼もS.H.I.E.L.D.の一員であり、また彼の祖父に当たるスタンリー・クラインは第二次大戦中キャプテン・アメリカとハウリング・コマンドーズによって命を救われている。

トリビア[]

エージェント・オブ・シールド(ドラマ)に登場したハンク・トンプソンは原作コミックにおける同一キャラクターを元にしており、本名も同じキャメロン・クラインである。

Advertisement