マーベル・データベース wiki
Advertisement

「何たってこの通り、街が空飛んでるんだから。ロボットはウヨウヨ。こっちは弓と矢。まともな状況じゃない。俺は外に戻る。仕事だからな。」

ホークアイ

ホークアイとして知られるクリントン・フランシス・〝クリント″・バートンは熟練した射手であり、S.H.I.E.L.Dの元特別エージェント。そしてアベンジャーズの創設メンバーの一人。 弓矢を主な武器として使用する事で知られるバートンは、S.H.I.E.L.D.の最高のエージェントの一人となり、彼と強い友情を築いたブラック・ウィドウの採用を担った。 ニック・フューリーによってテッセラクトの監視に配属された彼は、ロキによって洗脳され、計画に必要な兵士として利用された。しかし、ヘリキャリアへの攻撃の後、彼はブラック・ウィドウによってロキの精神的支配から解放され、ホークアイはS.H.I.E.L.D.のエージェントに戻る前に、ニューヨーク決戦でロキのチタウリ軍と戦うためにアベンジャーズに加わり、ロキの侵略を阻止した。

ヒドラの台頭に続く組織崩壊まで、ホークアイは引き続きS.H.I.E.L.D.で働いていた。彼とアベンジャーズはヒドラの残党を倒すために動き、最終的にウルフガング・フォン・ストラッカーを捕らえ、組織の世界への脅威を終わらせた。 しかし、トニー・スタークの誤算でヒドラとチタウリの技術を使用してウルトロンを製作したため、ホークアイは戦いに引き戻された。 ウルトロンが彼らの世界を破滅させようとした時、彼はピエトロとワンダ・マキシモフと同盟を結んだ。ソコヴィアの最終決戦中、ホークアイの命はクイックシルバーの犠牲によって救われ、バートンはアベンジャーズから引退して家族の元に戻った。

短期間引退して幸せに暮らしていたにも関わらず、バートンはキャプテン・アメリカに召集をかけられ、新たに制定されたソコヴィア協定を巡る戦いで彼に協力した。ロジャースは友人のバッキー・バーンズを冤罪で逮捕されないように保護した。 ホークアイはアベンジャーズの衝突に加わり、協定を支持していたアイアンマンと戦った。 善戦していたが、ホークアイとそのチームのほとんどは最終的に敗北し、サディアス・ロスの命令でラフトに投獄されたが、ロジャースによって解放された。 バートンは引退生活に戻り、ロスとの契約を結んだ後、自宅軟禁となった。

スナップをきっかけに、バートンはその後、ローニンと名乗って自警活動者として5年間、悲しみに燃えて犯罪者を一掃し始めた。ブラック・ウィドウによって発見されたバートンは、スナップを逆転させるためにアベンジャーズに戻ることを決めた。 ホークアイはインフィニティ・ストーンを手に入れるためにタイム泥棒を遂行するためにチームに加わった。その間、ホークアイがソウル・ストーンを取り戻すことができるようにロマノフが命を犠牲にするのを目の当たりにした。 しかし、アベンジャーズが目標を達成したため、サノスに襲撃され、ホークアイはサノスがナノ・ガントレットを入手しないようにするよう命じられた。トニー・スタークが命を犠牲にした事で最終的にサノスと彼の軍隊が敗北した。バートンはロマノフの死を悼みつつも愛する家族と一緒に家に帰った。

目次

経歴[]

若年期[]

ローラと結婚する[]

「クリント、イディスの息子。」

レッドスカル

クリント・バートンはアイオワでイディス・バートンの元に生まれた。 バートンは高校を卒業する事は無かったが、主に弓矢で射撃の才能を伸ばした。 バートンはローラと出会い、ローラとは最終的に結婚して家族になった。

S.H.I.E.L.D.に加わる[]

ニック・フューリーによる勧誘[]

「ここはフューリーが便宜を図ってくれたんだ。シールドの記録には無い。」

クリント・バートン

バートンは彼のスキルからニック・フューリーによって選ばれ、S.H.I.E.L.D.の最も熟練したエージェントの1人になった。 バートンはフューリーにローラとの関係を伝えて、フューリーは彼女をバートンのS.H.I.E.L.D.のファイルから除外した。 そして彼らを保護するために、ミズーリ州に農家を建てた。バートンとローラには2人の子供、クーパーとライラがいて、彼らは農家で秘密裏に育てられた。バートンは失敗した事は無かったが、あるS.H.I.E.L.D.の任務で暗殺者のマーカス・スカルロッティの標的となり、瀕死になった事があった。

ブラック・ウィドウと出会う[]

クリント・バートンのシールド個人記録

「それでシールドに目をつけられちゃって。バートンが私を殺しに来たの。でも殺さなかった。」

ブラック・ウィドウ

ホークアイはS.H.I.E.L.D.のエージェントとして働く中で、ブラック・ウィドウとして知られる暗殺者が、世界の安全保障に対する潜在的な脅威となったため、組織の標的となった。 ホークアイはロシアに配属され、そこでブラック・ウィドウの暗殺を実行した。 しかし、ホークアイがブラックウィドウを追跡して対峙すると、彼は彼女の本当の可能性を見て、彼女を殺す代わりにS.H.I.E.L.D.に迎え入れた。ホークアイはブラック・ウィドウの本名がナターシャ・ロマノフだと知り、2人は仲を深めた。

任務中のホークアイとブラック・ウィドウ

その後、ロマノフはバートンの相棒と見なされ、S.H.I.E.L.D.のトップエージェントとして協力し続けていく中で親友になったため、2人の関係は永続的なパートナー関係に発展した。彼らは共にアビジャンおよび他の場所で任務を遂行した。2人は非常に近しくなり、ロマノフはバートンが家族について話した数少ない1人となった。彼女は彼の家族と良き友人となり、バートンとローラの2人の子供の叔母のような関係を築いた。 その見返りに、ロマノフはバートンに、レッドルームでの、そして暗殺者としての彼女の過去の人生についても話した。

ブダペストの作戦[]

「ドレイコフが中にいるのを確認しろ。」

「今、車が到着。」

「ナターシャ、指示は?」

「実行。」

クリント・バートンとナターシャ・ロマノフ

彼らの最も重要な任務の1つはブダペストで、2人はレッドルームのリーダーで、ナターシャ・ロマノフのかつての指導者であるドレイコフを殺すために配属された。バートンとロマノフが爆弾を彼のオフィスに仕込んだ後、ドレイコフの娘がレッドルームのリーダーに囮として使われ、ロマノフの合図で、バートンは建物を爆破し、2人を殺したと信じていた。この直後、バートンとロマノフはハンガリーの特殊部隊との銃撃戦に従事し、次の10日間は市内に隠れ、その内2日間は地下鉄の駅の天井の中で過ごし、そこでゲームをして絆を深めた。

ニューメキシコでの任務[]

侵入者を止めるために駆け付けるホークアイ

「早く指示をくれ。あいつが気になってきた。」

ホークアイ

バートンはニック・フューリーからニューメキシコに行って発見された0-8-4を調査するように指示された。現場に向かう途中、バートンはスーツの男が介入するまで、強盗に襲われていたガソリンスタンドを見つけた。 その後、バートンはフィル・コールソンの指揮下に置かれたエリアに到着した。施設に配備された直後、侵入者が現れ、現在調査中の0-8-4に向かって、格闘していた。

ソーを撃ち落とす準備をするホークアイ

バートンは高い位置からライフルを使うように命じられたが、代わりにバートンはコンパウンドボウを手にした。その後、バートンはクレーンから吊り下げられた見晴らしの良い場所を陣取り、侵入者が格闘する間、上から監視を続けた。その後、ホークアイは射撃すべきかどうかを尋ねたが、コールソンは侵入者の動向を見たかった。ホークアイは彼が気になってきたと言った。 ようやく、ホークアイが見守る中、侵入者は0-8-4に到達し、それを持ち出そうとした。

留まるよう指示受けるホークアイ

侵入者が0-8-4を持ち上げる事が出来ず、雄叫びを上げたとき、コールソンは彼を逮捕するよう命じたため、ホークアイの出る幕はなかった。ホークアイは女性が現場から逃げているのに気づいたが、侵入者を追跡する為に泳がせる事を決めた。デストロイヤーがプエンテ・アンティグオを襲撃し、ソーが力を取り戻してデストロイヤーを打ち負かした後、ホークアイは現場に呼ばれた。バートンはデストロイヤーを本部に輸送するのを手伝い、次の任務について話し合った。

チタウリの侵略[]

P.E.G.A.S.U.S.の崩壊[]

テッセラクトの研究を監視するホークアイ

「原因はこちら側じゃありません。」

「こちら側?」

「このキューブは別の空間とここを繋ぐ通路でしょう。向こう側にもドアがある。」

クリント・バートンとニック・フューリー

バートンはニック・フューリーの命令でヘリキャリアの内部に侵入してアベンジャーズ計画のデータベースにアクセスすることでセキュリティをテストしたが、ブラック・ウィドウに止められた。 バートンとフューリーは後に彼らの候補者について話し合い、彼らの責任能力に疑問を呈した。これに続いて、バートンはP.E.G.A.S.U.S.計画のメイン施設でテッセラクトの研究を監視するように命じられた。彼はエリック・セルヴィグの経歴を確認して彼が潔白であることを確認した。 フューリーが自ら施設を視察に来た時、バートンはブラック・ウィドウの潜入捜査について話し合った後、フューリーは北極に向かう為、バートンとセルヴィグの下を去った。

ニック・フューリーにテッセラクトについて説明するバートン

しばらくして、テッセラクトが奇妙な働きを取り始めた為、フューリーとマリア・ヒルは施設の避難中に状況を確認するために呼ばれ、上からの方が全体を見渡せると信じていたバートンはメイン施設のプラットフォームにとどまり、科学者達がテッセラクトを操作していないことを確認した。 フューリーは最初にセルヴィグにテッセラクトのエネルギーレベルについての報告を求め、異常な活動を引き起こしている可能性があるものを質問した後、バートンに状況についての彼の見解を話し、チームについての説明を求めた。

ロキの出現を目撃するバートンとニック・フューリー

バートンはセルヴィグのチームが彼らに対する脅威ではないことを確認し、彼の身元調査を完了した。フューリーがテッセラクトが操作されたと信じているかどうか尋ねたとき、バートンはその可能性があっても、テッセラクトの向こう側にいる者の仕業だと主張した。フューリーは困惑しつつ、バートンに彼の見解を説明するように頼んだ。バートンは、テッセラクトを2つの世界の扉を開くことができる出入り口だと見ていると説明した。セルヴィグと他の科学者は、テッセラクトが高レベルのエネルギーを放出しているのを確認した。

ロキによってマインドコントロール下に置かれるバートン

突然、テッセラクトがポータルを開き、そこからロキが現れた。ロキはすかさず、施設を攻撃し、数人のエージェントを殺した。 バートンはロキのセプターから繰り出されるエネルギーブラストからフューリーの命を守った。 その後、ロキはセプターを使用して、バートン、セルヴィグ、および少数のS.H.I.E.L.D.のエージェントをマインドコントロールした。 ロキの影響下にあるバートンはテッセラクトがオーバーヒートになりそうだった為、施設から避難する事を勧めた。 ロキはバートンに出発する前にフューリーを撃つように命じた。

エリック・セルヴィグとロキと逃げるバートン

バートンはロキがテッセラクトを盗み、施設から脱出するのを手伝った。 しかし、フューリーは防弾チョッキを着ていたため、なんとか生き残り、ヒルに裏切りを警告した事で銃撃戦が始まった。 彼らはなんとかジープに乗り込み、施設が爆発したときに彼女が瓦礫の下に閉じ込められるまでヒルに追われた。 フューリーはなんとか彼らに追いつき、ヘリコプターから発砲し、ロキは空中のヘリコプターを撃ち落とした。そしてバートンは彼らを安全に脱出させた。

ロキに操られる[]

次のターゲットを特定するバートン

「お前はフューリーを高く評価しているな。」

「彼には優れた洞察力がある。」

「だから彼を殺せなかったのか?」

「かもしれない。俺は困惑してた。それに銃ではベストを尽くせない。」

「奴のチームについて知ってる事を全て教えてくれ。」

ロキとクリント・バートン

その後、バートンはロキの隠れ家で指揮官を務めた。バートンは他のマインドコントロールされた傭兵と労働者を指揮し、エリック・セルヴィグがテッセラクトを利用するために必要な材料の収集に協力した。 セルヴィグはバートンにすべての労働者をどうやって見つけたかと尋ねると、S.H.I.E.L.D. にはたくさんの敵がいると答えた。 バートンは、セルヴィグが彼の仕事を完了するために必要な材料を特定した。ロキが仕事の進展を確認すると、セルヴィグはテッセラクトの信じられないほどの力を称賛したが、バートンはテッセラクトが次の標的を示し、撹乱と目玉が必要だと言った。

ロキにアベンジャーズについて情報を与えるバートン

セルヴィグが隠れ家のチョイスを揶揄い、バートンはここが手に入る中で最も安全な基地だと説明した。 バートンはロキにニック・フューリーが彼らの計画を止めるためにチームを団結させ、そのチームが自分達にとって危険になる可能性が高いと主張した。 ロキは彼らについての全ての事を知ることを要求し、彼が地球を支配できるように彼らをテストすると言った。ロキはなぜバートンがフューリーを殺せなかったのかと質問し、それは彼を賞賛しているからかと尋ねたが、バートンは銃では最善を尽くせないと主張した。 バートンは、ハルクの危険性、ブラック・ウィドウの過去、スターク・タワーの動力など、フューリーのチームのメンバーに関する全ての事をロキに教えた。

ロキのためにイリジウムの強奪に成功するバートン

バートンはロキと共にドイツのシュトゥットガルトに向かい、そこで彼はテッセラクトを安定させるために必要なイリジウムを盗むの為に潜入スキルとS.H.I.E.L.D.の知識を駆使した。ロキがハインリッヒ・シェーファーを襲って、デバイスを使用し、眼球をスキャンしている間、バートンは中に入る前に矢で数人の警備員を射撃し、シェーファーの眼球のホログラムを利用して施設にアクセスし、イリジウムを盗むことに成功した。 その後、バートンはポータルに必要なその他の材料を容易に入手する間、ロキは時間を稼ぐ為に自ら囮になった。

ヘリキャリアを襲撃する[]

ヘリキャリアの攻撃の準備をするホークアイ

「バートンにシステムを破壊された。奴は今、独房エリアに向かっている。誰か行けるか?」

ニック・フューリー

バートンは盗んだクインジェットでヘリキャリアに密かに接近し、アベンジャーズを崩壊させる任務を負った傭兵の小グループを率いた。ヘリキャリアへの攻撃を皮切りに傭兵チームと共にヘリキャリアに乗り込み、テッセラクトを利用して地球に戦争をもたらす計画を完遂する為に爆破用の矢でエンジンを破壊し、ハルクを変身させ、ロキを自由にした。

制御室を襲撃するホークアイ

ヘリキャリア内が混乱状態に陥っている隙にバートンは制御室に向かい、手榴弾を持った傭兵達とS.H.I.E.L.D. のエージェント達が銃撃戦を繰り広げる中、バートンは、操縦室にハッキング用の矢を放ち、船のシステムをさらに不安定にさせ、残りのエンジンをオフにして、ヘリキャリアを空から落下させた。爆破用の矢でさらにダメージを加えようとしたが、ニック・フューリーとマリア・ヒルに銃撃され、その場を後にしてロキを探すことを余儀なくされた。

ブラック・ウィドウと死闘を繰り広げるホークアイ

彼がヘリキャリア内を通っていると、バートンはブラック・ウィドウと対面した。彼女は武装を解こうと彼の後ろに忍び寄った。バートンは弓矢で攻撃したが、彼女は矢をかわし、ナイフに切り替えて、高度な格闘術でかつての友人を殺そうとした。

ブラック・ウィドウに敗北するホークアイ

最終的にバートンはロマノフのスピードと頭の回転の速さに敵わず、彼は武装を解かれて、頭にパイプを叩きつけられた。 その衝撃でバートンはロキによる洗脳を解かれ、ロマノフを認識して彼女の名を口にしたが、彼女は強烈なパンチで彼を打ちのめした。 その後、彼はS.H.I.E.L.D.に連行された。 彼がS.H.I.E.L.D.で働き続けることが問題ない事を保証するために治療とリハビリを受けた。

制御を取り戻す[]

バートンの回復を助けるナターシャ・ロマノフ

「元に戻るわ。時間が経てば。」

「わかってないな。誰かに脳みそを乗っ取られたことあるか?空っぽにされ、別のものを詰め込まれる。その気持ちがわかるか?」

ナターシャ・ロマノフとクリント・バートン

バートンはロキの支配が完全に解放され、彼がもはや脅威ではなくなるまで拘束された。ナターシャ・ロマノフが医療室でバートンの世話をしている間に彼はロキの支配から抜け出すことができたが、その経験はバートンに衝撃を与えた。 バートンがS.H.I.E.L.D. のエージェントを何人殺したのか尋ね、ロマノフは自分を責めるのでは無く、責任を負うのはロキ1人で十分だと言った。

ロキを止めるためにアベンジャーズに加わるバートン

マインドコントロールから解放されたことに満足して、バートンはアベンジャーズがロキと戦うのに協力して彼の世界支配の計画を止めることを決心した。 スティーブ・ロジャースがロマノフにクインジェットを操縦できるかどうか尋ねるために現れた時、バートンはできると言った。 ロマノフが彼に頷いた後、ロジャースはバートンが任務に参加することを許可したが、行く前にユニフォームを持っているかを確認し、バートンは彼に着用することを保証し、彼らは世界安全保障理事会の意向に従わず、ロキに立ち向かうことを同意した。ロキは彼らに発見されるまでスターク・タワーに隠れていた。

ニューヨーク決戦[]

ニューヨーク決戦に飛び込むホークアイ

「持ち堪えられるか?」

「キャプテン、望むところだよ。」

キャプテン・アメリカとホークアイ

ロキを止める決心をしてアベンジャーズはS.H.I.E.L.D.のクインジェットをハイジャックした。 テッセラクトのポータルが開く中、ホークアイはブラックウィドウと共にキャプテン・アメリカを乗せて、ニューヨーク市までジェット機を飛ばした。アイアンマンがポータルから現れたチタウリの軍隊と交戦している間、ホークアイとブラックウィドウはクインジェットに装備されたガトリングガンで彼らが通り過ぎたときに空中で撃ち落とすのに協力した。彼らが援護している時、スターク・タワーの上でロキがソーと戦っているのを目撃し、ロキがクインジェットを撃墜したことでチームは地上に不時着した。

チタウリ軍との戦いを始めるホークアイ

ホークアイ、ブラック・ウィドウ、キャプテン・アメリカは徒歩でスターク・タワーに向かい、ポータルからチタウリが流れ出てくるのを目撃した。全員が地上に留まって戦った。 ブラック・ウィドウと並んで、ホークアイは残りのアベンジャーズが到着するまでチタウリの迫り来る大群と戦った。 民間人が逃げ惑う中、ホークアイはチタウリに数本のトリックアローを喰らわせた。ホークアイとブラック・ウィドウがチタウリと交戦している中、彼女はブダペストでの任務に似た状況だと彼に思い出させた。ホークアイは君とは思い出が異なっていると彼女に言った。

アベンジャーズの集結[]

ブラック・ウィドウの側で戦うホークアイ

「俺はロキとの決着が着いてない。」

「あぁ?俺が先だ。」

ソーとホークアイ

ホークアイとブラック・ウィドウがチタウリを一掃している間、キャプテン・アメリカが彼らに加わり、すぐにソーが続いた。 ホークアイが矢じりをリロードしている間、ソーはアベンジャーズにテッセラクトを保護するバリアに侵入できないと言った為、チームはチタウリとの戦闘を続行する事に決めた。ロキとの決着を着けたいというソーに対して、ホークアイはトラウマへの復讐のために彼を殺そうとしている事を明かした。キャプテン・アメリカが彼にその怒りを抑えるように言った。

矢をリロードするホークアイ

キャプテン・アメリカが彼らに計画を伝え、ブルース・バナーが到着した為、彼らは戦闘を一時中断した。 その後、バナーはハルクに変身して、迫り来るリヴァイアサンを食い止め、アイアンマンがそれを爆破した為、ホークアイは身を守るために車の後ろに隠れた。 アベンジャーズは、チタウリの兵士達が街を見下ろす中、全員が円陣を組んで立った。 その後、キャプテン・アメリカは計画を立て、ホークアイに建物の屋上に行って敵の動きを報告するように命じた。ホークアイは、アイアンマンに持ち上げて欲しいと要求し、彼は掴んで冗談混じりに彼をレゴラスと呼んだ。

全てのことに目を向ける[]

戦場に立つホークアイとソー

「スターク、ケツにぞろぞろついて来てるぞ。」

「とりあえず大通りから離す。」

「奴ら小回りが利かない。角に誘い込め。」

「それいいね、了解。」

ホークアイとアイアンマン

屋上でホークアイは空中の多くの敵に狙撃し、格闘で彼のスキルを駆使して、屋根に現れたチタウリを殺し、アベンジャーズに彼らを倒すための最善の戦略的策略をアドバイスした。ホークアイは、アイアンマンがチタウリと戦うのを助け、彼の操縦スキルで彼らを建物の側面に衝突させた。 ホークアイはまた、ソーが6番街で艦隊を相手していたとアイアンマンに知らせると彼を招待しなかったことに失望したと冗談を言った。

チタウリチャリオットを破壊するホークアイ

ホークアイは、建物をよじ登ったり、チャリオットに乗って飛んでいる全てのチタウリと戦い、空中にいる敵をノールックで狙撃した。 ホークアイは爆風をかわし、チャリオットで飛んでいる遠く離れた兵士に矢を放ち、それがリヴァイアサンに激突した。 キャプテン・アメリカが敵と戦っている間、ホークアイは、民間人が銀行で追い詰められていることを彼に知らせ、キャプテン・アメリカは彼に了解したと伝え、異星人の攻撃者から単独で彼らを救出しに行った。

最後の砦[]

チタウリ兵士に狙いを定めるホークアイ

「ホークアイ!」

「何やってるんだ?」

「ちょっと助けて。」

「任せろ。」

ブラック・ウィドウとホークアイ

ホークアイは、ブラック・ウィドウがチタウリのチャリオットでロキに追われているのを目撃したとき、彼女は彼に助けを求めた。 ホークアイは支配された事の復讐から快く引き受け、矢筒から爆破用の矢を選び、正確に狙い、ロキに向けて発射した。 しかし、ロキは矢を掴んで余裕の表情を浮かべた。

空中のロキを射撃するホークアイ

笑顔が消えたロキの顔に矢が爆発し、空中で吹き飛ばされてスターク・タワーに墜落した。ハルクがすかさず彼を襲撃し、何度も床に叩きつけた。戦いがさらに激しくなるにつれて、アベンジャーズはロキの軍隊に圧倒され始めていることに気づいた。 ホークアイがチタウリを相手に戦い続ける中、彼は矢をほとんど使い果たしていることに気づいた。 ホークアイは矢を使い果たし、弓でチタウリと戦い始めた。 それから彼はチタウリの大群が彼の方向に向かっているのを目撃した。

高層ビルの屋上から飛び降りるホークアイ

彼はチタウリの遺体にあった最後の矢を取り、矢筒に入れて、それをグラップルに変えた。チタウリによって建物が破壊されたとき、ホークアイは飛び降りて矢を放ち、窓を割って建物内に入り込んで、安全を確保した。最終的に、ブラック・ウィドウ、エリック・セルヴィグ、アイアンマンの協力でポータルは閉鎖され、チタウリ軍は死んだ。戦いの後、アベンジャーズはロキを捕まえるためにスターク・タワーに行った。 ロキが振り返ると、ホークアイが彼に狙いを定めてアベンジャーズが彼の前に立つのを見た。

侵略の余波[]

ブラック・ウィドウと酒を交わすホークアイ

「扱いに注意して。」

「ああ、マインドコントロールされる。気分悪いぞ。」

ブラック・ウィドウとホークアイ

その後、S.H.I.E.L.D.に潜入していたヒドラのエージェントがロキ、テッセラクト、セプターの回収を手伝うために到着した。アイアンマンはロキを起こすように彼らに言った。 ホークアイはバーに行き、ジャスパー・シットウェルにセプターに注意するように言って、彼とブラック・ウィドウは酒を注いだ。

ランチを共にするアベンジャーズ

その後、ホークアイとブラック・ウィドウがスターク・タワーで共にくつろぐ中、ストライク・チームがセプターを回収し、ソー、アイアンマン、ハルクがロキとテッセラクトをタワーから護衛するのを協力した。その後、チームは一緒に昼食をとることに決め、スタークの勧めでシャワルマの店で一息ついた。食事中、彼らは遅れて到着したウォーマシンに遭遇した。

ロキを揶揄うバートンとナターシャ・ロマノフ

翌日、チームはセルヴィグと共にセントラルパークに集まり、ソーがアスガルドで裁きを受けるロキとテッセラクトを送り返すのを見守った。ロキが鎖につながれている間、ロマノフがロキの罰についてバートンの耳に何かを囁き、それにバートンは微笑んだ。 その後、チームはそれぞれの道を進み、バートンはロマノフと共に出発し、家に帰った。

それぞれの道を行くバートンとアベンジャーズ

バートンはロマノフとともに、S.H.I.E.L.D.で働き続け、スティーブ・ロジャースが加わってロマノフと共に働いた。 2014年、S.H.I.E.L.D.が崩壊し、バートンはその後新たに編成されたS.H.I.E.L.D.に参加する事はなかった。代わりに、バートンはアベンジャーズに加わり、独自の独立したチームに成長し、改装されたスターク・タワーから運営され、トニー・スタークが彼らに資金と新しい機器を提供した。

ヒドラとの戦い[]

ヒドラの基地に奇襲する[]

ヒドラと戦うホークアイ

「奇襲攻撃も効果なしだな。」

ホークアイ

ヒドラの脅威が高まる中、アベンジャーズは再び集結し、トニー・スタークの財政的支援を受けて、ロキのセプターを所有していることを知ったバロン・ウルフガング・フォン・ストラッカーの収容所を標的にした。チームでのポジションついて一時的に不安を感じていたが、ホークアイがジェンセンを倒したスーダンでの任務で彼の自信を取り戻した。 その後、チームはソコヴィアにあるバロン・ストラッカーのメインのヒドラ基地に対する攻撃のために再編成した。

ヒドラのバンカーに矢を放つホークアイ

チームがバロン・ストラッカーの基地内に突撃した時、ホークアイはブラック・ウィドウが運転するジープの後方に乗り、アイアンマンとソーが共に飛行する間、矢を放ち、キャプテン・アメリカはオートバイに乗って任務を指揮した。 ジープを乗り捨てた後、ホークアイは安全な距離を保ち、爆破用の矢を使って、ストラッカーが送った複数のヒドラのバンカーとタンクを破壊した。

何かが邪魔をしていることに気づくホークアイ

ホークアイが爆破用の矢でヒドラのバンカーを破壊し、ブラック・ウィドウがストラッカーの兵士と戦うのをアシストした。彼はまた、奇襲攻撃も効果が無いと言った。ホークアイは密かに戦場を忍び込んだとき、木の後ろに立ち、爆破用の矢で別のヒドラバンカーを破壊しようとしたが、矢は素早く動く敵に奇妙に遮られ、ホークアイの驚きと混乱を隠せなかった。

クイックシルバーに奇襲を受けるホークアイ

ホークアイはリロードしてバンカーに を再び狙撃しようとしたが、矢を放つ前に素早く動く敵が戻ってきて、瞬く間にホークアイを空中に放り投げ、雪の中に落ちた。ホークアイが起き上がろうとした時、攻撃者であるピエトロ・マキシモフが姿を現した。彼はホークアイの矢を手に持ったまま、遠くに走り去る前に攻撃が見えなかったホークアイを揶揄った。

キャノン砲に撃たれて負傷するホークアイ

他のアベンジャーズにも攻撃しようと攻撃者が遠くに消え去り、怒ったホークアイは、立ち上がって弓で狙い定めたが、発射する前に破壊し損ねたバンカーに気付かなかった。 彼はヒドラのキャノンに横から撃たれ、地面に倒れ、重傷を負った。 キャプテン・アメリカがマキシモフが現れた事をチームに報告する間、ブラック・ウィドウはこの攻撃を目撃し、彼の援助に走った。

ブラック・ウィドウに救急治療を受けるホークアイ

ブラック・ウィドウはハルクがバンカーを破壊する間、傷を手当てした。ホークアイが緊急に治療を必要としていたため、ソーが助けに来て、クインジェットに戻って回復することができたが、チームの他のメンバーは任務を続行し、バロン・フォン・ストラッカーとセプターを捕らえ、2人のマキシモフは混乱に乗じ、逃げる事に成功した。

チョ博士に治療を受ける[]

バートンの怪我を治療するヘレン・チョ博士

「お、死亡した?時間、記録する?」

「おいおい、俺は永遠に生きるぞ。プラスチックの身体で。」

トニー・スタークとクリント・バートン

バートンはアベンジャーズタワーに戻り、ナターシャ・ロマノフが側で見守る中、ヘレン・チョ博士により、負傷した皮膚が全て再生クレードルで治癒され、皮膚の損傷箇所がプラスチックに置き換えられた 。 ブルース・バナーはバートンの様子を聞くとトニー・スタークは彼が「いつものバートンのまま」だと揶揄した。

新しく修復された皮膚に意見するバートン

スタークはバートンに飲み物を持ってきて、彼が死にかけていると冗談を言った。回復中のバートンはプラスチックの身体で永遠に生きると主張した。 チョがバートンに彼の新しい肌に気がつくガールフレンドがいるかどうか尋ねたとき、バートンはガールフレンドはいないと答え、妻についての言及を避けた。スタークがアベンジャーズタワーで主催する祝宴について話し始めた。

アベンジャーズの祝宴[]

パーティでヘレン・チョと話すバートン

「『ふさわしき者のみがこのハンマーの力を授かる。』絶対に仕掛けがあるはずだ。」

「じゃあどうぞ、試してみろ。」

クリント・バートンとソー

怪我から全快したバートンはヒドラに勝利した事を祝うためにアベンジャーズタワーのパーティーに参加した。バートンは、仲間のアベンジャーズやジェームズ・ローズ、サム・ウィルソンなどの他の協力者との交流を楽しみ、命を救ってくれたヘレン・チョ博士と話した。

ムジョルニアについてのソーの主張に異議を唱えるバートン

やがて、ほとんどのゲストが帰宅した後も彼以外のアベンジャーズ、ローズ、チョ、マリア・ヒルだけが引き続き、祝宴を楽しんでいた。バートンはソーだけがムジョルニアを持ち上げられる事に不信感を表した。彼はこれがソーが主張したオーディンによって作られたアスガルドの魔法ではなく、トリックがあるに違いないと信じていた。

ムジョルニアを持ち上げようとして失敗するバートン

その後、ソーはバートンにハンマーを持ち上げるように提案した。前の任務からのバートンの怪我に言及したトニー・スタークを始め、その場にいた誰もがハンマーを持ち上げることについて彼をからかった。バートンはハンマーを持ち上げようとしたが、失敗した。 他の人が彼を嘲笑する中、バートンはスタークにハンマーを持ち上げるように提案した。

ムジョルニアは細工されていると主張するバートンとトニー・スターク

ナターシャが参加を拒否し、スターク、ローズ、バナー、ロジャースがハンマーを持ち上げようと試みたが、誰も成功しなかった。バートンとスタークはこれが不正であると主張し、ソーは単に皆がハンマーに値しないだけだと言った。

ウルトロンの襲撃[]

アベンジャーズタワーでの襲撃[]

ウルトロンに遭遇するバートンとアベンジャーズ

「キャプテン!」

「ドラマチックだな。」

ホークアイとウルトロン

キーンという音が部屋中に流れ、ウルトロンと名乗る壊れたアイアン・レギオンロボットが現れたとき、パーティーは中断された。 バートンはウルトロンが平和をもたらすためにトニー・スタークによって作成されたと主張するのを目撃し、平和を達成する唯一の方法はアベンジャーズの絶滅であり、彼らを世界への脅威だと信じていた。

ウルトロンの攻撃を避けるバートン

ナターシャ・ロマノフがウルトロンの使命が何か質問したとき、彼は平和をもたらす事だと宣言し、アイアン・レギオンの小軍隊を要請してアベンジャーズを攻撃し、スティーブ・ロジャースに全速力で突撃して素早く鎮圧した。 バートンは武装していないため、最初は身を隠すことを余儀なくされた。敏捷性を駆使して、爆風を避けつつ、安全な場所に飛び移った。

キャプテン・アメリカの盾を投げるバートン

ウルトロンがバートンに攻撃を続ける中、彼は武器を手に入れることが出来なかったため、防御に留まることを余儀なくされた。 一体のウルトロンが混乱に乗じてセプターを盗み出す中、チームの努力によってその場にいたウルトロンが破壊され、最終的にバートンがキャプテン・アメリカの盾を見つけてロジャースに投げ、最後の一体を倒すのを手助けし、戦いを終えた。

ソーがウルトロンのボディを破壊するのを目撃するバートン

全てのセントリーが最終的に破壊されたウルトロンはバートン達にこの戦いがどれほど劇的だったかと言った。バートンはウルトロンが世界を救うことだけを目的としており、世界を変えようとはしないアベンジャーズの絶滅が世界を救うと主張したのを恐怖の眼差しで見守った。その後、バートンはソーがムジョルニアを放ってウルトロン本体を破壊するのを目撃した。

アベンジャーズの議論[]

アベンジャーズと議論中のバートン

「誰かを殺したとも言ってた。」

「でもここには私たちしかいない。」

クリント・バートンとマリア・ヒル

ウルトロンによる攻撃の後、バートンは他のアベンジャーズに加わって彼らが目撃したことについて話し合い、ウルトロンがアベンジャーズの機密ファイルをどのように盗んだかを指摘し、ジェームズ・ローズが核コードを手に入れることができるのではないかと恐れた。彼らがウルトロンの動機について話し合った時、バートンはタワーの中に他に誰もいなかったにもかかわらず、ウルトロンが誰かを殺したと主張した事に言及した。

ソーがトニー・スタークに詰め寄るのを見守るバートン

バートンは議論の間、ほとんど沈黙を貫き、トニー・スタークが最初にウルトロンを作成する際に自身の行動を擁護するのを目撃した。彼らがウルトロンと盗まれたセプターの両方をどのように見つけるかについて話し合う中、ウルトロンを追っていたソーが現れ、スタークの首を掴んだ。チームは最終的に落ち着きを取り戻し、ウルトロンの次の目的が何であるかを見つけることを決心した。

ウルトロンの捜索[]

ローラ・バートンに進捗状況を知らせるバートン

「切るぞ。」

「誰だ?」

「ガールフレンド。」

クリント・バートンとスティーブ・ロジャース

その後、バートンは何人かの昔の伝手を駆使してウルトロンを見つけようとしたが、彼らから連絡はなかった。妻に電話して自分の無事を伝えた。 電話中にスティーブ・ロジャースがやって来たため、バートンは電話を切って、ウルトロンの場所に関する重要な情報を見つけたかもしれないと報告を受けた。ロジャースが電話相手について尋ねるとバートンは彼のガールフレンドとだけ答えた。

ウルフガング・フォン・ストラッカーのファイルを見るバートン

その後、アベンジャーズはウルトロンが彼の動きを追跡できないようにするためにバロン・ウルフガング・フォン・ストラッカーの行方を追い、ストラッカーの全てのアベンジャーズファイルを盗んでから削除して彼を惨殺した事を知った。その後、チームがコンピューターファイル以外でストラッカー見つける方法を探し始めた時、バートンはウルトロンがピエトロとワンダ・マキシモフと協力している事を知らされた。

ユリシーズ・クロウとの繋がりについて知らされるバートン

彼らはウルトロンを見つけるのに役立つ可能性のある全てのハードコピーファイルを調べることにした。 彼らがファイルの箱を調べている時、トニー・スタークはストラッカーの仲間の一人であるユリシーズ・クロウを数年前、彼に武器を売ったときに知ったことを警告した。 彼らはすぐに、彼がヴィブラニウムの供給源であるワカンダと関係があることを発見し、これがウルトロンが次に行く場所であると確信した。

サルベージヤードでの戦い[]

ユリシーズ・クロウの船に潜入するホークアイ

「マインドコントロールだろ。経験済みだ。」

ホークアイ

ウルトロンが武器商人ユリシーズ・クロウからヴィブラニウムの供給を受ける中、ホークアイは南アフリカ沖の船でウルトロンとマキシモフの双子を見つけたチームに加わり、ウルトロンがクロウを人質にし、彼の腕を切り落としてヴィブラニウムを強奪した。 他のアベンジャーズがウルトロンとマキシモフの双子と直接対峙している間、ホークアイとブラック・ウィドウは身を隠す為に後方に留まった。

ユリシーズ・クロウの兵士たちを射抜くホークアイ

平和的な交渉が失敗に終わり、ウルトロンとマキシモフはアベンジャーズを攻撃し、ウルトロンとアイアンマンは空中戦を繰り広げ、同時にクロウは彼のヴィブラニウムと腕を失ったことに対する報復として両方のグループを攻撃するために兵士を放った。 ホークアイは自分にとって優位な高い見晴らしの良い場所に身を置き、クロウの兵士達がチームメイトに近づく前に複数の矢を放って敵を簡単に排除した。

ユリシーズ・クロウの兵士たちを倒すホークアイ

ホークアイとブラック・ウィドウはクロウの兵士との戦いに力を注いでおり、ホークアイは他のアベンジャーズがウルトロンセントリーと戦う中、多くの兵士を倒した。 ホークアイはプラスアローを使ってクロウの最後の兵士を倒したとき、戦いはアベンジャーズが優勢になったのを察知したスカーレット・ウィッチは戦場に入って彼女の能力で殆どのアベンジャーズに恐ろしい幻覚を見せた。

スカーレット・ウィッチを気絶させるホークアイ

ホークアイが戦場を見下ろし、クロウの兵士が他にいないことを確認する中、スカーレット・ウィッチが彼にも幻覚を見せようとした。しかし、スカーレット・ウィッチが彼に近づくとすぐに、ホークアイはマインドワーピングアローで彼女を無力化し、ロキとセプターでの経験から彼自身が再びマインドコントロール下に置かれることを許さなかった。ホークアイはスカーレット・ウィッチに尋問しようと試みた。

クイックシルバーに倒されるホークアイ

しかし、クイックシルバーが突進し、ホークアイを窓に吹っ飛ばした後、彼女を連れ去り、ホークアイはクイックシルバーに逃げるなら今だぞと冗談を言った。その後、ホークアイはアベンジャーズに連絡を取ろうとしたが、彼らはほとんど催眠術の影響下にあったため、応答を受け取れなかった。彼は仲間の様子を確かめるとブラック・ウィドウが意識朦朧としているのを確認した。

ブラック・ウィドウの状態を確認するホークアイ

マキシモフの双子が外に逃げた後も任務を続け、彼らはブルース・バナーを攻撃した。ブルース・バナーが怒りに満ちたハルクに変身してヨハネスブルグを攻撃した。 民間人を守るためにアイアンマンがハルクと対峙した。アイアンマンがブラック・ウィドウが子守唄で彼を落ち着かせることができるかどうか尋ねた。 ホークアイはチームの他のメンバーと同じく彼女がトラウマに直面して弱ってしまった為、戦いに参加できないことを彼に知らせた。

家に帰る[]

アベンジャーズを自宅に連れていくホークアイ

「ただいま。帰ったぞ。やあ。お客さんだ。ごめんな、急に来て。」

「いいのよ。」

「彼女もエージェントだろ。」

「紹介するよ。ローラだ。」

「みんなの名前は知ってる。」

クリント・バートンとローラ・バートンとトニー・スターク

アベンジャーズは全員、ウルトロンとマキシモフの双子に敗れ、クインジェットに集まった。 バートンはジェット機を操縦する中、マリア・ヒルが南アフリカの中心でハルクとハルクバスターアーマーを装着したアイアンマンの大規模な戦いの影響でアベンジャーズに対して世論が不人気であると彼らに知らせた。その時、メンバーの多くはまだワンダ・マキシモフの幻覚の影響に苦しんでいた。

アベンジャーズを自宅に招くバートン

ヒルがブルース・バナーの逮捕命令についての情報はまだ無いが、ここ最近の戦いの影響のために当分の間彼らに身を隠すことを勧めた。アベンジャーズが次の戦いの前に逃げて回復するのに時間が必要だと思いバートンはチームを彼の自宅に招くことにした。その後、バートンはトニー・スタークにチームを隠れ家に連れて行って回復させることを知らせた。

アベンジャーズに妻を紹介するバートン

アベンジャーズがバートンの農場に到着すると、彼は彼らを彼の家に連れて行ったが、チームはどこにいるかわからなかった。 チームが家に入った時、彼らは妊娠中の女性を見つけた。そして、それはすぐにバートンの妻、ローラであることが明された。 バートンはすぐに妻と子供たちを抱きしめた。 バートンに家族がいることをアベンジャーズは知らなかった為、混乱したスタークがバートンの妻や子供たちが実際にはただのS.H.I.E.L.D.の覆面捜査官だとして認めようとしなかった。

子供たちと再会するバートン

その後、バートンはチームを家族に紹介した。 バートンは彼らがその事実にどれほど驚いたかを見て、彼がS.H.I.E.L.D.に加入したときにニック・フューリーが彼のためにこの隠れ家を用意してくれた経緯を説明した。 そしてチームに彼の秘密を守るように要求した。 ナターシャ・ロマノフがローラと彼らの赤ちゃんがいつ生まれるのか話している間、ソーはエリック・セルヴィグを見つけて彼の幻覚を詳細に調査するために農場から去ることを決めた。 その後、バートンと残りのメンバーは滞在して休養を取った。

アベンジャーズでの居場所[]

アベンジャーズについて話し合うバートンとローラ

「俺なんか要らないって?」

「必要とされてるわ。だから余計怖い。巻き込まれる。」

「ああ。でも俺の仲間だ。」

クリント・バートンとローラ・バートン

その後、バートンが着替えている時、ローラはバートンの皮膚が再生クレードルで治療されている事に気づいた。ローラがアベンジャーズの何人かが一緒に寝ないといけない事をバートンに知らせた時、彼はそれは了承できないと言った。ローラがナターシャ・ロマノフとブルース・バナーの親密な関係がどれくらい続いているのか聞いた。しかし、バートンはこれに気づいておらず、ローラが「ホークアイ」と呼んで彼を揶揄った。

アベンジャーズでの自分の居場所について話すバートン

ローラはバートンがアベンジャーズのメンバーであり続けるべきかどうかについて懸念を示した。彼女は当初、実際にはチームが彼を必要としていないと思い込んでいたが、今では彼らが彼を必要としすぎていると感じていることを明かした。 チームワークには多くの問題が残されており、彼女は彼らが彼と彼が行ったすべての仕事を支えられるとは信じきれていなかった。ローラが夫の胸に触れた時、傷口に気づいた。

息子と日曜大工をするバートン

バートンとアベンジャーズは南アフリカでマキシモフの双子に敗北した後、心を落ち着かせようと自宅でしばらく過ごした。 トニー・スタークとスティーブ・ロジャースが次の戦いについて話し合っている間、バートンは外で2人の子供たちと合流して息子と一緒に日曜大工をして、これから生まれる息子のための新しいベビーベッドを作った。

ニック・フューリーが戻る[]

ニック・フューリーのスピーチを聞くバートン

「で、なんだって?」

「奴はしつこく狙ってきてるが、コードは常に変更されてるそうだ。」

クリント・バートンとニック・フューリー

チームが団結心を取り戻す中、マリア・ヒルから連絡を受けたニック・フューリーが到着した。 その夜、バートンはアベンジャーズとキッチンに集まってフューリーと話し合い、ウルトロンと戦うモチベーションを取り戻した。フューリーはまた、何者かがウルトロンの攻撃を阻止したため、彼が核コードにアクセスできなかったと説明した。 その後、バートンはダーツでスタークを打ち負かした。

ウルトロンの次の動きについて話し合うバートンたち

ナターシャ・ロマノフはフューリーがもっと提供できることを望んでいたと言った為、フューリーは立ち上がって彼らにウルトロンと戦うように促すスピーチをし、もう一度チームとして立って戦うように言った。 ブルース・バナーはウルトロンの次の動きがどうなるか話し、ウルトロンは盗んだヴィブラニウムを使って合成組織でできた別の体を作り、それを再生クレードルと融合する為にヘレン・チョの助けを借りるだろうと推測した。

最後の計画[]

妻に最後の任務にすると約束するバートン

「サンルームのフローリング戻ったらすぐ修理するよ。」

「どうせ修理の途中でまた出かけるんでしょ。」

「それはない。これで終わりにする。約束だ。」

クリント・バートンとローラ・バートン

その後、チームは状況に対処する計画を立てた。ホークアイはキャプテンアメリカとブラック・ウィドウと共にソウルに行き、ウルトロンが逃げる直前に対峙することになった。トニー・スタークはなぜウルトロンが核コードにアクセスする事ができなかったのかを知るためにNEXUSのインターネットハブに向かう事になった。チームがウルトロンとの戦いに備えてユニフォームと装備の準備をしている間、バートンは別れを告げるために妻のところへ行った。

妻と別れのキスをするバートン

バートンは心配する妻にこれがアベンジャーズとの最後の任務になると約束し、終わったら家に戻って家の改装を終えることを誓ったが、ローラはそれでもその後、別の任務を始めるだろうと揶揄った。彼らはお互いに別れを告げ、バートンはアベンジャーズと自宅を去り、クインジェットを操縦してチームをソウルに飛ばしてウルトロンとマキシモフの双子を探し出し、戦いを終わらせようとした。

反撃[]

ソウルの戦い[]

ウルトロンを見つけるためにソウルを見下ろすホークアイ

「あんたじゃ倒せないぞ。」

「そいつはどうも。」

ホークアイとキャプテン・アメリカ

チームはソウルに到着し、そこでキャプテン・アメリカは偵察を行うためにクインジェットから降りて、ヘレン・チョが彼女の研究所で負傷しているのを発見した。 彼らはウルトロンが再生クレードルを使用して自分自身を構築しようとしているというブルース・バナーの推測が正しかったとわかった。飛行中、ホークアイとブラック・ウィドウはウルトロンを探し、ブラック・ウィドウは今にも離陸しようとしているプライベートジェットを見つけ、そこに彼がいるのでは無いかと言った。

道路で走行するウルトロンを見つけるホークアイ

しかし、ホークアイは研究所から走り去るトラックを見つけた。彼は内部をスキャンし、ウルトロンがクレードルと何体かのウルトロンセントリーと共にいることを確認した。 ホークアイはこれをキャプテン・アメリカに知らせ、運転手を排除できると言ったが、キャプテン・アメリカは彼を止め、ストーンの危険性を警告した。 時間が残されていない為、キャプテン・アメリカはトラックを自分で止めに行き、ウルトロンをクレードルから引き離した。

ウルトロンと戦うキャプテン・アメリカを見守るホークアイ

キャプテン・アメリカがソウルの道路を走るトラックの上でウルトロンを1対1の戦闘に巻き込んで気をそらそうとした。これにより、彼がクレードル内で最新のボディを構築する計画を妨害した。キャプテン・アメリカがウルトロンと対峙する中、ホークアイはこの戦闘はロボットの方が有利だと言った。キャプテン・アメリカはチームメイトの発言に腹を立てた。

ブラック・ウィドウを戦場に送り込むホークアイ

キャプテン・アメリカが路上でウルトロンとの戦いを続けている間、ホークアイは街を飛行して、キャプテン・アメリカに追いつき、彼を援護して、クレードルを手に入れるために、オートバイに搭乗したブラック・ウィドウをクインジェットから降ろす準備をした。 ホークアイはブラックウィドウを降ろして彼は彼女をトラックの現在位置に案内した。

ウルトロンを迎撃するように命じられるホークアイ

トラックに追いついたブラック・ウィドウはキャプテン・アメリカの盾を返し、ホークアイに中に入れるようにトラックを護衛しているウルトロンセントリーを引き離してほしいと頼んだ。 ホークアイはトラックの前方に進み、セントリーが防衛のために彼を追ってくる事を見越して、ウルトロンに向かって発砲し始めた。その後、ホークアイはウルトロンセントリーをトラックから遠ざける為に飛び立った。

ウルトロンの攻撃を避けるホークアイ

ホークアイはコックピットを破壊しようとするセントリーの攻撃にさらされた。ホークアイはクインジェットを回転させてセントリーを振り落とした。キャプテン・アメリカがウルトロンをトラックから追い出し、移動中の列車に飛び込んだ時、セントリーが護衛のためにトラックに戻った為、ホークアイはブラック・ウィドウにすぐにトラックから逃げるようにアドバイスした。

再生クレードルを回収するホークアイ

セントリーがトラックに戻った時、彼らは車体を飛行させようとした。 ホークアイはトラックを撃ち落そうとしたが、ブラック・ウィドウがまだ車内にいることがわかって困惑した。その後、ブラック・ウィドウはホークアイにトラックに並走してクレードルを受け取る準備をするように知らせた。ブラック・ウィドウがクレードルの拘束を解こうとしているの間、ホークアイはキャプテン・アメリカにウルトロンがクレードルに向かっていると知らされた。

ブラック・ウィドウの居場所を聞くホークアイ

ブラック・ウィドウがクレードルと共にトラックから飛び降りたとき、彼女はウルトロンに連れされたが、ホークアイにクレードルを届けることに成功した。ホークアイはそれから彼女に呼びかけ、安全を心配し、キャプテン・アメリカに彼女の様子を知っているかどうか尋ねた。 しかし、彼はホークアイにクレードルをスタークの元に送るよう命令した。ホークアイは渋々ソウルを離れてアベンジャーズタワーに向かったが、親友を置き去りにすることに不満を感じていた。

ヴィジョンの誕生[]

ナターシャ・ロマノフの捜索について話し合うバートン

「我々の味方か?」

「そう単純ではありません。」

「じゃあ早いとこ単純にしてくれ。」

スティーブ・ロジャースとヴィジョン、クリント・バートン

再生クレードルをソウルからアベンジャーズタワーに運ぶと、バートンはそれを研究する準備をしているトニー・スタークとブルース・バナーの元に向かった。バートンはクレードルを物理的に開こうとしたが、できなかった。 バナーはナターシャ・ロマノフから連絡があるか尋ねたが、スタークは何も聞いていないことを確認した。 スタークはロマノフがバートンにメッセージを送信するために古いスパイ技術を使用している可能性があることを示唆した。

ナターシャ・ロマノフを見つけたバートン

スタークのアドバイスを受けて、バートンはすぐにハイテク機器では解析できないモールス信号メッセージが送信されてるのを聞き出して、ロマノフを探し始め、ウルトロンが彼女を連れ去った可能性のある場所を見つけ出した。バートンは電波を介して送信している信号を見つけることができ、ソコヴィアにいることがわかった。これにより、ロマノフがまだ生きていることが確認され、バートンは安心した。

ピエトロ・マキシモフを抑えたバートン

ロマノフが以前バロン・ウルフガング・フォン・ストラッカーが所有していた施設で捕らえらている事を確認した後、彼はチームの他のメンバーに知らせに行った。しかし、バートンはすぐに、ソウルの戦いの後、スティーブ・ロジャースがウルトロンを裏切ったピエトロとワンダ・マキシモフを採用したことを知った。バートンはスタークとバナーがJ.A.R.V.I.S.をウルトロンが作成していたボディにアップロードしようとしたときに直面した。

ピエトロ・マキシモフを鎮圧したバートン

スタークの計画の実現は大規模な議論を引き起こした。 ピエトロがワイヤーを引き裂いて機械を妨害しようとした時、バートンは彼の足下のガラスを銃で撃ち、ピエトロを崩れ落とさせ、足で抑えることによって彼を打ち負かした。

ヴィジョンの生成を目撃するバートン

アベンジャーズ間で緊張が高まる中、スタークとロジャースはついに戦い始めた。ロジャースはシールドを使って装置にダメージを与え、突然、雷を使って機械を作動させたソーの到着によって中断された。 クレードル内にいたシンセゾイドが飛び出し、ソーに攻撃を繰り出そうとしたが、防がれ、ニューヨークシティを見回した。落ち着きを取り戻したシンセゾイドが謝罪をし、シンセゾイドの事をチームがヴィジョンと命名した。

ヴィジョンがソーにムジョルニアを手渡すのを目撃するバートン

彼らがヴィジョンと話す中、ワンダは彼の頭の中で世界の絶滅を見たと言った。それに対してバートンはマキシモフの双子が言う事は何も信用できないと言った。 その後、バートンはチームにロマノフの居場所がノヴィグラードだと知らせた。ヴィジョンはウルトロンとの戦いで彼らをサポートするつもりだと主張した。 彼の名誉の証拠として、ヴィジョンはソーの武器を持ち上げて見せ、バートンとチームの他のメンバーは驚きを隠せなかった。

戦いに向け武器を集めるホークアイ

チームが任務の準備をしている間、バートンは次の戦いに備えてユニフォームと武器を準備した。バートンは家族の写真を見て、自分が何のために戦っていたかを思い出した。 その後、バートンはクインジェットでアベンジャーズをソコヴィアに飛ばし、ロジャースはウルトロンが待ち構えているとスピーチし、ウルトロンと対峙する前にソコヴィアの人々を保護すると誓った。

ソコヴィアの戦い[]

ソコヴィアのホークアイとキャプテン・アメリカ

「ウルトロンは待ち構えている。激しい攻撃をしてくるだろう。我々は覚悟の上だが、ソコヴィアの人々はそうじゃない。だから優先すべきは市民の避難だ。」

キャプテン・アメリカ

ノヴィグラードではウルトロンが邪悪な企てを計画していた。 アベンジャーズが到着すると、キャプテン・アメリカは、民間人の安全を確保するために彼らを避難させることが最優先事項であることを明確にした。

ソコヴィアの避難を見守るホークアイ

アベンジャーズがクインジェットを出ると、キャプテン・アメリカが壁に描かれた落書きに気づいて、その絵を見てホークアイは悪くないとコメントした。ホークアイは時計塔に座って全体を見渡し、スカーレット・ウィッチがマインドコントロールパワーを使って人々を避難させる中、ホークアイはウルトロンセントリーが人々を攻撃しないことを保障した。

ウルトロンの軍隊と戦うホークアイ

ウルトロンが動き出し、ウルトロンセントリーの軍隊を率いてアベンジャーズを攻撃し、民間人に危害を加えた為、アベンジャーズはウルトロンを直接止めるよりも彼らを保護することを優先しなければならなかった。 戦いが勃発した時、ホークアイはスカーレット・ウィッチの近くにとどまり、矢でセントリーを空中に向けて撃ち始めた。スカーレット・ウィッチは民間人をウルトロンから守るためのエネルギーシールドを作成した。しかし、彼らはすぐに圧倒された。

浮上するソコヴィアを目撃するホークアイ

しかし、ウルトロンを無力化するためにヴィジョンが最善を尽くしたにもかかわらず、ウルトロンはソコヴィアの中心で彼の機械を作動させて、大地震を引き起こした。 ホークアイが何が起こっているのかを理解しようとした時、ウルトロンがユリシーズ・クロウから盗んだすべてのヴィブラニウムで装置を作成し、 ノヴィグラードは彼自身の隕石に成り代わった。

空中のセントリーを撃つホークアイ

セントリーの1体が彼の隕石で全人類を一掃するウルトロンの計画についてスピーチをした時、ホークアイはそれを撃破したが、他のセントリーがスピーチを続けた。キャプテン・アメリカの指示に従い、ホークアイとチームの他の全員は、民間人の保護に集中しつつ、ロボットとの大規模な戦闘に身を投じた。 スカーレット・ウィッチが攻撃から人々を守るためにより多くのフォースフィールドを作り、ホークアイは戦いに従事した。

スカーレット・ウィッチを助ける[]

複数のウルトロンセントリーと戦うホークアイ

「君が何をしたとか関係ない。外に出るなら戦え、とことんな。ここに残ってもいい。あとで迎えに来させる。だが一歩外に出たら...君はアベンジャーズだ。」

ホークアイ

空へとどんどん上昇し続けていたノヴィグラードで戦いが激しさを増す中、多くのウルトロンセントリーが攻撃を続けており、ホークアイはスカーレット・ウィッチの近くに留まった。 ホークアイは出来るだけ多くの敵を倒すためにセントリーの攻撃を避けていた。彼はスカーレット・ウィッチが敵の猛攻撃に対処するのに苦戦していることに気づいた。

ワンダ・マキシモフを戦うように動機づけるホークアイ

彼らはウルトロンセントリーによる果てしない攻撃にすぐに圧倒された為、ホークアイはスカーレット・ウィッチを救い、パニック状態の彼女を建物に隠した。 スカーレット・ウィッチはウルトロンの味方をしてユリシーズ・クロウからヴィブラニウムを手に入れるのに協力した為、起こっていることはすべて彼女のせいだと確信していた。ホークアイが彼女の様子を見て、誰もそれを気にしないと彼女に安心させ、彼女が戦いを続ける準備ができているかどうか質問した。

ワンダ・マキシモフをアベンジャーズに迎えるホークアイ

スカーレット・ウィッチに自分で選択をしてもらいたいと思ったホークアイは街全体が浮上しており、自分が弓と矢だけでロボットの軍隊と戦っていると話した。ホークアイはスカーレット・ウィッチに戦い続けると言い、最終的に彼女を安心させることができた。必要に応じて彼女の兄に助けてもらうことを約束して、留まるか逃げるかを選択させた。 しかし、彼はスカーレット・ウィッチに彼女が戦い続けるならば、アベンジャーになれるだろうと彼女に保証し、立ち上がって戦いの準備を始めた。

ウルトロンの軍隊に戦いを試みるホークアイ

ホークアイはそれから弓を引いて、ドアの外に飛び出し、スカーレット・ウィッチに彼が言ったことを考えさせた。 ウルトロンセントリーにホークアイはできるだけ早く矢を放ち、街中の複数のロボットを破壊した。 しかし、ホークアイは他のセントリーたちの猛攻撃に苦戦して、車の陰に隠れ、ウルトロンの軍隊との進行中の戦いを一時休止した。

ワンダ・マキシモフの復活を目撃するホークアイ

彼が完全に囲まれ、多数のセントリーに圧倒されたと同時に彼の言葉に感化されたスカーレット・ウィッチがドアから出て彼に再び協力し、彼が見ている間、ロボットを自信を持って簡単に破壊した。この事でスカーレット・ウィッチの事を信頼したホークアイは無線でキャプテン・アメリカにエリアをクリアしたと報告したが、彼が現在、橋で圧倒されていることを知った。

冗談でクイックシルバーを狙撃しようとするホークアイ

ホークアイとスカーレット・ウィッチは他のアベンジャーズを援護するために橋に向かい始めたが、彼らがそこに戻る前に、クイックシルバーが妹を腕に抱き、ホークアイを年寄り扱いして追いつくようにと嘲笑して、街の中心に走り去った。 苛立ったホークアイは走る前に冗談でスピードスターの死をウルトロンの所為にしてクイックシルバーに弓を向けて彼を狙撃しようとした。

援軍[]

ブラック・ウィドウと再会するホークアイ

「空気が薄くなってる。これ以上高度が上がると市民が落ち始める。」

「街にはまだ隠れてる人たちがいる。」

ホークアイとスカーレット・ウィッチ

ホークアイはノヴィグラードの中心に行き、そこで彼は投獄から逃れることができたブラック・ウィドウと再会した。 ホークアイは上着を脱いでブラック・ウィドウに戦うための武器を与えた。 その後、ホークアイは都市が高度が更に上がると民間人が落ち始めるだろうと彼らに知らせた。 キャプテン・アメリカはスカーレット・ウィッチに街に隠れているすべての人々を逃がすのを手伝うように指示し、ホークアイは彼に彼女の後方に着くと言った。

ノヴィグラードの避難を助けるホークアイ

ウルトロンセントリーの最初の波を突破したチームの注意は都市を破壊することなく人々を安全にさせる方法に向けられた。 突然、ニック・フューリーとマリア・ヒルがヘリキャリアで到着し、救命ボートが送られ、全ての市民を安全な場所に連れて行った。アイアンマンとウォーマシンがウルトロンセントリーから彼らを守るよう命じられてる間、 ホークアイとスカーレット・ウィッチは救命ボートに民間人を誘導して乗船させた。

キーを守る[]

ウルトロンの軍隊と対峙するホークアイとアベンジャーズ

「コアはどうする?」

「私が守る。仕事だから。」

ホークアイとスカーレット・ウィッチ

ホークアイはノヴィグラードの中心でスカーレット・ウィッチとクイックシルバーと共にアベンジャーズの他のメンバーと再集結した。全員が到着すると、アイアンマンはチームに装置のキーをウルトロンから保護する必要があると説明した。キーを起動すると、都市が空から急降下するため、ウルトロンは教会のすぐ外に全軍隊を集めてアベンジャーズを完全に取り囲んだ。

ウルトロンセントリーの軍隊と戦うホークアイ

ホークアイが見守る中、ウルトロンはアベンジャーズを嘲り、アベンジャーズ全員を一か所に集めて彼と対峙する事はまさに彼が望んでいたことだと主張した。 ソーが彼の軍隊が少ないと挑発した時、ウルトロンはアベンジャーズにウルトロンセントリーの全軍隊を解き放ち、ホークアイはチームに加わり、一見止められないように見える邪悪なロボットの軍隊との戦いに全力を注ぎ、彼が可能な限り素早く矢を放って迎撃した。

ウルトロン全軍を圧倒するホークアイ

ホークアイは多くのトリックアローを撃ち抜いてセントリーを寄せ付けないように最善を尽くしたが、弓を脇に投げ、ロボット軍を打ち負かすための近接武器として矢を使い始めた為、白兵戦に頼らざるを得なかった。 やがて、アベンジャーズの力が合わさってウルトロンセントリーの軍隊が押し戻され、ヴィジョン、アイアンマン、ソー、ハルクの力が合わさってウルトロンのアーマーが破壊され、彼は逃げ出した。

ウルトロンのコアを守ることについて話し合うホークアイ

ノヴィグラードがこれまで以上に高く上昇する中、キャプテン・アメリカはウルトロンが計画したように、都市が地球の表面に落下して全ての人類を一掃するのを阻止するために、都市が破壊される前にチームに撤退するように命令した。 スカーレット・ウィッチはキーを保護することを誓って、ホークアイが先程、彼女に言ったようにそうすることが彼女の仕事であると述べた。 ホークアイはうなずいて脱出した。

ライバルが救世主になる[]

安全な場所まで運転するホークアイとブラック・ウィドウ

「ああ、いや、大丈夫。長い1日だった。」

ホークアイ

ホークアイとブラック・ウィドウは時間に余裕がなく、車を盗んで救命ボートに向かい、安全を確保する準備をした。 彼らが車を運転している間、ホークアイは子供たちが遊ぶ部屋を増やせるようにダイニングルームを修理して彼の家を作り直す計画を説明した。 駐車した時、彼らはハルクの咆哮を耳にし、ブラック・ウィドウが彼を落ち着かせ、安全な場所に行こうとした。

迷子の子供を探すホークアイ

ブラック・ウィドウがハルクと話している間、ホークアイはボートの1つに乗り込み、ノヴィグラードを後にしようとした。 しかし、ホークアイは街に誰も置き去りにされていないことを確認するために立ち止まった時、弟がまだ街のどこかに行方不明になっている若い女性の叫び声を聞いた。 ホークアイは手遅れになる前に彼を見つけて安全な場所に行くために街の瓦礫に戻る必要があることを知った。

ウルトロンから少年を守るホークアイ

やがて、ホークアイは瓦礫の下に閉じ込められた少年を見つけることができ、救命ボートに連れ戻すために子供を抱えて解放することができた。 しかし、ホークアイは子供の元に向かったと同時にアベンジャーズがクインジェットを盗んだウルトロンに攻撃されていることに気づいた。 ウルトロンはそれからホークアイと彼の腕の中の少年を直接狙い、容赦なく彼らに弾丸の雨を発射した。

クイックシルバーに命を救われるホークアイ

逃がれる方法がないのを確認してホークアイは彼の身体で少年を危害から守ろうとしたが、一瞬の風が通り過ぎると、彼らは弾丸が当たっていないことに気づいた。 ホークアイは彼を救うために自分の身を犠牲にして被弾して致命傷を負ったクイックシルバーを確認した。クイックシルバーはホークアイに笑顔で早すぎて見えなかったと言って倒れた。キャプテン・アメリカが彼らの援助に駆け寄ったが、ホークアイはクイックシルバーが死んでいることを確認した。

ようやくソコヴィアから脱出したホークアイ

ホークアイはその少年が姉と再会したことを確認し、キャプテン・アメリカがクイックシルバーの遺体を救命ボートに乗せた。 ホークアイは大丈夫だと主張し、治療を拒否し、戦いに疲れ果てた為、救世主の側で横になった。しばらくしてウルトロンがキーを作動させ、街は下降し始めたが、アイアンマンとソーによって破壊され、数十億人の命を救った。 その後まもなく、最後のウルトロンセントリーがヴィジョンによって破壊され、ついに戦いが終わった。

引退して家族の元に[]

妻と子供たちがいる家に帰るバートン

「クリントは?」

「引退するって。」

スティーブ・ロジャースとナターシャ・ロマノフ

ウルトロンの攻勢の最中に妻に約束したバートンは、アベンジャーズを引退し、家族の元に戻った。 その後すぐに、ローラ・バートンはナターシャ・ロマノフとピエトロ・マキシモフにちなんで名付けられた息子のナサニエル・ピエトロ・バートンを出産した。 その後、バートンはロマノフが新たなアベンジャーズ基地で働いている間に生まれたばかりの子を披露するためにビデオを送信した。

ローラ・バートンとハグするバートン

引退中、バートンは余暇にゴルフをし、彼の驚異的な射撃能力で常にホールインワンを打った。 バートンはまた、2016年半ば頃に子供たちの為に水上スキー旅行をすることを計画していた。 約1年後、バートンはロマノフから新しいソコヴィア協定について知らされた。これは、超人のために作成された登録文書。署名について聞かれた時、バートンはロマノフに引退したと言い、これらの協定に署名する必要はなかった。

アベンジャーズ シビル・ウォー[]

ワンダ・マキシモフの救出[]

アベンジャーズ基地に潜入するホークアイ

「ノックすべきだったな。」

「バートン、こんなところで何してるの?」

「約束を破ってる。」

ホークアイとスカーレット・ウィッチ

引退中、バートンはソコヴィア協定に反対したために逃亡したスティーブ・ロジャースに呼ばれ、トニー・スタークの指示でヴィジョンに新しいアベンジャーズ基地で監視されたワンダ・マキシモフを救出するのを手伝うようにバートンに頼んだ。 施設に到着すると、ホークアイは爆発を起こし、ヴィジョンの気をそらした。しかし、マキシモフは彼女の後ろに存在を感じ、侵入者に向かってナイフを向けた。

ヴィジョンに罠を仕掛けるホークアイ

幸いにも、マキシモフは侵入者がホークアイだと気づき、頭から数センチのところで刃を止め、ホークアイがナイフを押しのけてノックするべきだったと冗談を言った。 マキシモフは次にホークアイがここで何をしているのか聞くと、彼は子供たちをがっかりさせてると応えた。 ホークアイは部屋の両側にトラップアローを撃ち、キャプテン・アメリカが現在彼らの助けを必要としているのでマキシモフに行かなければならないと言った。

ヴィジョンに止められるホークアイとワンダ・マキシモフ

しかし、彼らが出る前に、部屋に戻ったヴィジョンがホークアイにここにいるべきではないと言ったのでホークアイは5分間引退したと冗談を言った。ヴィジョンがホークアイとマキシモフに近づき、彼の行動の結果を考慮するようにとホークアイに言ったが、ホークアイの電気の矢が作動して無力化された。 ヴィジョンが無力になると、ホークアイは彼を長く拘束できない事を知って去り始めた。

ワンダ・マキシモフを説得するホークアイ

しかし、ホークアイはまだマキシモフがためらっていることに気づき、彼女にこの場を離れるように説得しようと引き返した。しかし、マキシモフはその週の初めにクロスボーンズとの戦いで罪悪感を感じ、基地に留まるべきだと感じていると説明した。ホークアイはいじけたい場合は学校に戻れと冗談を言った。

ヴィジョンに戦いを挑むホークアイ

ホークアイはマキシモフにクロスボーンズとの戦いでの過ちを償いたいのなら、じっとしてないで動く必要があると言った。 しかし、彼が説得を終える前にヴィジョンが電気の拘束から逃れるためにマインド・ストーンを使用した。 彼は矢を放つホークアイに近づき、矢はヴィジョンを通り抜けるだけだった。 その後、ヴィジョンはホークアイを鎮圧し、ホークアイは最初にストレッチするべきだったと言った。

次の対決に備えるホークアイ

ホークアイは可能な限りの武器を使用しようとして、折りたたみ式の警棒を装備し、アンドロイドと戦う準備をした。 ホークアイの全ての攻撃は物体透過能力を持つヴィジョンの能力に防がれた。ホークアイはヴィジョンを頭を数回パンチしたが、ヴィジョンのヴィブラニウムの身体に彼の攻撃は通用しなかった。 ホークアイはすぐにヴィジョンに圧倒され、ヴィジョンは警棒を壊し、逃げられないようにヘッドロックで彼を捕らえた。

ヴィジョンに取り押さえられるホークアイ

その後、ヴィジョンはホークアイに冷静に自分を打ち負かすことはできないと言い、ホークアイはそれに同意し、マキシモフは打ち負かすことができると言った。マキシモフはヴィジョンにホークアイを手放すように言い、彼女は去ることを選んだと言ったが、ヴィジョンはマキシモフに彼女を行かせる事はできないと言った。 マキシモフは彼女の力を使ってヴィジョンの額のマインド・ストーンを制御し、彼をフェーズ状態になるように強制した。これによりホークアイが解放され、ヴィジョンは密度を上げてひざまずいた。

脱出を図るホークアイとワンダ・マキシモフ

ホークアイは立ち直る間、マキシモフがヴィジョンを地面に押しやるのを見ていた。 ホークアイとマキシモフはヴィジョンが見えないほどに深くなったクレーターを少し見て、新しいアベンジャーズ基地を去った。 ペアはその後、キャプテン・アメリカのチームを形成するためにサム・ウィルソンからアベンジャーズチームへの参加を勧められたスコット・ラングを迎えるために、途中で最後の立ち寄りをしなければならなかった。

スコット・ラングをチームに迎える[]

ベルリンでスティーブ・ロジャースと再会するバートン

「キャプテン。」

「できれば呼び出したくなかったが。」

「水臭いこと言うな。それに借りもあるし。」

クリント・バートンとスティーブ・ロジャース

最初に到着したバートンとワンダ・マキシモフは誰も目につかない静かな駐車場で会うように手配したスティーブ・ロジャースがベルリンに到着するのを待った。 ロジャースが到着して2人の友人が再会した時、彼がバートンに他の選択肢があれば彼に電話をかけなかっただろうと言った。

状況について話し合うバートンとスティーブ・ロジャース

しかし、バートンはクイックシルバーの死後、マキシモフに借りがあることを指摘し、彼に恩恵を与えていると主張した。 ロジャースがマキシモフに再び参加してくれたことに感謝した時、彼女はバートンが過去の過ちをどのように乗り越えて償う必要があるかについて、新しいアベンジャーズ基地で彼女に言ったことを引用し、バートンが微笑んだ。

スコット・ラングをスティーブ・ロジャースに紹介するバートン

その後、ロジャースがバンで居眠りしていたスコット・ラングについて聞くと、バートンは彼を起こしてロジャースに紹介した。 その後、彼らは全員、ヘルムート・ジモの管理下にあったウィンター・ソルジャーについて話し合った。 彼らが出発する準備をしていると、トニー・スタークによる空港からの避難指示を聞いた。 その後、チームはスーツを着て空港に向かい、アイアンマンが彼らのいずれかを止めることができる前に彼らはシベリアに出発した。

アベンジャーズの崩壊[]

待機するホークアイとワンダ・マキシモフ

「やあ、クリント。」

「どうも。」

「隠居生活は性に合わなかったか?」

アイアンマンとホークアイ

計画を開始すると、キャプテン・アメリカと彼のチームはライプツィヒ・ハレ空港に向かい、そこでシベリアに向かうヘリコプターに乗り込もうとした。しかし、キャプテン・アメリカはすぐにアイアンマンのチームに取り囲まれ、スパイダーマンが彼の盾を盗んで手を拘束した。 スカーレット・ウィッチと共に空港内で待機していたホークアイは絶好の機会を待ってから、キャプテン・アメリカの手のウェブをまっすぐに切り裂く矢を撃ち、アベンジャーズは戦い始めた。

爆発を避けるホークアイとワンダ・マキシモフ

チームの他のメンバーが見つかって対峙している間、ホークアイはスカーレット・ウィッチを危険地帯から離そうとした。 しかし、2人が新たな安全な場所に向かって走っている間、アイアンマンはすぐに彼らを見つけて追いかけ、彼らの付近にいくつかのミサイルを発射し、大爆発を引き起こして彼らの進路を妨害し、動きを止めた。 アイアンマンと対峙した時、ホークアイはスカーレット・ウィッチを炎から守った。

アイアンマンと対峙するホークアイ

ホークアイはアイアンマンがスカーレット・ウィッチに新しいアベンジャーズ基地から脱出した事でヴィジョンの感情を傷つけた可能性があると言ったのを見ていた。アイアンマンはその後、ホークアイが引退生活から抜け出すことについて冗談を言ったが、ホークアイはゴルフで18ホールを18打で回ったと応え、的を外せないと言った。

複数の矢をアイアンマンに放つホークアイ

アイアンマンが彼らとの会話に一時的に気を取られている間、ホークアイは彼にいくつかの矢を発射し、アイアンマンがそれらすべてをかわした。ショットに感銘を受けなかったアイアンマンはホークアイが外したのはこれが初めてのようだと言ったが、ホークアイはスカーレット・ウィッチが攻撃できるように気を散らしていることを明らかにし、アイアンマンに後ろを見させたと言った。駐車場から彼の上に数台の車が降ってきて、アイアンマンが閉じ込められている間に2人は逃げることができた。

かつての仲間との戦い[]

キャプテン・アメリカチームのホークアイ

「まだ友達よね?」

「手加減してくれればな。」

ブラック・ウィドウとホークアイ

戦闘が続く中、ホークアイとスカーレットウィッチはなんとかキャプテン・アメリカと彼のチームに合流し、彼らはシベリアに向かうクインジェットにたどり着くことができた。 彼らのチームが一緒に走った時、ホークアイはクインジェットを前方に見つけた。しかしそれから彼らは彼らの前のマインド・ストーンからレーザービームを発射したヴィジョンによって足止めされた。 アイアンマンのチームが再集結したとき、ヴィジョンは彼らに降伏するよう警告した。 しかし、キャプテン・アメリカはその後、彼のチームに関係なく戦うように言った。

ブラック・ウィドウを取り押さえるホークアイ

アベンジャーズ間の戦いは2つのチームが互いに突撃することから始まった。ホークアイが放った矢がヴィジョンを無力化し、かつての味方にいくつかのトリックアローを発射した。その後、ホークアイとブラック・ウィドウは戦い始めた。 彼はなんとかブラックウィドウを地面に投げつけ、彼女は彼らがまだ友達であるかどうか聞き、そしてそれは彼女が彼をどれだけ強く打ったかによると彼は冗談めかして主張した。

ワンダ・マキシモフに助けられるホークアイ

彼らの衝突がまだ続いており、ホークアイの全てのパンチを抑えて、ブラック・ウィドウは最終的に優位に立つことができた。 ホークアイが本当は彼女を傷つけたくないという気持ちを利用して、ブラック・ウィドウはホークアイを振り落として、頭を蹴ろうとしたが、スカーレット・ウィッチがサイコキネシスで彼女を打ち負かし、ホークアイに本気を出すように言った。戦いが激化する中、ホークアイはアイアンマンのチームと戦い続けた。

アントマンを乗せた矢を放つホークアイ

空港上空を飛行中のファルコンがアイアンマンに襲撃を受けていた時、ホークアイはアントマンと協力して味方を助けようとアントマンが乗った矢の1つを発射して、アーマーの内側に入り込み、中を這い回ってアイアンマンを無効にしようとした。計算通り、矢はいくつかの小さな矢に分かれ、アイアンマンのリパルサーブラストによって破壊された。アントマンは矢から飛び降り、アイアンマンの上に着陸し、スーツの中を這い回った。

アイアンマンに矢を放ち続けるホークアイ

アントマンがスーツを内側から無効化している間、ホークアイはアイアンマンの気をそらすために矢をさらに発射し続け、アントマンは仕事を続けていた。 彼がホークアイに反撃する準備をしていた時、ホークアイが次の戦いに向かった時、アントマンによりアイアンマンのアーマーが誤動作し始めた。 F.R.I.D.A.Y.がアントマンの位置を特定し、それから彼を無害にアーマーから追い出した。

負け戦に勝つ[]

キャプテン・アメリカにプランを伝えるホークアイ

「認めるのは癪だが、戦いに勝つには俺たちが犠牲になるべきだ。」

ホークアイ

チームアイアンマンが追い込んだ時、ファルコンが最終的に彼らが戦いに勝つことができず、全員をシベリアに連れて行くことができないことに気づいた。 ウォーマシンによる攻撃を避けている間、ホークアイはキャプテン・アメリカとウィンター・ソルジャーがクインジェットに到達するために彼らの一部は後方に留まって戦わなければならないと言った。チームが逃走機に向かった時、彼らは脱出中にアイアンマンの気をそらすための最善の方法について話し合った。

ブラックパンサーと戦うホークアイ

チームの一部が逃げられるように気を散らそうとアントマンがジャイアントマンに変身し、空港内で混乱を引き起こし、キャプテン・アメリカとウィンター・ソルジャーが見えない内に逃げることが出来るようになった。 ジャイアントマンがアイアンマンとウォーマシンと戦っている間、ホークアイは敵が逃げるペアに気付かないようにブラックパンサーと対決し、ホークアイはブラックパンサーに矢を放った。

ブラックパンサーに自己紹介するホークアイ

ホークアイはブラックパンサーに更に2本の矢を放ったが、パンサーハビットが爆発を吸収して、顔に爆発する前に空中でこれらの矢をキャッチした。 弓矢では対人の争いに最適ではないことが分かったホークアイは弓をスタッフに変形させ、ティ・チャラに自己紹介したが、彼はどうでもいいと応えた。攻撃を再開すると、ホークアイはブラックパンサーの気をそらし続けた。

ブラックパンサーに負けるホークアイ

ホークアイは戦いを続けていたが、ブラックパンサーが彼の顔を殴り、スタッフを壊し、打ち負かし、キャプテン・アメリカとウィンター・ソルジャーを追いかけた。 ホークアイとジャイアントマンの努力で、キャプテンアメリカとウィンターソルジャーは、ヴィジョンとブラックパンサーの努力にもかかわらず、クインジェットに乗り込み、脱出した。 しかし、チームの成功にもかかわらず、キャプテン・アメリカのチームはその後逮捕された。

ラフトに投獄される[]

ラフトでトニー・スタークを出迎えるバートン

「未来の預言者のお出ましだ!ほーらみんな拍手!なんでもお見通しで運命を決めてくださる。気持ちは無視してな。」

「やめろ、バートン。ここに入れられるなんて思わなかった。」

クリント・バートンとトニー・スターク

アベンジャーズの衝突の後、バートンとキャプテン・アメリカに協力した他の全てのヒーローは捕らえられ、ラフトに連行され、そこで彼らは空港に損害を与え、バッキー・バーンズの逮捕を妨害した事でソコヴィア協定違反となり、投獄された。 トニー・スタークが訪れた時、バートンは皮肉を込めて彼の到着を称賛し、「未来の預言者」がちょうど到着したと罵倒した。 スタークはラフトが犯罪者のために建てられたと指摘し、バートンはスタークが彼らを倒そうとしたために、今に至ると怒って主張した。

トニー・スタークの理想を嘲笑うバートン

その後、バートンは彼、サム・ウィルソン、ワンダ・マキシモフがどのようにして犯罪者になったのかを指摘した。 しかし、スタークはバートンの挑発には乗らず、法に違反したから自業自得だと何気なく答え、かつての友人に対する彼の穏やかな態度はバートンを怒らせた。スタークはキャプテン・アメリカに協力することを選択して立ち去る前にバートンが家族のことを考えるべきだったと指摘し、彼を怒らせた。

トニー・スタークの行為を非難するバートン

スタークがウィルソンの独房に歩いていくと、バートンは独房の壁を叩き、仲間に後方には気をつけるように警告した。 彼の元チームメイトに対する彼の怒りはジェームズ・ローズが彼らの衝突中に重傷を負ったことを暗に言及した。しかし、アベンジャーズのリーダーがウィルソンと話している間、バートンに振り返ることはなく、ラングが彼を侮辱しようとしたが、スコット・ラングを無視することを選択した。

ラフトに投獄されているバートン

スティーブ・ロジャースは友人を投獄されたままにしたくはなかったため、戻ってラフトに潜入し、バートンと他の仲間を解放した。 彼らが自由を祝っている間、バートンは彼の家族の世話をするためにアベンジャーズから正式に引退することに決めた。 その後、バートンとラングはFBIと取引を行い、自宅軟禁に置かれ、サディアス・ロスの要求に応じてソコヴィア協定に従うことに同意した。バートンは自宅軟禁が満了を迎えるまで家に戻り、平穏な生活を送ることができた。

ローニン[]

全てを失う[]

娘にアーチェリーを教えるバートン

「ライラ、行こう。ライラ?どこだ?ローラ?どこだ?どうした?みんな!おい!ローラ!」

クリント・バートン

2018年、まだ自宅軟禁されていたバートンは自宅の外で家族とピクニックをしていた。 ローラが昼食を準備し、息子たちがキャッチボールをしている間、バートンは娘のライラにアーチェリーを教えていた。 バートンは妻がホットドッグに必要な調味料(マヨネーズまたはマスタード)について聞いた時、矢を撃つ方法をライラに指導していた。 バートンは2人にマスタードを要求し、ライラと冗談を言って、彼女の兄弟だけがホットドッグにマヨネーズを好んでいると言った。

娘の射撃の腕を褒めるバートン

バートンはそれからライラがブルズアイを打つのを見て、娘を「ホークアイ」と呼んで、誇らしげに祝福した。 ライラが矢を回収していた時、ローラは昼食のために彼らを呼んだ。 バートンは娘を呼んだ時、彼は彼女がいなくなっていると気づいた。 バートンは彼女がどこに行ったのか疑問に思い、再びライラを呼んだが、返事はなかった。娘の突然の失踪に混乱したバートンは妻と息子たちがいた場所に目を向けたが、彼らも消えていた。

娘が消えたことを知るバートン

心配し始めたバートンは何が起こっているのか理解できず、家の周りで家族を探すが、見つからなかった。 バートンは何もできず、大きな恐れを抱いて彼の家族を必死で呼んだ。 バートンはアベンジャーズがサノスを阻止するために最善を尽くしたにもかかわらず、彼がスナップを完了するために6つのインフィニティ・ストーンを入手したために、彼の妻と子供たちが宇宙の人口の半分と一緒に死んだことを最終的に恐怖と共に知った。

家族全員が消滅したことを知るバートン

他のアベンジャーズが数週間後にサノスを農園まで追跡することに成功したが、サノスはすでにインフィニティ・ストーンを破壊していた為、インフィニティ・ストーンの力なしではスナップを逆転させることはできず、すべてが無駄になり、ソーがストームブレイカーでサノスを殺害し、アベンジャーズは完全に敗北した。 インフィニティ・ストーンの完全な破壊とサノスの死で彼の家族を救うという希望は永遠に失われたように思えた為、バートンは完全に憔悴した。

犯罪者たちを虐殺する[]

敵を何人も虐殺するローニン

「ローニンは残虐な正義を犠牲者にもたらしたのです。ローニンの正体は今日まで依然謎に包まれたままです。」

闇市場の競売人

家族を失った結果、バートンは悲しみを受け入れてローニンとなり、スナップを生き延びた犯罪者に対する復讐の道を進んだ。 刀を含む新しいユニフォームと武器を使用して、 ローニンはトラックスーツ・マフィアを含む多くの犯罪組織を虐殺し、不安定にさせた。 2023年、ローニンはメキシコに向かい、そこでメキシコのカルテルのすべてのメンバーを容赦なく殺害した。 その結果、ジェームズ・ローズがローニンの行動を調査し、他のアベンジャーズはローニンを捜索した。

東京での殺戮

アキヒコと死闘を繰り広げるローニン

「テメェ何故こんなことをする?俺たちはテメェに何もしてねえだろ!」

「地球の半分がサノスにやられた。お前は何故無事なんだ...。」

アキヒコとローニン

その後、ローニンは日本の東京に向かい、そこでヤクザ一派の全ての組員を排除することを計画した。 数が多く、銃撃をくぐり抜け、ローニンはヤクザの工作員であるアキヒコを追って建物を通り抜け、簡単に全ての敵を倒した。 2人はその後通りに出て、アキヒコはローニンに彼の行動について質問し、彼はそれが人口の半数が消滅にもかかわらず、彼らが生き残ったからだと教えた。 2人はそれから刀を抜き、戦い始めた。

アキヒコを刀で殺害したローニン

決闘は互角だったが、ローニンはアキヒコの喉を掻っ切り、彼に命乞いをさせ、ローニンに彼が望むものを与えることを約束した。 しかし、ローニンは慈悲の叫びを無視し、彼が望んでいたのは彼の家族だけであり、アキヒコはそれを与えることができないと言った。 それから彼はアキヒコにとどめを刺し、彼の後ろにロマノフが立っていることに気づき、彼女がそこにいるべきではないと彼女に言って、彼の刀の血を拭き取った。

ナターシャ・ロマノフと再会したバートン

しかし、ロマノフは彼がそうすべきではないと信じていたが、バートンはそれが彼がしなければならないと信じていた仕事の一部であると彼女に教えた。 ロマノフは彼が犯罪者を殺しても彼の家族を連れ戻すことは出来ないと話し、それから彼女は彼に全ての人を連れ戻す計画を知らせた。 しかし、必死に家族と一緒にいたいと思っていたにも関わらず、バートンは当初、希望を与えられたくなかった為、失敗した場合にのみ希望が奪われるという考えを拒否した。

ナターシャ・ロマノフに慰められるバートン

ロマノフは取り乱した彼女の親友がどうなったかをはっきりと見て、彼に早く希望を与えなかったことを謝罪した。 彼女はそれから彼の手を握って彼を慰めた。 その後、2人はクインジェットに乗り、スナップを逆転するために、新しいアベンジャーズ基地に戻った。

タイム泥棒[]

タイムトラベルをテストする[]

タイムトラベルのテストに志願するバートン

「だめだ。俺やっぱ怖い。」

「だったら、俺がやるよ。」

スコット・ラングとクリント・バートン

スコット・ラングが量子世界を利用して時間を遡るというアイデアを提案し、アベンジャーズはそれを成功させる方法に取り組み始めた。 バートンはラングがタイムトラベルをテストする準備をしているのを見て、それが実際に機能するかどうかを確認した。 しかし、最後に利用可能なピム粒子の1つが誤って使った後、ラングはそれを実行できなかったと言った。その後、バートンはラングに代わってテストランを行うことを志願した。その後、ブルース・バナーがテスト中のいくつかの経験について彼に教え、ネビュラはバートンがアドバンスドテックスーツを着用するのを助けた。

アドバンスドテックスーツを着用するバートン

ローズとラングは準備中、過去を変えることで未来が変わると信じて、タイムトラベルについての考えを示した。これにバートンが支持した。 しかし、バナーはタイムトラベルが実際にどのように機能するかを説明し、ローズとラングがリストした映画に見られるタイムトラベルのすべての例を否定し、、過去に行く事は彼らの未来となり、現在は彼らの過去になり、新しい未来に書き換わる事はないと説明した。

過去の家に帰るバートン

バートンはプラットホームに立ち、量子世界を経由して時を遡って転送されるのを待った。バナーは彼がマシンを起動するまでカウントダウンし、バートンを量子世界に送った。 バートンは量子世界を通り抜け、スナップの前の自宅に辿り着いた。バートンは家に近づく前に、野球のミットを手に取った。それから彼は子供たちの声を聞き、娘にもう一度会おうと呼びかけた。 しかし、彼は娘に会うことができる直前に現在に送り返された。

過去から戻ることに成功したバートン

彼が戻った時、タイムトラベルに一時的に不快感を覚えたが、すぐに適応した。 ナターシャ・ロマノフは彼の無事を確認しに行った。 それから彼はアベンジャーズに彼らの計画が上手くいったことを知らせ、ミットをトニー・スタークに投げ、ミットを過去から持ち帰った事でタイムトラベルが成功した事を証明した。 彼ら全員がインフィニティ・ストーンについてブレインストーミングを始めた。 この経験を通して、バートンは再び希望を与えられ、ローニンのアイデンティティはまだ彼に固執していたが、本来の自分を取り戻した。

インフィニティ・ストーンの場所を特定する[]

ソーの話を聞くバートンとジェームズ・ローズ

「ストーンは色々な時代と場所に出現してる。」

「そういうこと。で、どこにタイムトラベルしたら一番有効か。」

「ターゲットを絞るわけか。」

ブルース・バナーとトニー・スタークとクリント・バートン

移動手段を考え、チームはストーンをいつどこで回収できるかについてブレインストーミングを開始し、ストーンはすべて彼らのほとんどと遭遇しているので、彼らはストーンを回収することができ、彼らがタイムトラベルする場所を特定する必要があると言った。彼らはそれぞれのストーンと彼らがいた場所の歴史について簡単に説明することにした。 ソーはエーテルについて彼らに話したが、母親の死を含む彼のいくつかの人生のトラウマを想起させ、話題から外れ始めた。

ヴォーミアについてネビュラに話を聞くバートン

ロケット・ラクーンはその後、ピーター・クイルがモラグで盗んだパワー・ストーンについて彼らに教え、ネビュラはソウル・ストーンについて教え、サノスもそこで彼女の姉を殺した方法について彼らに話した。 その後、3つのストーンが同時に地球上にあった時があったので、彼らは6つのストーン全てを可能な限り最善の方法で回収する計画を立てた。 次に、アベンジャーズを小規模のチームに分割し、それぞれが異なるストーンを担当する事になった。

タイム泥棒についての話し合いを終えたアベンジャーズ

彼らは3つのチームを割り当てた。スペース・ストーンを入手するために2012年に行くスターク、スティーブ・ロジャース、バナーとラング、リアリティ・ストーンを入手するために2013年に行くソーとロケット、そしてバートンとロマノフはソウルストーンを入手する任務を負い、2014年にパワー・ストーンを手に入れるためにモラグに行くローズとネビュラと共にヴォーミアに行くことになった。しかし、彼らはそれらを時間内に送り返し、現在に戻すのに十分なピム粒子しか持っていなかった為、これが彼らの唯一のチャンスだった。

ソウル・ストーンを入手する[]

量子トンネルに向かうホークアイ

「うわ、こんな用事じゃなかったら...いい眺めなのにな。」

クリント・バートン

その後、アベンジャーズは全員、アドバンスド・テック・スーツに身を包み、プラットフォームに向かった。そこで、キャプテンアメリカはその瞬間に至るまでの全ての事と、これが起こったことを変える唯一のチャンスだったことについてスピーチをした。

去る準備をするホークアイとブラック・ウィドウ

ホークアイは彼とブラック・ウィドウがヴォーミアに行けるように縮小されたベネターを与えられた。ロケット・ラクーンは彼に壊さずに戻ることを約束させた。 その後、ブルース・バナーがマシンを起動し、彼らは全員、量子世界に転送され、そこでそれぞれが指定された時間に移動した。

2014年のモラグのホークアイとブラック・ウィドウ

ホークアイ、ブラック・ウィドウ、ウォーマシン、ネビュラは全員、2014年のモラグに到着し、そこでベネターを元の大きさに戻し、ネビュラがベネターのスペースポッドを降下させるのを待った。 その後、ホークアイとブラック・ウィドウはウォーマシンに別れを告げ、ベネターに乗り込んだ。ウォーマシンはお互いを守るように忠告した。 その後、彼らはモラグを出発し、ソウル・ストーンを回収するためにヴォーミアに向かった。

宇宙を旅するホークアイとブラック・ウィドウ

ネビュラが座標を設定したヴォーミアに向かう途中、2人の親友は宇宙旅行の光景を楽しんだ。 ホークアイがブダペストでの彼らの使命に言及し、S.H.I.E.L.D.のエージェントになってから長い道のりを歩んできたと言った時、彼らは互いに笑い合った。 船が自動操縦をしている間、2人は彼らの関係について深い会話をした。

レッドスカルと対峙するホークアイとブラック・ウィドウ

彼らはすぐに惑星に到着し、ホークアイは驚き、状況が違えば素晴らしい事だろうと言った。 それから彼らは惑星の地表を歩き、山を登ったが、疲れ果てていた。 ブラック・ウィドウがロケットを「アライグマ」と呼んだ時、ホークアイは技術的には彼はアライグマではないと言ったが、彼女は気にしなかった。 彼らが山の頂上に着いたとき、レッドスカルによって迎えられ、驚いた彼らは武器を構えた。

ソウル・ストーンの代償を知るホークアイ

レッドスカルは彼がソウル・ストーンを探している人々のための案内人であると彼らに説明し、ブラック・ウィドウはストーンがどこにあるかを教えるように要求した。 しかし、彼はそれがそれほど単純ではないことを彼らに知らせた。 彼らはストーンが崖の底にあることを知り、レッドスカルは彼らがソウル・ストーンのために愛するものを犠牲にしなければならないと彼らに言った。

親友を失う[]

犠牲という条件が本当なのか尋ねるホークアイ

「俺の家族を頼む。」

「自分で会いなさい。」

ホークアイとブラック・ウィドウ

ソウル・ストーンの代償を知ると、ホークアイとブラック・ウィドウは状況の深刻さを沈めるのに少し時間がかかった。ホークアイはレッドスカルが嘘をついているように感じたが、ブラック・ウィドウは彼が本当の事を言っており、犠牲が必要だと信じていた。

自分の命を犠牲にすることを決心したホークアイ

彼女はサノスがヴォーミアに到着して、ガモーラを連れて帰らなかったか経緯を考え、それが偶然ではないと信じていた。 それから彼らはキャプテン・アメリカが任務の前に言った「何を犠牲にしても。」を繰り返した後、彼らの一人がストーンのために自分自身を犠牲にする必要があることを受け入れた。 ホークアイは最後の瞬間に安心させる為にブラック・ウィドウの手を握って自分の命を犠牲にすることを決心した。

犠牲について議論するホークアイとブラック・ウィドウ

しかし、彼女はそれから同じ動きを繰り返し、彼女が自分自身を犠牲にするつもりであることを彼に気づかせた。どちらももう一方を死なせたくなかった為、 彼らはどちらが犠牲になるべきかについて議論した。 ブラック・ウィドウはこれが彼女がこれまでずっと取り組んできたものであり、ホークアイを死なせたくないと言って、彼女の主張を通そうとした。 しかし、ホークアイは彼がかつての自分からは程遠い存在になったと思っていた為、彼が犠牲になるべきだと彼女に言った。彼女は彼の過ちを責めるつもりはないと保証した。

感情を共有するホークアイとブラック・ウィドウ

しかし、彼が彼女にチャンスを与えようとすべきではないと彼女に言った時、彼女は彼らが最初に会ったときに彼が彼女のためにチャンスを与えてくれたという事実を言った。 その後、彼らはお互いの友情を受け入れ、お互いに頭をくっつけた。ホークアイが彼女の警戒を解き、彼が自分自身を犠牲にすることができるように彼女を打ち負かした。彼は彼女に彼らが帰って来た時に彼の家族に彼らを愛していると伝えるように言った。

犠牲になるために崖から飛び降りるホークアイ

しかし、ブラック・ウィドウが優勢になり、彼を打ち負かし、自分で犠牲を払うことにした。 彼女はバイトを彼に撃ってショックを与えた。 彼女が崖に向かって走った時、ホークアイはテーザーをはぎ取り、弓を引いて彼女の近くに爆破用の矢を放ち、彼女を崖から遠ざけた。 それから彼は崖に向かって飛び降りたが、ブラック・ウィドウもジャンプして彼を掴み、グラップルを撃ち、それを彼に取り付けた。それで彼は落ちる事が出来ず、彼女が自分自身を犠牲にしようとした。

ブラック・ウィドウの犠牲を目撃するホークアイ

ホークアイは彼女を掴むことができたが、両者が落ちることなく彼女を引き上げることはできなかった。 彼は自分を犠牲にするのを妨害したために彼女に腹を立てた。 彼女は他に方法がないことをわからせて彼に彼女を手放すように頼んだが、彼にはできなかった。 彼は親友を死なせたくなかった為、必死に彼女を手放さないでいようとしたが、彼女が力を加えた為に彼は手放すことを余儀なくされた。 ホークアイはブラック・ウィドウが落下して死ぬのを見て涙し、他に何もすることができなかった。

ソウル・ストーンを手に入れたホークアイ

必要な犠牲が払われると、光が流れて、ホークアイを気絶させ、彼を川にテレポートさせた。 ホークアイはすぐに目を覚まし、突然現れた新しい場所に戸惑い、水面に腰を下ろした。 彼は手に現れたソウル・ストーンを手に入れたが、その時、彼が考えていたのは彼の親友の死だけだけだった。 水面に座りつつ、ホークアイは彼女の死を嘆いた。

ブラック・ウィドウを悼む[]

親友を失って帰還するホークアイ

「元には戻らないんだ。あそこにいた赤い野郎がそう言ってやがった。なんならお前が言って聞いてこい!ほら、ハンマー持ってあの野郎と話つけてこいよ。俺のはずだった。ナターシャはストーンを手に入れる為に命を捨てたんだ。」

クリント・バートン

ホークアイは任務の目標を達成して、時空のGPSを起動し、量子世界を通って現在に戻り、全てのアベンジャーズが無事に戻ってきた。 他のアベンジャーズは成功を喜んだが、ホークアイがひざまずいた時に中断された。 他のメンバーたちはホークアイを見て、ブラック・ウィドウの所在について尋ねたが、彼は怒って答えることができなかった為、彼らは何が起こったのかを理解することができた。

ナターシャ・ロマノフの死を悼むバートン

アベンジャーズの創設メンバーたちは外に集まり、仲間の死の知らせを悲しんだ。しかし、ソーはロマノフも他のみんなと一緒に連れ戻すことができると信じていたが、バートンは起こったことを元に戻す方法はないことを彼に明らかにした。 バートンはそれから動揺し、犠牲を払うのは彼であるはずだったと言った。 その後、彼らは友人の死を無駄にしないと決め、全てのインフィニティ・ストーンを使用できるナノ・ガントレットの製作に取り組み始めた。

ブリップ[]

ナノ・ガントレットについて話し合うアベンジャーズ

「ローラ。」

「クリント?」

クリント・バートンとローラ・バートン

全てのインフィニティ・ストーンを所有しているトニー・スタークはブルース・バナーとロケット・ラクーンと共に、全てのインフィニティ・ストーンを収容し、着用者が全てを使用できるようにするナノ・ガントレットの製作を開始した。 彼らが製作を終えた時、彼らは誰が指パッチンすべきかについて話し合った。 ソーはそれを彼自身がすべきだと信じて、何か正しいことをしたいと思っていた。

インフィニティ・ストーンを使うハルクを見守るバートン

しかし、彼らはガンマ線のレベルを考慮するとバナーがそれを行う者でなければならず、他の誰かでは死んでしまうだろうということに気づいた。 バナーがガントレットを使う前に他のアベンジャーはスーツを着て、どんな爆風からも身を守れるようにし、バートンはシールドを生成したスタークの側に立っていた。 バナーがストーンの力に圧倒されると、彼は指パッチンをして、スナップを逆転させ、全員を元に戻した。

復活した妻から電話を受けるバートン

その後、バナーが床に倒れ、ガントレットが脱落した。 バートンはガントレットを蹴り飛ばし、誰にも動かさないように言った。 それから彼らはバナーの様子を確認し、突然、バートンの電話が鳴り始めた。 彼は自分の電話を確認し、それが彼の妻からだとをわかり、彼らが成功したことを明らかにした。 彼は電話に出て妻と話そうとしたが、突然、基地がサノスに襲われ、爆風に巻き込まれたバートンは基地の地下に倒れた。

アベンジャーズ基地の襲撃[]

瓦礫の下で目を覚ますホークアイ

「なんだ...あんたか。」

「父さん、ストーンを手に入れた。」

「何?」

ホークアイと2014年のネビュラ

ホークアイは新しいアベンジャーズ基地のアクセストンネルに落ちて、瓦礫の下にいることに気づいた。 彼は爆発の影響から立ち直るのに少し時間がかかった。彼は手首の懐中電灯をつけて自分の居場所を確認し、他のアベンジャーズに声をかけた。 ホークアイはその後、地面にあるナノ・ガントレットに気づき、後方の動きに気づいた。

アウトライダーに狙いを定めるホークアイ

ホークアイは弓を引いてすぐに振り返り、動きに向かってフレアアローを発射した。そこで彼はアウトライダーを垣間見た。 それから彼はガントレットをつかみ、クリーチャーから逃げ出し、インフィニティ・ストーンが悪の手に落ちるのを防ごうとした。 ホークアイがトンネルを通り抜ける時、彼はアウトライダーに襲われようとしていた為、トンネルに沿って爆破用の矢を備え付け始めた。

アウトライダーから逃げるホークアイ

その後、矢が起動し、アウトライダーが爆発に巻き込まれ、ホークアイはそれを避けた。 しかし、振り返ってみると、アウトライダーがまだ生きていて、彼に向かっていることに気づいた。 次に、彼は手首からグラップルアローを発射し、安全のために上に移動した。しかし、これでもアウトライダーを止められず、ホークアイを追いかけ続け、彼を捕まえるために上に登った。

アウトライダーを倒すホークアイ

それから彼は刀を抜き、冷酷なクリーチャー達をかわし始め、彼らが彼に飛び寄った時に半分に切り裂いた。 その後、彼は上に到達し、それらをすべて排除し、勝利をアウトライダーに叫んだ。 戦いに疲れ果てたホークアイは、ネビュラが近づいてくるのに気づいた時、しばらく休むために横になった。 彼女は別の時間軸から来た2014年のネビュラで、彼女が彼が共に働いていたネビュラではないことに気づかず、彼はガントレットを彼女に手渡した。

2014年のネビュラに銃を突き付けられたホークアイ

ネビュラが本性を明らかにした時、ホークアイは彼女がサノスにガントレットを渡すのを止めようとたが、彼女が彼に銃を抜いたために彼は動けなかった。 ネビュラが彼を殺す前に、彼女はガモーラと現在のネビュラによって止められた。 ネビュラがホークアイから銃を引き離して現在のネビュラに向けた時、彼は現在のネビュラが別のネビュラを殺そうとするのを見て、安全な場所に移動した。 何が起こったのか混乱したホークアイはガントレットを手に取り、基地から出て行く間、ガントレットを保護し続けた。

地球の戦い[]

ナノ・ガントレットを保持するホークアイ

「キャプテン!こいつどうすりゃいいんだ?」

「出来るだけ遠くへ運んでくれ!」

「ダメだ!元々あった場所に戻さないと。」

ホークアイとキャプテン・アメリカとブルース・バナー

スナップで消滅した全てのヒーロー達がサノスと彼の強大な軍隊との戦いに協力するために戻り、キャプテン・アメリカが襲撃を指揮した時、ホークアイは仲間のアベンジャーズ達と立っていた。 戦闘中、ホークアイはインフィニティ・ストーンを守り続け、ナノ・ガントレットを持って戦場を駆け抜けた。ガントレットを保持している間は適切に戦うことができなかったため、ホークアイは他のヒーローの助けを借りて、サノスの軍隊からの多数の攻撃を回避することができた。

地球の戦いで戦うホークアイ

全てのインフィニティ・ストーンを持っているため危険な立場にあるホークアイはキャプテン・アメリカにストーンをどうするべきか尋ねた。 彼はストーンを戦場から遠ざけるように言ったが、ハルクが介入し、ストーンを手に入れた元の場所に戻す必要があると言った。 アントマンはルイスのバンが戦場にあり、ストーンを戻すために使用できることを彼らに知らせた。 その後、ホークアイはバンに向かい、刀とリストボウでアウトライダーの軍勢と戦った。 彼がバンを追跡する中、エボニー・マウに発見され、彼に向けてサノスの軍を送った。ホークアイが巨大なクリーチャーが近づくのに気づいた時、ブラックパンサーによって救われた。ブラックパンサーは衝撃波を使って敵を撃破した。

ブラックパンサーに助けられるホークアイ

それから彼はホークアイを認め、彼の名で呼んだ。これは彼がアベンジャーズの衝突の間に知ったことであり、ガントレットを手渡すように彼に言った。 ホークアイは彼の方がより速く、サノスの軍隊を簡単に通り抜けることができることを知って、それに応じた。 ガントレットが手元にない状態でホークアイは完全に戦いに参加することができた。 ホークアイは他の全てのヒーローと共にサノスの軍隊と戦い、アイアンマンが全てのインフィニティ・ストーンを起動した事で彼らは勝利した。サノスの軍隊は全て消滅し、続いて狂えるタイタン人自身も消滅した。

アイアンマンに敬意を表し、跪くホークアイ

しかし、これはストーンの強大な力のためにアイアンマンの命を犠牲にしてもたらされた。アイアンマンが戦場で息を引き取った時、その場にいた全員が彼の周りに集まった。 ホークアイは何度も横で戦った友人を見て、敬意を表して、彼の死を悼みながら彼の前に跪いた。その後、それに気付いたブラックパンサーがヒーローの前に跪いて他の全員がそれに続いた。

家族が戻る[]

バートン一家の再会[]

遂に家族と再会するバートン

「出来ることならナターシャにも知らせたかったな。勝ったぞ。やり遂げたぞって。」

「知ってるわよ。2人とも知ってる。」

クリント・バートンとワンダ・マキシモフ

消滅した人々を戻すことに成功し、サノスを打ち負かした後、バートンはクインジェットに乗って家族がいる自宅に戻った。

妻と再会してキスするバートン

バートンが彼の家に近づくとライラ、クーパー、ナサニエルは外に出て父親と再会し、互いにハグをした。 バートンは子供たちを抱きしめた後、見渡して妻を見た。 彼とローラは互いに歩いて行き、ハグをした。 家族が戻ってきたため、バートンは引退生活に戻ることができた。

トニー・スタークの葬儀に参列するバートン一家

バートンと彼の家族は彼の友人であり仲間のアベンジャーであるトニー・スタークの葬式に出席した。 バートンはスタークの家族、ハッピー・ホーガン、ジェームズ・ローズ、残りのオリジナルのアベンジャーズメンバーと共にスタークの家の中に集まり、スタークがタイム泥棒の前に残した録音されたメッセージを見た。 彼らが立って見守る中、スタークのアーク・リアクターが湖に流された。

互いに慰め合うバートンとワンダ・マキシモフ

その後、バートンは親友のワンダ・マキシモフと再会し、ナターシャ・ロマノフに全員を連れ戻すことに成功したことを知らせたいという彼の願望を彼女に打ち明けた。 マキシモフはロマノフがヴィジョンと同様にその事を知っていると彼に保証した。 二人はそれから彼らの近しい人々の喪失について互いを慰めた。 その後、バートンと家族は家に帰り、自宅で共に生活を続けた。 何年にも渡って受けた爆発の影響でバートンは右耳が聞こえなくなり、左耳に補聴器が必要になった。

ニューヨークにクリスマス旅行[]

『ロジャース:ザ・ミュージカル』を鑑賞するバートン

「ねえ、観たくないんだったら別に無理しなくていいんだよ。彼女がいなくて寂しいよね。パパの親友だったし。」

ライラ・バートン

2024年12月、バートンはニューヨーク市の『ロジャース:ザ・ミュージカル』に招待された為、クリスマスプレゼントとして子供たちを連れて行くことにした。 しかし、バートンはニューヨーク決戦など彼が参加していた出来事を伝える内容だった為、ショーの間に不快になり、補聴器を一時的にオフにした。 更にナターシャ・ロマノフを思い出させた為、バートンはショーを見るのが辛くなり、観覧席を去ることに決めた。

娘に慰められるバートン

トイレにいる間、バートンは自撮りを懇願するファンに接近されたが、それが不適切だった為、拒否した。 バートンはそれから外に出て、すぐにライラが駆け寄った。ライラは親友の喪失がまだ彼に影を落としている事を理解しており、劇場から去っても良いと彼に言った。クーパーとナサニエルが出てきた時、彼らは中華レストランで夕食をとることに決めた。

家族とのディナー[]

子供たちとディナーを楽しむバートン

「やる事がいっぱいある。楽しいぞ。でも一番大事なのは全部みんな一緒にやるってことだ。」

クリント・バートン

夕食を食べていると、確認ためにローラから電話がかかり、一緒にクリスマスの計画を立てた。 食事が終わると、チタウリの侵略時にバートンとアベンジャーズが従事した仕事に感謝して、ウェイターが彼らに頼んでいない料理を持って来て、お代は結構だと言った。バートンは不服に思った。主題を変えて、バートンはニューヨーク市で最大のクリスマスツリーを見に行くことを提案し、ナサニエル・バートンは残りの夜を楽しんだ。

ローニンの復活[]

ケイト・ビショップに出会う[]

ホテルの部屋にいるバートンと子供たち

「あなた...ホークアイでしょ!」

「君は誰だ?」

「ケイト・ビショップ。」

ケイト・ビショップとクリント・バートン

バートンは子供たちをホテルの部屋に連れ戻した後、『NY1』のレポートで、何者かがローニンのスーツを着て、犬を助けている姿が発見され、それに対処するために外出する事を余儀なくされた。

ケイト・ビショップと対峙するバートン

バートンはトラックスーツマフィアとの戦いに従事していた個人を追跡し、マフィアと戦い、楽に打ち負かした。その後、バートンは新しいローニンを引きずり出し、マスクを外したが、彼女がまだ若者だと分かり、彼女を傷つけなかった。ケイト・ビショップはバートンに自己紹介し、バートンはどこでスーツを着用したのか尋ねたが、彼女は憧れのヒーローにショックを受けて答えることができなかった。サイレンを聞いたバートンはビショップを助けることを決心し、彼女を彼女のアパートに連れ戻す間、歩きながらお互いについて質問した。

トラックスーツ・マフィアに攻撃される[]

ケイト・ビショップにスーツについて尋ねるバートン

「これを着てた奴は大勢に恨まれてる。トラックスーツマフィアにも。」

クリント・バートン

彼女のアパートに戻った時、バートンはケイト・ビショップに状況について質問し始めた。バートンはビショップにローニンのスーツを脱ぐように言い、そして彼女は闇市場のオークションからスーツを手に入れ、トラックスーツマフィアと戦うために身に着けたと説明した。アパートの中に入ると、バートンはゴールデンレトリバーに迎えられたが、ビショップは実際には彼女の犬ではないと言った。ビショップはバートンに彼女の弓にサインできるか尋ねたが、彼は彼女に質問を続け、彼女が怪我をしていないか尋ね、誰かが彼女の顔を見たり、誰かに尾行されていないかを確認した。

トラックスーツ・マフィアに襲撃されるバートン

ビショップはそれから犬を入れるためにアパートに来た事に気づき、それはトラックスーツにアパートまで尾行させる事になり、そして彼らは建物の中に火炎瓶を投げ始めた。 バートンはそれを掴んでトラックスーツに投げ返し、ビショップは彼らに矢を放った。 バートンはローニンのスーツが火の中にあるのを見たが、ビショップが炎を消すことができなかった後、彼らはスーツを諦めて、燃えている建物から逃げることを余儀なくされた。

マフィアから逃れる[]

マフィアから逃げるバートンとケイト・ビショップ

「この後はどうする?ねえ、隠れ家に行くの?アベンジャーズ・タワー?」

「あれはトニーが売った。何年か前に。」

ケイト・ビショップとクリント・バートン

バートン、ケイト・ビショップ、ゴールデンレトリバーは地下鉄の駅に向かい、そこで電車に乗ってトラックスーツマフィアから離れ、物資を手に入れようとした。 バートンが店からいくつかのアイテムを購入した時、彼は隠れ場所を考えようとし、ビショップはアベンジャーズ・タワーを提案したが、バートンはトニー・スタークが何年も前に売ったと知らせた。ビショップはバートンを叔母のアパートに連れて行くことに決め、バートンはローニンのスーツを取りに行くためにアパートに戻ろうとした時、彼女にそこに留まって、傷を綺麗にするように言った。

スーツを探す[]

ローニンのスーツが紛失したことを知るバートン

「スーツはあった?」

「いや。」

「手がかりはある。」

「どうして?」

ケイト・ビショップとクリント・バートン

ケイト・ビショップのアパートに戻った時、バートンはニューヨーク市の消防局が既に現場に到着しているのを目撃した。バートンは消防士になりすまして、アパートに忍び込み、ローニンのスーツを探したが、失くなっていた。 外に戻ると、バートンは消防車の『NYCLARPers』のステッカーに気づいた。

ケイト・ビショップの傷を処置するバートン

アパートに戻ったバートンは傷の処置の仕方を間違えていたビショップを見かねて、彼女のために処置を施し、スーツを取り戻すことができなかったと彼女に言った。 その後、バートンは『NYC LARPers』を検索し、グリルズという男がスーツを着ていたことを発見した。ライラからテキストを受け取ったバートンは荷物をまとめるように彼女に言ったが、状況に対処するために留まらなければならなかった為、彼らと一緒に去ることはできないことをわかっていた。

ニューヨークの滞在期間を延長する[]

子供たちと別れるバートン

「問題はアピール。」

「俺の問題は君だ。それと忍者のスーツとそれのせいで君を狙ってる奴ら。それを今日のうちにまとめて解決する。そしてウチに帰る。」

ケイト・ビショップとクリント・バートン

翌朝、バートンは子供たちに別れを告げたが、ライラが前夜に彼がいなくなったことを心配した時、彼は彼女に全て上手くいくとクリスマスまでに家に帰ることを保証した。

ケイト・ビショップと歩くバートン

その後、バートンはビショップの元に戻り、そこで彼らはローニンの姿をしたビショップがアーマンド・ドゥケイン3世の死に関係しているのではないかとする『NY1』のニュースを観た。バートンはビショップを安全のためにアパートに残そうとしたが、彼女は外に出ると主張した。彼らがタイムズスクエアを一緒に歩いていると、バートンはビショップに左耳が聞こえないことを説明し、ホークアイとしての彼の認知について話し合い、ビショップはバートンの問題はブランディングだと言った。

ケイト・ビショップに別れを言うバートン

バートンはホークアイとして何も売ろうとしていないと主張したが、ビショップは彼が彼女にインスピレーションを与えたのと同様に彼がインスピレーションを与えることができ、人々は誠実さを望んでいると彼に知らせた。 ビショップセキュリティ本社前に着いた後、バートンは緊急時のためだけに使う番号を交換し、別れようとした。ビショップが彼からもっと学びたいと思っているにも関わらず、バートンは彼らが会うのはこれが最後かもしれないと言った。

LARPへの参加を余儀なくされる[]

LARPに参加するバートン

「あんたスーパーヒーローだろ。俺にはこれがヒーローに近づけるチャンスだ。頼むよ。殺させてくれ。」

「サノスとも戦った。」

グリルズとクリント・バートン

バートンはLARPが開催されていたセントラルパークに到着したが、入場できなかった為、不本意ながら参加してスーツを手に入れようとした。 ルールを教えられ、鎧を渡された後、バートンは公園を通り抜け、そこで彼は優れた戦闘能力で多くのラーパーを撃退した。

グリルズからスーツを取り返すバートン

それから彼はグリルズに遭遇し、決闘でバートンを「殺させて」くれたら、スーツを返すと約束した。バートンは当初、LARPを長引かせることに反対していたが、グリルズがスーパーヒーローになる唯一のチャンスだと言われ、バートンはグリルズに彼を「殺す」ことを許可したバートンはようやくスーツを取り戻し、グリルズとの経験を楽しんだと言った。

トラックスーツマフィアに捕らえられる[]

妻に連絡するバートン

「スーツだが。こいつは偶然来たんだ。意味もわからずな。こいつはローニンじゃない。」

クリント・バートン

バートンはローラに電話して、飛行機に乗り遅れることになり、ニューヨーク市にもう1日だけいる必要があることを知らせた。 ローラはローニンのスーツがどうなっているのかと尋ねた為、彼は取り戻したと言い、クリスマスまでに家に帰ることを約束して、トラックスーツマフィアとケリをつけなければならず、 バートンは誘き出すつもりだと説明した。ローラはナターシャ・ロマノフの得意技の1つだと言った。 彼女はそれから彼に子供たちとお菓子の家を建てていると言い、彼が居ないと捗ると言った。

捕えられたバートンとケイト・ビショップ

バートンは外で待っていて、すぐにトラックスーツに囲まれた。トラックスーツは彼をバンに連れ込み、隠れ家に戻した。 倉庫で、バートンは彼が彼らが思っている人物ではないことを知らせ、トラックスーツがその人物がケイトビショップだと言ったが、バートンは彼女が誰なのか知らないと否定し、彼らのボスと話したいと頼んだ。 その瞬間、ビショップが天窓から墜落し、すぐにトラックスーツに銃を突きつけられ、彼女とバートンは縛られた。

ケイト・ビショップに腹を立てるバートン

バートンとビショップは子供向けの乗り物に縛られていた為、コイン式の馬に乗ることを余儀なくされ、朝までトラックスーツに罵倒された。トラックスーツが彼らから離れた時、バートンはビショップに彼女が捕まるまでローニンスーツと彼女の関連は無いと説得していたところだったと説明した。その後、トラックスーツのリーダーであるマヤ・ロペスと対峙した。マヤ・ロペスはバートンの補聴器に気づき、彼女のように耳が聞こえないかどうか尋ねたが、彼は難聴だと説明した為、彼女はカジ・カジミエルザックに通訳させた。

マヤ・ロペスと対峙するバートン

ロペスは補聴器が必要なことでバートンがテクノロジーに依存していることを指摘し、補聴器がない方が良いかもしれないと示唆した。バートンはビショップはローニンではなく、誤ってスーツを着ただけであると説明し続けたが、ロペスはローニンがまだ存在している可能性があると言って、確信を持てなかった。バートンはローニンがブラック・ウィドウに殺されたとロペスに話したが、彼女はまだ彼を信じていなかった為、ビショップに質問し、バートンに拘束を解く隙を与えた。

マヤ・ロペスと戦うバートン

トラックスーツが話し合っている間、バートンはビショップに彼女の自信過剰さを利用するように言い、脱出を試みた。バートンはトラックスーツによって倉庫で追いかけられた。 バートンは何人かのトラックスーツを巧みに回避したが、ロペスとは互角に渡り合い、彼女に補聴器を壊された。バートンは何とか弓と矢筒を取り戻し、ロペスの頭の側に2本の矢を撃ち、ビショップを解放し、残りのトラックスーツを打ち負かすことでロペスを圧倒することができた。

カーチェイス[]

ケイト・ビショップと話そうとするバートン

「普通の矢はもう無い。」

「どういう事...これトリック・アロー?」

クリント・バートンとケイト・ビショップ

トラックスーツ・マフィアが彼らを追跡する中、バートンとケイト・ビショップは外に出て、車を盗もうとした。補聴器が壊れていた為、バートンはビショップの声を聞き取ることができなかった。 その後、トラックスーツが外に出て、バートンは追い払ったが、すぐに複数の車両に追われた。

敵を蹴散らすバートンとケイト・ビショップ

ビショップはトラックスーツと戦うために矢で一杯のバートンの矢筒を取り出したが、バートンは彼女にトリック・アローしか残っていないと警告すると、彼女が興奮した。各々の矢の用途が分からないビショップは爆破用の矢から吸盤矢まで様々な機能を持つ矢を発射した。 ビショップが射撃しやすくする為に彼は後ろ向きに運転した。 バートンは後ろ向きに運転して彼女の射撃を改善し、各車両を排除し、マヤ・ロペスが運転していた車両の1台だけを残した。

2人で狙いを定めるバートンとケイト・ビショップ

追跡は橋まで続き、そこで彼らはロペスの車に追いつかれた為、バートンは運転中にトーマスと戦い、ビショップが煙幕矢を放ち、彼らは先に進んだ。道路が渋滞によって遮断され、カジ・カジミエルザックが彼らに向かって車を突っ込んで来る気だと気づき、バートンはビショップにピム粒子を含む矢を撃ち、矢を拡大し、接近するバンを破壊するように上向きに矢を放つように指示した。

マフィアから逃れるバートンとケイト・ビショップ

トラックスーツからの攻撃を受ける中、バートンは急いで吸盤矢を手に取って、すぐにビショップに元に戻った。バートンとビショップは橋から飛び降り、2人とも弓を持って落下すると、バートンはグラップルを放って、通過する電車に向かってスイングし、吸盤矢でしがみついた。彼らは電車に乗り込み、バートンは彼女の努力に感銘を受け、世界で最も偉大なアーチャーの一人だというビショップの主張を認めた。電車の中で息を吐いている間、彼らは犬を散歩させる必要があることに気づいた。

新しいパートナーを得る[]

ケイト・ビショップに助言する[]

電話で息子と話すバートン

「これは代償を伴う。」

「これって?」

「君が望む人生だ。人を助けること。助けようとすることは大きな犠牲を伴う。何かを失うんだ...永遠に。」

クリント・バートンとケイト・ビショップ

彼らはケイトビショップの叔母のアパートに戻ったが、バートンはまだ耳が聞こえなかった。 翌朝、彼はナサニエルから電話を受けたが、彼の声が聞こえなかった為、ビショップに彼が言っていることを書き留めてもらい、バートンは理解できた。 バートンは息子にクリスマスには家に帰ることを約束し、ビショップに助けてくれたことを感謝した。

スーパーヒーローになることについて話すバートン

バートン、ビショップ、そして犬は補聴器を修理するために聴覚学者のところに行った。そこでビショップはバートンを『ホークイヤー』と呼んで揶揄った。それから彼らは一緒に朝食を取りに行き、そこでビショップは彼女が夢見ていたことをどのようにやっているか、そして彼女が誰であるかについて話し、そしてバートンは彼が同じことを感じた事があったと指摘した。 しかし、バートンはビショップにスーパーヒーローの生活には犠牲と人を失うという代償が伴うことを教えた。

コスチュームについて話し合うバートン

しかし、ビショップはトリック・アローやクールなコスチュームなど、スーパーヒーローになることで得られるものがあると答えた。 ビショップは彼のブランディングの問題を解決するには彼のコスチュームをより派手にする必要があると言い、バートンは彼女が翼のある潜在的な紫色のコスチュームの絵を見せた為、過去20年間の彼の仕事は目立たない事だったと説明し、ヘルメットのアイデアをすぐに却下した。

ロールモデルではないと主張するバートン

その後、ビショップはローニンについて話し始めた。バートンがローニンの正体を明かせないのは彼の近しい人物なのではないかと聞いた。バートンは会話を彼のコスチュームに戻し、彼は幽霊でなければならない為、派手なものを着ることはできないと言った。 そしてこのコスチュームを着たら、彼の妻は彼と離婚するだろうと言った。バートンは彼がロールモデルではないと言ったが、ビショップは彼女が危険にさらされていたために家族を離れて彼女を助けてくれたと言い、今では彼らがパートナーとして一緒にいると指摘した。

トラックスーツ・マフィアを調査する[]

ケイト・ビショップにマフィアのボスについて教えるバートン

「最初は少人数だった。トップの男は組織のためなら何でもやる。」

「マヤがボスじゃないの。」

「マヤの上にもう1人いて、関わっちゃまずい奴だ。」

クリント・バートンとケイト・ビショップ

セントラルパークで犬を散歩させている間、バートンとケイト・ビショップはトラックスーツ・マフィアについて話し合い、バートンは彼らの操る人物について説明した。バートンはビショップにボスは過去にローニンに彼の取引先とトラックスーツの上層部を潰されたことを明かした。

タクシーでケイト・ビショップと話すバートン

バートンはオークションでトラックスーツが何を狙っていたのか疑問に思い、新しいアベンジャーズ基地の物が世の中に出回っていることに不満を言った。次に、ジャック・デュケインがトラックスーツと繋がりがある可能性について話したが、バートンはビショップの理論に納得していなかった為、彼女の母親のファイルからより多くの証拠を入手することにした。

ジャック・デュケインに見つかるバートン

バートンとビショップ、犬はビショップ邸に忍び込み、家の大きさに驚きつつ、コンピューターに向かった。バートンはビショップにカジ・カジミエルザックを探すように言った。そこで彼らは彼がスローン有限会社の従業員であることがわかった。物音を聞いて、バートンはビショップがファイルを見ている間、家の中を見て回ったが、バートンの刀を彼の首元に向けたデュケインに止められた。

性格[]

情に厚い正義漢だが、基本的には冷静沈着で孤独を好む。テッセラクトの警備をしていた際は、天井の端に陣取った様子からセルヴィグに「巣を作ってる」とからかわれた。

弓による射撃能力には自信を持っており、目標を見ずに仕留めることもある。ただの人間である自分が超人たちと共にアベンジャーズの一員として戦えることに誇りを感じている。

力と能力[]

  • 熟練した射手:鋭い視力と反射神経をもつバートンは弓の達人であり、一瞬のうちに複数の矢を放つ。さらに複数のターゲットを同時に射抜き、非常に小さいターゲットでも遠くから射抜くことができる。目標を見ずに射ることも可能。
  • 生身での戦闘技術:バートンは、S.H.I.E.L.D.の精鋭として様々な訓練を積んだ戦闘員である。身体能力も高く、格闘戦にも優れる。
  • 潜入・諜報能力:スパイ、諜報員としての能力にも長けており、S.H.I.E.L.D.エージェント時代はナターシャと共に数々の任務をこなしていた。
  • 銃器のエキスパート
  • 車両、航空機の運転技術

装備と武器[]

  • 矢と矢筒:ホークアイの矢筒には矢と多数の異なる鏃が収められている。弓のダイヤルを回すことでこれらの鏃を矢に固定し、様々な種類の効果を持つ矢を放つことができる。鏃には小型の爆弾がついたものやグラップルラインとして使えるもの、射った直後に割れて拡散するものなどがある。後にトニー・スタークの手によって大幅な改良が施され、さらに多くの矢、そして多種多様かつより優れた性能の鏃が装備できるようになった。
  • :ホークアイの弓は折りたたみ式で軽く、矢筒や鏃を操作するためのコントローラーと各種照準器、レーザーサイトがついている。トニーの手で改良されたものは、弦を内側に畳み込むことでロッド状に変形し格闘戦用の武器にもなるが、ブラックパンサーとの戦闘であっけなく破壊されてしまった。ムジョルニアの警護任務に就いた際は複合弓(コンプレックスボウ)を使用していた。
  • スピードローダー:トニーによって開発された装備。手に取り付けて使用することで9本の矢を同時に装填・発射することが可能。

トリビア[]

  • コミックでは、ホークアイはボビー・モースの元夫であり、アルティメット・コミックでローラという女性と結婚した。 シビル・ウォー終焉の間に、バートンはローニンと名乗り、ケイト・ビショップにホークアイの名を与えた。
  • 『キャプテンアメリカ/ウィンターソルジャー』、『アベンジャーズ/エンドゲーム』、『ブラック・ウィドウ』で、ナターシャ・ロマノフは、バートンとの友情の証として、矢のペンダントが付いたネックレスを身に着けていた。
  • 『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』で、バートンがアントマンを矢じりに乗せてトリック・アローを発射するシーンは『アベンジャーズVol 1#223』の表紙がモデル。
  • 『アベンジャーズ プレリュード:フューリーズビッグウィーク』でバートンはパット・ベネターの 『Hit Me with Your Best Shot/強気で愛して』のファンであることが明かされている。
  • 『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』で、バートンがヴィジョンと戦うときに「ストレッチするべきだった。」と言ったが、これはジェレミー・レナーが緊張するたびにストレッチする姿をファンの間で『レナーストレッチ』と呼ばれているジョークへの言及。
  • ホークアイは、『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』前のフェーズ2の作品と『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』に登場しなかった唯一の初期アベンジャー。
  • ジェレミー・レナーは左利きだが、キャラクターが両手利きであるため、『マイティ・ソー』では右手から、『アベンジャーズ』では左手から射撃するのが確認できる。ただし、彼はたいてい左手を使って矢を放つ。
  • ホークアイは元々『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』に出演する予定だったが、ジョーとアンソニー・ルッソ監督の判断で出演が消えた。
  • ジェレミー・レナーは、『マイティ・ソー』の出演と『ブラック・ウィドウ』の声の出演でノンクレジットで登場している。
  • ジェンセン・アクレスは『アベンジャーズ』でホークアイ役をオファーされたが、『スーパー・ナチュラル』のスケジュールの兼ね合いで出演を断った。
  • アレックス・チャンスキー、アダム・ブラショウ、カイル・マクリーン、マーク・R・ミシオネ、リチャード・バーデンは、ホークアイ役のジェレミー・レナーのスタントダブルを務めた。
  • アーロン・ワージントンは、ホークアイ役のジェレミー・レナーの代役とダブルを務めた。
  • ホークアイは、単独主演映画が無い唯一の初期アベンジャー。映画自体は計画されていたが、製作には至らなかった。しかし、テレビシリーズでの単独主演を果たす唯一の初期アベンジャーとなった。
  • ジョス・ウェドンは、『アベンジャーズ』の脚本でホークアイの詳細なバックストーリーを書いていたが、尺の都合上、破棄された。計画の初期段階では、バートンはサーカスのパフォーマーであり、チームと戦うために犯罪者によって訓練された。これは彼の616コミックでの最新の設定に基づいている。
  • ホークアイは当初、『アイアンマン2』でデビューする予定だった。
  • 『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』の元の脚本では、ホークアイは物語の早い段階から登場しており、バッキー・バーンズのベルリンへの護送をサポートするというものだった。このシーケンスでは、彼は洗脳されることについてバーンズと対話し、『アベンジャーズ』でロキによって洗脳されたときの話をバーンズに教えた。

ギャラリー[]

Galleryの内容を入れてください。

Advertisement