マーベル・データベース wiki
Advertisement

スパイダーマン/ピーター・パーカー(アース616)は、クモのパワーを授かったスーパーヒーロー。アース616(マーベルユニバース)に所属し、ニューヨークを拠点にヴィランと戦いながら、人々の安全と平和を守っている。近年はアベンジャーズに主要メンバーとして参加するほか、会社経営者としても活躍している。その後自分で会社を潰し、ワールドビッゲストルーザーとなった

ヒストリー[]

生い立ち[]

ピーター・パーカーは、クイーンズにリチャードとメアリー・パーカー夫妻の息子として生まれた。後に両親は飛行機事故で亡くなったとされていたが、実はCIAのエージェントであったことが判明する。

Peter Parker (Earth-616) bit by the radioactive spider from Amazing Fantasy Vol 1 15.jpg

スパイダーマンになる[]

ある日、ピーターは科学博覧会で放射線を浴びた蜘蛛に噛まれてしまう。その結果、超人的な腕力、敏捷性、壁に貼り付いて登る能力を身に付けた。 彼はその力を生かし、試すために街の賭けプロレスに参加し、金を稼ぐ。

コスチュームを身に纏うピーター

気を良くしたピーターはコスチュームを作り、科学の知識を生かして、蜘蛛の糸を射出する装置を発明し、手首に取り付けた。 これがスパイダーマンの誕生だった。スパイダーマンはテレビでパフォーマンスを披露し一躍スターになった。 ある日、警察官が泥棒を追いかけているところを通りかかるが、警官の頼みを無視したために、泥棒は逃げ切ってしまう。 帰宅すると、叔父のベンが泥棒に殺されてしまったことを知る。スパイダーマンとなって犯人を追跡し、つかまえてみると、その男は以前ピーターが逃がした泥棒だった。この皮肉な結果にピーターはショックを受け、ゆっくりと歩いて闇に消えるのだった。 このストーリーは、有名な"with great power there must also come—great responsibility!"(大いなる力には大いなる責任が伴う)というキャプションで終わる。[1]

スーペリア・スパイダーマン[]

ドクター・オクトパスの体と共に朽ち果てるピーター

死期が近づいていたドクター・オクトパスことオットー・オクタヴィアスは、ピーター・パーカーと精神を入れ替え、自分の肉体を滅ぼすことで彼を殺害した。ピーターの肉体を手に入れたオットー・オクタヴィアスは新たなスパイダーマンとなり、ヒーロー活動を始めた。

オクタヴィアスの新たなスーツ

これまでの能力に加え、オクタヴィアスは独自の科学的なアプローチから、新たな能力を得る。 目のレンズには各種センサーを搭載 指先には鋭い爪があり、敵を引き裂く 無数の小型ロボットでニューヨークを監視。パトロールを効率化した。しかし、自分の手では愛する人を守れないと悟ったオクタヴィアスは、肉体を再びパーカーの精神に譲るのだった。

性格[]

映画やアニメでの心優しい印象に比べ、かならずしもそうというわけではない。いじめっ子が悪党に襲われたとき、ほうっておこうとしたこともある。15歳でスパイダーマンを始め、現在は成人しているが、まだ幼さが残る。

能力[]

放射能を浴びた蜘蛛に噛まれて力を得たが、その蜘蛛は実は全ての次元を監視する蜘蛛の神マスターウェーバーの使いである超自然的存在ジ・アザー(他者)で、原子力を中心にピーターパーカーに蜘蛛の神の力を与えた。太古から生きている神のエネルギーをエサにしているモールンに狙われた時は殴り殺された。その後、ジ・アザーによって新たなスティンガーという刺せば即死の毒針と強化された身体能力を得て復活したが、それらの能力は後に消滅した。また世界に危険が迫った時、宇宙の意思エニグマフォースに選ばれ、コズミックパワーという宇宙単位の力を与えられ世界代表になったこともあったが、こちらの能力も消滅した。

  • スパイダーセンス
頭蓋骨の後ろへの刺すような感覚から即時に危険を察知し、スパイダーマンの超人的な身体能力と相まって、敵の攻撃等を回避できる。ヴェノムシンビオートがスパイダーマンに寄生したことで、ヴェノムやカーネイジには反応しない。これはシンビオートの特性に起因している。

強さレベル[]

ハルクと殴り合いをして数回勝っており、設定上は鉄の塊を意識せずともクシャクシャにできるほどの怪力だが、周囲に強力な能力を持つ者が多く、相対的に中堅層の強さである。

弱点[]

アレルギー性鼻炎。そして自信をなくしたり迷いがあったりすると、身体能力が劇的に下がる。[2]

装備物[]

近年は社長という立場を背景に、豊富に備えている。スパイダビーグル、スパイダートレーサー(追跡装置) などがその例。

装備[]

スパイダーマンの“ウェブ”

  • ウェブシューター
クモ糸を発射する装置。腕につけて使用する。ピーターが自作した物だが、作品によって細かな設定は異なる。敵が通常の人間か超人かで使用する糸を使い分けている。もし仮に、常人などに超人用のインパクトウェブを当てると、その身体を貫いてしまう。実写映画においては、ライミ版以外のシリーズで登場している。

スパイダーマンのスーツ:

  • スパイダー・アーマーMKⅡピーターはスパイダーセンスがなければ銃弾などで簡単に負傷してしまう可能性がある。彼はスパイダーセンスを失った時、それを補うためにスパイダー・アーマーのバージョン2.0を製作した。このスーツはその後ホライゾン・ラボのピーターのオフィスに保管されていたが、ホライゾン・ラボが破壊された時、運命を共にした可能性が最も高い。スーツのレプリカが後にパーカー・インダストリーズに保管された。

スパイダー・アーマーMKⅢ

  • スパイダー・アーマーMKⅢピーター・パーカーがシニスター・シックスと戦うためにホライゾン・ラボの膨大な資本力を用い製作した。ドクター・オクトパスが死ぬ前に最後の計画を開始したとき、スパイダーマンはこれを使ってオクトパスの温室効果を加速しようとする試みを止めようとした。このスーツはその後修理され、ホライゾン・ラボのピーターのオフィスに保管されていた。ホライゾン・ラボが破壊された後、スパイダーマンはパーカー・インダストリーズの研究室でスーツを保管していた。

ブラックスーツ

  • ブラックスーツ:スパイダーマンがシンビオートを取り除いた後、ブラックキャットは、こちらが赤と青のスーツよりも “セクシー”だと思ったので、彼に非シンビオートの複製品を作った。2つのスーツは最初は互換的に使用されていたが、赤と青のスーツが破壊された後、最終的にスパイダーマンの主要なスーツとなった。しかし、ヴェノムメリー・ジェーン・ワトソンを襲った後、彼女は彼にスーツを放棄させた。このスーツは、スパイダーマンのオリジナルスーツ以外では、長期的に使用された唯一のコスチュームである。

移動手段[]

ウェブで摩天楼を移動するスパイダーマンとシルク

  • ウェブ・スイング
クモ糸を使用し、建物から建物へ飛び移る移動方法。
  • スパイダービーグル

ハルクの背中に乗せて飛んでもらうこともある。

武器[]

天才レベルの知性
身体能力
ウェブシューター

交友関係[]

グウェン・ステイシー
ピーターが最も愛した女性。スパイダーマンの戦いの犠牲となり、若い命を散らした。実は死ぬ前にグリーン・ゴブリンことノーマン・オズボーンの子を産んでいる。
グウェンとの日々は今や思い出でしかないが、ピーターにとって何にも代えがたい宝物である。
メリー・ジェーン・ワトソン
ピーターの元妻。
長く連れ添ったが、スパイダーマンが悪魔と契約したことで、二人の結婚は“無かった事”になる。
シルク/シンディ・ムーン
ピーターと同じクモに噛まれ、スパイダーマンと同等のパワーを得たスーパーヒロイン。同じクモに噛まれたため、近くにいるとお互いのフェロモンによって惹かれ合ってしまう。
スパイダーウーマン/ジェシカ・ドリュー
クモのパワーを持ったスーパーヒロイン。
両者の関係は長く、アベンジャーズのチームメイトだったこともある。
フラッシュ・トンプソン
高校時代の同級生。現在はエージェント・ヴェノムとして活動している。
スカーレット・スパイダー/ベン・ライリー
ピーターのクローン。
スパイダーUK/ビリー・ブラドック
2014年のクロスオーバー「スパイダーバース」で初登場したアース833のスパイダーマン。
スパイダーマンであり、同時にキャプテン・ブリテンという変わり種。
スパイダーマン(東映)/山城拓也
2014年のクロスオーバー「スパイダーバース」で共演した日本のスパイダーマン。
ピーターにとって、拓也とその愛機であるレオパルドンは、対インヘリターズの秘密兵器になった。
アイアンマン/トニー・スターク
ヒーロー、アベンジャーとしての大先輩。同じ発明家として共鳴する部分を持っている。
キャプテン・アメリカ/スティーブ・ロジャース(アース616)
ヒーロー、アベンジャーとしての大先輩。
ウルヴァリン
X-MENのメンバー。超合金アダマンチウムの骨格を持った狂戦士。
アベンジャーズのチームメイトだった。
デッドプール/ウェイド・ウィルソン
別名:饒舌な傭兵。スパイダーマンと何度もチームアップしている。

ヴィラン[]

宿敵の一人。天才的な発明家で、ピーターとは何度も激突してきた。
一時期、ピーターの肉体を乗っ取り、スーペリア・スパイダーマンを名乗って活躍していた。

吹き出し[]

Speech Bubbleの部分を記入してください。

ノート[]

Notesの部分を記入してください。

スタン・リーによる創作秘話[]

Creation by Stan Leeの部分を記入してください。

トリビア[]

  • 1985年に発売されたDCコミックスの「クライシス・オン・インフィニット・アース」には、DCユニバースの住人らしいピーター・パーカーが登場する。セリフはなく、1シーンのみのカメオ出演である。

参考リンク[]

Marvel universe wiki


More[]

Discover and Discussの部分を記入してください。

フットノート[]

Footnotesの部分を記入してください。

出典[]

  1. amazingfantasy#15,1962年
  2. シビル・ウォー
Advertisement