Fandom



H alternate 3 ネタバレが含まれています!!
この記事には、近日公開または公開中の
作品のネタバレが含まれています。ご注意ください。

ソー・オーディンソンは、アスガルドの強力な戦士にして王位継承者。

経歴編集

生い立ち編集

ソーはアスガルドの王・オーディンとその妻フリッガの息子として少年時代を過ごした。一番の親友で遊び相手は弟のロキだった。ふたりとも父の玉座を狙っていたがそれでも良好な関係にあった。

アスガルドの戦士の文化で育ったソーは力、勇気、忠誠を何より重んじた。彼は父親と同じ戦争の英雄になろうとしていた。王になるときには怪物を殺し戦に勝つと述べた。ソーはスカンジナビアにおいて強さと勇気の神として崇められていた。

ソーは戦士としての力量を示し仲間(レディ・シフロキウォリアーズ・スリー)を連れてたびたび冒険に出かけた。しかし彼は同時に無謀さも持ち合わせていた。ロキはある戦いで逃げる際、煙幕を使わなければ殺されていたと冗談めいて語った。

ソーは長男であるため王位を継承することになっていた。

「アベンジャーズ・イニシアチブ」編集

ソーはドワーフの一団を救うためにイミルと戦った。そして勝利しドワーフを解放した。

マイティ・ソー編集

時が流れ、ソーがアスガルドの玉座を継承する式典が始まった。式典が終わりに近づいたころ、オーディンがいにしえの冬の小箱を盗みに侵入した氷の巨人を感知した。これは実はロキが戴冠式を妨害するためにひそかに彼らを招き入れたためだった。ソー、オーディン、ロキは宝物庫で氷の巨人がデストロイヤーに倒される前にふたりの戦士を殺害したことを確認した。憤ったソーはオーディンがかつてしたようにヨトゥンヘイムへの出兵を主張したが、オーディンは許さなかった。その後、ソーはオーディンの命令を無視してロキ、友人のシフとウォリアーズ・スリーを集めてヨトゥンヘイムの王・ラウフェイのもとへ向かった。しかし、力の限り暴れ回った為、オーディンに制止されてアスガルドに強制的に引き戻された。言い争った後、オーディンに自身の力を全て奪われ、ハンマーのムジョルニアと共に地球に追放されてしまう。しかしそこで天文学者の女性ジェーンと出会ったことにより、ソーの心は大きく変化していく。その後、アスガルドの王座を狙うロキにより送り込まれたデストロイヤーにより、絶体絶命の危機に立たされるが、ソーの心に答えるかのように、共に地球に落下していたムジョルニアが彼に再び力を取り戻させた。デストロイヤーを撃退した後、アスガルドへと帰還し、ロキの暴走を止めるべく彼と戦うが、様々な世界へと行く橋・ビフレストが開き続けているため、ヨトゥンヘイムを焼き続けてしまっている。ソーはヨトゥンヘイムの崩壊を止めるべく、ビフレストを破壊し、その反動で国の外へ放り出されたが、眠りから覚めたオーディンに助けられた。だが、ロキはソーの手を離し、何処かへと消えてしまった。ビフレストが破壊されたことにより、地球に行く手段を失ったが、門番のヘイムダルにジェーンの様子を見てもらい、彼女が自分を探していることを告げられた。


地球最強のヒーローたち編集

オーディンにより、ロキがインフィニティ・ストーンの一つである四次元キューブを求めて地球にいることが明らかになり、ソーはロキを止めるべく、オーディンの闇のエネルギーを使い地球に戻った。地球にたどり着いた頃には、ロキはS.H.I.E.L.D.の空母・ヘリキャリアに連行されている最中だった。護送中のジェット機に乗り込み、力づくでロキを連れ出したが、ロキと言い争っている最中に、アイアンマンに妨害されてしまい、その場で戦いになるが、キャップの制止によって収まった。その後ヘリキャリアに乗り、ことの事情を話し合った。翌朝、S.H.I.E.L.D.がキューブのエネルギーを使い大量破壊兵器に転用しようとしている計画をトニーとバナーが見つけたところに来ると、メンバーはそこで言い争いを始めてしまう。その直後、ロキに操られたホークアイ率いる武装集団にヘリキャリアを襲撃されてしまう。騒ぎの最中に、爆発で吹き飛ばされた衝撃でハルクに変身してしまったバナーを止めるべくソーも応戦するが、互角の勝負でなかなかケリがつかない。ソーはロキが投獄されてる牢屋に行くが、ロキの策略で逆に閉じ込められてしまう。そこに新兵器を持ったコールソンが来たがコールソンは背後からロキに刺されてしまう。その後ロキは牢屋を使いソーを地上へと落下させてしまうが、ムジョルニアの力でなんとか脱出した。その後、再びムジョルニアを持ち上げ、ロキを止めるべく再び動き出した。ニューヨークのスタークタワーに辿り着くと、ロキはキューブの力でゲートを開き、同盟関係にあるチタウリの軍団を地球に呼び込んでいた後だった。キャップ達と合流したソーは、その場で地球最強のヒーローチーム:アベンジャーズを結成し、彼等と共にチタウリ軍団と戦った。四次元キューブによって開かれたゲートが閉じチタウリ軍団が倒れた後、スタークタワーで気絶していたロキを捕らえ、四次元キューブを回収した。全てにケリが着いた後、アベンジャーズのメンバーに見送られながら、キューブの力を使いロキと共にアスガルドへと帰還した。地球を去る前に、トニーの誘いでニューヨークの店でアベンジャーズ達とシャワルマを食した。

魔術師との出会い編集

ソーはウルトロンとの戦いの後、インフィニティ・ストーンについて調べるために宇宙を旅していたが、手掛かりは一向に見つからなかった。その旅の途中で炎の悪魔の国・ムスペルヘイムにてアスガルドを滅ぼしラグナロクの預言を実現させると語る炎の巨人サーターにわざと囚われるが、これを撃退しアスガルドへと帰還する。しかしビフレストの番人はスカージに変わり、ロキの像が立てられ、オーディンはのんきに芝居見物をしている。様子がおかしい事に気付いたソーは、死んだと思っていたロキがオーディンに化けていた事を暴いた。ソーはロキと共に再びニューヨークを訪れ、魔術師のドクター・ストレンジに協力を求める。ソーは地球にも魔術師がいることに驚いた。ストレンジの魔術によってオーディンがノルウェーにいることが判明し、30分落ち続けていたロキを戻し、二人はストレンジの魔術でノルウェーへ向かった。


死の女神の復讐編集

オーディンから「アスガルドの終わり」が迫っている事を告げられ、それを引き起こすのは死の神ヘラである事を聞く。ヘラは遥か昔にオーディンによって追放された、ソーの実の姉であった。ヘラに立ち向かうのは自分のたちの役目であると言いその直後にオーディンは消滅した。その影響で力が解かれ、ヘラが二人の前に現れた。ソーは直ぐ様ムジョルニアを投げ付け先制攻撃するがヘラはムジョルニアをいとも簡単に片手で掴み破壊した。ビフレストでアスガルドへと退却しようとしたが、ヘラの猛攻で二人は辺境の惑星サカールへと吹き飛ばされる。ソーはそこで賞金稼ぎにしてアスガルド人のヴァルキリーに拘束され、惑星の統治者グランドマスターの元へ連行される。囚われの身となったソーはグランドマスターが主催する格闘大会に出場させられるが、対戦相手として現れたのは戦友のハルクだった。再会を喜ぶソーだったが、ハルクは問答無用でソーへの攻撃を始める。ハルクのパワーに圧倒されつつもソーは雷神の力の片鱗を覚醒させ反撃するが、あと少しのところで服従ディスクによる電気ショックを浴びせられてしまい気絶する。目を覚ますと、ソーはハルクの部屋にいた。ハルクはウルトロンとの戦いの後にクインジェットでこの星に辿り着き、2年もの間ハルクの状態で過ごしていたと言う。翌日、ハルクの部屋へと訪れたヴァルキリーに、ヘラが解き放たれた事を告げてアスガルドを救うように懇願するが、ヴァルキリーは拒否した。だが話し合いの最中に、ソーはこっそりとコントローラーを奪取し、服従ディスクを解除した。ソーはヴァルキリーにヒーローとしての責任だと告げた後、窓を突き破りクインジェットへと向かった。クインジェットのシステムを機動したところへハルクが乱入してくるが、ソーがとっさにシステムをいじりナターシャ・ロマノフの記録映像を再生しハルクはバナーへと戻った。混乱しているバナーに、自身の故郷アスガルドを救う手助けをしてくれたら地球へ送ると約束し、半ば強制的に説得した。街を歩いていたところでヴァルキリーと再会し、彼女の案内のもと、彼女の隠れ家へと連れられる。そこでヴァルキリーは、ロキを捕まえていたこと、過去から逃れる生活を送るためにこのサカールへと逃げたことを教え、仲間達の敵討ちの為に、改めてヘラと戦う覚悟をソー達に示した。

雷神 編集

ソーはバナー、ヴァルキリー、ロキとともに即席チーム「リベンジャーズ」を結成しサカールを脱出しアスガルドへ向かった。いざ到着するとアスガルドの民はビフロストに追い詰められていたため民の救出は三人に任せ、ソーは単独でヘラを倒しに行く。宮殿で姉に王座を渡すつもりがないことを伝え攻撃を仕掛けたが強力なヘラの前に手も足も出ずに片目を失明する重傷を負った。気を失いかけたソーは亡き父オーディンと会話をし彼の雷神としてのパワーはハンマーでなく彼自身に宿っていることを悟った。勝利を確信しているヘラは「お前はいったい何の神だったか?」と笑いながら尋ねる。今まで「俺は雷神だ」とやたらに言葉で主張し続けてきたソーだったがこの時は何も語らずただ強力な雷の一撃をヘラに食らわせた。覚醒し雷の力をフルにコントロールできるようになった雷神ソーはビフロストで戦っていたロキたちに加勢し一気に敵を蹴散らしていった。

ラグナロク 編集

ソーは全力で雷撃をヘラに食らわせていたものの、アスガルドそのものから力を得ているヘラはまったくダメージを受けていないようだった。そのためサーターを復活させて予言通りにアスガルドを滅ぼさせることでヘラを無力化できるだろうとソーは考え、ロキに実行させる。計画は成功し、復活したサーターはヘラもろともアスガルドを破壊する。宇宙船で脱出したソーたちはアスガルドが滅びる光景を眺めていた。予言ラグナロクは実現してしまったのだ。しかしまだアスガルドの民は生きている。アスガルドは場所ではなく人なのだ。ソーはロキと宇宙船の一室で会話をし「案外悪い奴でもないのかもな」と言い抱擁を交わした。そしてソーは宇宙船の中で民に見守られる中アスガルドの王位に即位し船の航路を彼の第二の故郷、地球に向けた。

別れ 編集

そのすぐあと、ソーはロキと宇宙船の窓から外を眺めて兄弟でたわいもない会話をしていた。「この先は全部うまくいく気がしてる」。アスガルドの新たな希望に向かって進んでいるかと思われた...巨大な宇宙戦艦が彼らの目の前に影を落とし始めるまでは。

性格編集

ソーはもともと生意気で傲慢であった。その強大な力により自分には支配する権利があると考えており武力に頼ることを常に優先していた。しかし地球に追放され人間の弱さ、また強さを学び精神的に道徳的に成長した。また生来のユーモアや天然さがクールな態度の間から垣間見えることも多い。

力と能力編集

編集

「雷神」であり非常に強力な雷を操ることができる。かつてはムジョルニアというハンマーを介してしか雷は使えなかったが今では武器がなくとも操れるようになった。

肉体 編集

主神オーディンの長男であるソーは一般のアスガルドの神々を上回る超人的能力を有している。また怪力、耐久力、強度、身体能力、スピード、スタミナなど全てにおいて地球人とは比べ物にならない圧倒的な強さを誇る。数世紀の経験と訓練を通して戦術にも長けている。

武器編集

多くの訓練と経験から武器の扱いも心得ている。ソーのかつての携帯武器は、ハンマー・ムジョルニアであり、これで雷と電気を操り、鈍器として殴ることもあった。しかしヘラに破壊された今では新しくストームブレイカーという名の戦斧を使っている

弱点編集

Weaknessの部分を記入してください。

装備物編集

Paraphernaliaの部分を記入してください。

=装備編集

移動手段編集

・虹の橋,ビフレスト

・ムジョルニア

・ストームブレイカー

武器編集

・ムジョルニア

・ストームブレイカー

舞台裏編集

トリビア編集

吹き出し編集

Speech Bubbleの部分を記入してください。

ノート編集

Notesの部分を記入してください。

スタン・リーによる創作秘話編集

Creation by Stan Leeの部分を記入してください。

トリビア編集

Triviaの部分を記入してください。

参考リンクと出典編集

Links and Referencesの部分を記入してください。

More編集

Discover and Discussの部分を記入してください。

フットノート編集

Footnotesの部分を記入してください。

出典編集

Referencesの部分を記入してください。

登場/俳優編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。