マーベル・データベース wiki
Advertisement

「私は愛してくれる人を裏切ってきた。父上を裏切ってきたし、兄上も...故郷もだ。みんなを裏切った。何故そうしたかわかってる。あの私とはもう違う。 」

ーロキ

ロキ・ラウフェイソンはソーの養弟であり、彼と共にアスガルドで育った。 成人期にロキの陰謀により、テッセラクトを手に入れる為にチタウリに命じて地球への攻撃を開始するように指揮したが、アベンジャーズによって阻止されて彼は敗北した。 しかし、インフィニティ・ストーンを手に入れるために未来から時を経て旅をしてきた別のグループのアベンジャーズの介入により、彼はテッセラクトを盗み、ワームホールを作って幽閉から逃がれることに成功した。

ロキが時間軸を分岐させた事で時間変異取締局に逮捕されたため、ロキの逃走は短期間に終わった。彼は当初TVAに反抗し、拘束から逃れようとしたが、元の時間軸で起こる両親と彼自身の死の未来を見た後、最終的に彼らに協力する事に同意した。 その後、ロキはメビウス・M・メビウスによって組織に採用され、 彼自身の別の変異体を追い詰めたが、彼は変異体がシルヴィ・ラウフェイドッティルだと知り、ロキはすぐに彼女と同盟を結んだ。TVAが嘘の上に成り立っていることを知ったロキはシルヴィがタイムキーパーズを追跡するのに協力したが、彼らが在り続ける者によって作られた偽りの存在だった事が判明した。ロキとシルヴィは在り続ける者から彼を殺した場合、彼の変異体が現れるだろうと警告されたにも関わらず、シルヴィがロキを裏切って彼を別の時間軸に追いやり、在り続ける者を殺害した後、ロキはこれらの行為が征服者カーンを台頭させ、TVAを支配させるに至った事を知った。


経歴[]

初期の存在

アベンジャーズへの挑戦

「君は王になるために生まれたにしては負けっぱなしだな。負ける運命なんじゃないか?」

「私にそれと同じ事を言った奴は酷い目にあったぞ。」

「ああ、フィル・コールソンだろ。アベンジャーズは君を倒して、彼の仇を打つため、結成されたんだろ?」

メビウス・M・メビウスとロキ

ロキはラウフェイの捨てられた息子としてヨトゥンヘイムで生まれたが、彼はアスガルドのオーディンによって発見され、ソーと共に育った。 しかし、本当の出自を知ったロキはアスガルドを征服しようとしたが、敗北した。その後、ロキはサノスと同盟を結び、サノスにセプターとチタウリの軍隊を与えられ、地球を征服しようとした。しかし、ロキの任務は、ロキと彼のチタウリ軍と戦ったニューヨーク市のアベンジャーズによって妨害された。

タイム泥棒[]

S.H.I.E.L.D.から逃げる[]

「救出活動の指揮を取ってくる。」

「『救出活動の指揮を取ってくる。』全くお堅いねぇ。聞いてて反吐が出る。」

キャプテン・アメリカとロキ

アベンジャーズに捕らえられたロキ

別の時間軸の2012年では、ロキはニューヨーク決戦でアベンジャーズに敗北した。メインの時間軸から来たアベンジャーズの別のグループがその戦いで使用された2つのインフィニティ・ストーンを手に入れるために状況を観察している事に気づいていなかった。ロキはキャプテンアメリカを嘲笑すると、ソーにアズガルドの口枷で口を封じられ、アベンジャーズによってスターク・タワーの1階に連行され、そこでロキ、テッセラクト、セプターの管理を交渉するために到着したアレクサンダー・ピアースに遭遇した。この時、ロキはスターク2人分のコロンの匂いがしたため、別のトニー・スタークが彼を止めるために過去にタイムトラベルしてきたのではないかと疑った。

トニー・スタークの心停止に反応するロキ

ソーとトニー・スタークはピアースと議論し、ロキがアスガルド人によって裁きを受けなければならないならないとソーは指摘したが、ピアースは納得しなかった。 突然、スタークは心停止を起こし、ピアースとアベンジャーズは彼の世話を始めた。 混乱の中、動揺したロキはアントマンがS.H.I.E.L.D.の警備員に変装した未来のトニー・スタークにテッセラクトの入ったブリーフケースを蹴った事に気づいた。スタークはテッセラクトを回収したが、彼が外に向かった時、階段から降りて来てドアを勢いよく開けたハルクに吹き飛ばされた。

テッセラクトで逃亡を図るロキ

ハルクの干渉により、テッセラクトはロキの足元に滑り込み、ハルクによって引き起こされた騒動を利用して、ロキはテッセラクトを手に取り、ポータルを開いて幽閉から逃れるためにそれを使用した。 ソーが何とかスタークのアーク・リアクターを再起動した後、彼は後ろを振り返ってロキが既にいなくなっている事に気づいた。スペース・ストーンと一緒にテレポートして、ロキは別の時間軸で分岐した現実を作り出した。


TVAに捕らえられる[]

ゴビ砂漠に墜落するロキ

「今日は大変だったんだ。可笑しなスーツを着た奴に指図されるのはもううんざりだ。これは私ではなくお前らにとってのラストチャンスだ。わかったらそこをどけ。」

ロキ

ロキはテッセラクトを使用して作り出したポータルから飛ばされた後、モンゴルのゴビ砂漠に不時着した。 ひどく損傷した口枷と手錠を外した後、ロキは彼を見つけたモンゴルの地元の人々の集団よりも優れた存在だと示す為に岩の上まで走って、そこに立った。彼は彼らにアスガルドのロキだと自己紹介したが、彼らは理解できず、彼の突然の登場に疑問を呈した。

TVAに遭遇するロキ

その後すぐに、時間変異取締局はそのエリアを調査するために数人のミニットメンを派遣した。 困惑したロキはミニットメンに近づき、テッセラクトに触れないように言った。 ハンターB-15が到着し、ロキが時間軸に標準のシーケンス違反を作り出したことを通告し、彼は変異体であると述べ、ロキをさらに困惑させた。 ハンターB-15は彼を神聖時間軸に対する罪で逮捕すると宣言し、降伏するように彼に言った。

ハンターB15の武器で減速させられるロキ

ロキは彼らが再び誰であるか尋ねたが、ハンターB-15は答える代わりに彼女の時間減速バトンを起動した。 その後、ロキはニューヨーク決戦の後から彼にとって非常に長い1日だったと言い、彼の周りを鎧のスーツを着た馬鹿共が包囲している事に言及し、これが彼らの最後のチャンスであり、彼の側から離れるように警告した。しかし、ハンターB-15はロキを時間減速バトンで殴打し、1/16の速度にして、首輪を装着した。 その後、ミニットメンはロキとテッセラクトを連行し、モンゴルを去った。

TVAに辿り着く[]

時間変異取締局のオフィスに入るロキ

「間違いだろ!なぜ私が!」」

「どうも!あなたはきっと『間違いだろ。なぜ私が。』って言ってますね。時間変異取締局へようこそいらっしゃいました。私はミス・ミニッツです。これから裁判で罪を裁かれるあなたのお手伝いをします。」

ロキとミス・ミニッツ

その後、ロキはハンターB-15に時間変異取締局の事務所に連れて行かれ、周囲を調べようとした。ハンターB-15はケイシーが運営している受付で彼を止め、マーティンがTVAハンターに押されているのを目撃した。 ロキはチャンスを見計らい、逃げ出そうとしたが、ハンターB-15がタイムツイスターを起動し、彼女の隣に戻した。

ハンターB15を脅すロキ

その能力に衝撃を受けたロキはハンターB-15がロキを強制的に移動させる前にさらに数回試みた。 彼女はケイシーに近づき、彼にテッセラクトを渡して、先に進む前に証拠として記録するように言ったが、ケイシーはそれが何であるかを疑問視し、ロキはそれが何であるかを答え、それを非常に注意深く扱うように言った。起訴プロセスに近づくと、ロキはハンターB-15を脅迫し、彼を逮捕するとどういう結果になるか考えろと彼女に言ったが、ハンターB-15は動じず、ロキを部屋に押し込み、彼の後ろで扉を閉じた。

変異体処理ロボットに服を脱がされるロキ

房に閉じ込められると、変異体処理ロボットが起動し、ロキの威厳ある鎧を取り除こうとし、彼を動揺させた。 ロボットは服を脱がそうとし続けたが、ロキは抵抗し、それはアスガルドのレザーであり、彼は脱がす事を許可しないと言った。 しかし、ロボットはロキに動かないように言い、彼の鎧と衣服をすべて消滅させ、何も着ていない状態にした。その後、床が開いて落下し、時間変異取締局の囚人のジャンプスーツを着用し、別の部屋に着地した。

自分の発言の全てに署名するロキ

その部屋で、ロキはTVAの事務員に会い、そこでロキに書類の山を渡し、彼の人生でこれまでに言ったこと全てを検証するためにリストへの署名を求めた。 それが何を意味するのか分からなかったロキは彼の困惑の表情を浮かべ、ばかげていると言った。 しかし、従業員の隣のプリンターがロキの困惑の言葉を表記し、彼にその紙を渡して、その紙にも署名するように言った。 ロキはこれ以上書類に署名するのは避けたかったため、黙って義務を果たし、書き終わったと同時に別の場所に落とされた。

ロボット探知機の部屋に入るロキ

ロキは次の処理室にいることに気づいた。そこでTVAのスキャナー担当員が彼が本当にロボットではなく、彼の知り得る限り有機的に生まれた存在であることを確認するように彼に言った。 ロキはもし自分がロボットだと知らなかったらと質問したが、スキャナー担当員はただロキの協力に感謝し、ロボット検出機を通過するように指示した。 しかし、ロキは躊躇し、自分がもしロボットだった場合どうなるのか尋ね、苛立った担当員は彼が消滅する事になるだろうと言った。 十分に躊躇した後、ロキは無事に通過する事に成功した。

待合室を通過するロキ

担当員はロキに一時的なオーラを見せた後、次のドアにロキを促し、待合室に入って再びマーティンに会った。ミニットマンの警備員はマーティンにチケットを取るように言った。 警備員がチケットを取るように命じた時、ロキはチケットベンダーに近づいたが、ここには2人の変異体しかないことに気づいた。 しかし、警備員が取るように主張したため、ロキはチケットを取り、誰もいない待ち列を通過した。時間をかけてナビゲートしていると、ロキは自分がここにいるべきではないと大声で叫んだが、誰も彼の主張を気に留めなかった。

ミス・ミニッツの説明を観るロキ

しかし、すぐにミス・ミニッツがPAシステムでロキの発言を繰り返し、部屋のテレビの画面に姿を表し、視聴者にTVAについて紹介した。 ロキは「神聖時間軸」を作成することによってタイムキーパーがどのように多元宇宙の秩序を回復したか、そして変異体がどのように神聖時間軸を逸脱し、意図せずにネクサス(分岐)イベントを作成し、それらをTVAが監視しているというミス・ミニッツの話を奇妙な様子で見ていた。 ミス・ミニッツはメッセージを終える前に裁判に立つ準備ができている必要があることを視聴者に伝えた。

無惨に消されるマーティンを目撃するロキ

ロキはミス・ミニッツが言ったことを全て見聞きして、タイムキーパーズと神聖時間軸の正当性を嘲笑して疑問を呈し、ミス・ミニッツが語った物語を誰が本当に信じているか質問した。他の場所に注意を向けると、ロキはマーティンがミニットマンとチケットについて議論しているのを見て、マーティンはチケットを持らえなかったと嘘をついた。 マーティンがチケットを持っていないことについて嘘をつき続けた時、ミニットマンはバトンでマーティンを存在を抹消した。 恐怖を感じたロキは必死にチケットを取り出して、チェックインの準備をした。

レンスレイヤーに裁かれる[]

ラヴォーナ・レンスレイヤーに裁きを受けるロキ

「予定通りじゃなかった?誰がそう言ってる?」

「タイムキーパーたち。」

「ああ、タイムキーパーか。なるほど。そのタイムキーパーってのと話がしたい。神同士で。」

ロキとラヴォーナ・レンスレイヤー

その後すぐに、ロキは時間変異取締局の裁判官であるラヴォーナ・レンスレイヤーの前に立たされ、彼女は彼の容疑をシーケンス違反とした。 彼女はロキにどのように告発を弁護するか質問し始め、彼はそれに答えて、神は弁護しないと言って、彼が家に帰ることができるかどうか尋ねた。代わりに、レンスレイヤーは彼に有罪か無罪かを尋ねて質問を繰り返した。ロキはレンスレイヤーに悪戯の神であり、これら全てを不必要に見つけた罪を犯したが、神聖時間軸に対する犯罪ではないと語った。 その後、レンスレイヤーは代わりに誰に責任を負わせるべきかを尋ね、ロキはアベンジャーズがタイム泥棒を行った事がこの状況に陥ることになった原因であり、アベンジャーズを疑うべきだと答えた。

アベンジャーズに尋問すべきだと提案するロキ

その後、ロキは証拠としてトニー・スターク2人分の匂いを嗅ぐことができるはずだと言い、特殊部隊を与えてくれれば彼らを始末すると申し出た。レンスレイヤーはアベンジャーズがタイム泥棒を行うことは意図されていたが、ロキの脱出は起こらないはずだったと説明した。レンスレイヤーはもう一度ロキが無実かどうか尋ね、ロキは有罪だと答え、魔法で部屋の全てのエージェントに攻撃しようとした。残念ながら何も起こらず、ロキは彼の力が発動しない理由を尋ねた時、ハンターB-15とレンスレイヤーにTVAでは彼の力は発動しないと説明された。レンスレイヤーがロキを消して処罰することを計画した時、ロキは激怒し、彼の物語がどのように終わるかを決めさせないと言ったが、レンスレイヤーはそれが彼の物語ではないと言った。ロキは彼らに彼が何ができるのか見当がつかないと言うと、エージェント・メビウス・M・モビウスが介入してロキを連れて行くことを提案し、レンスレイヤーは渋々同意した。

未来を見る[]

メビウス・M・メビウスに尋問されるロキ

「キューブを拾い上げてなければ、君はアスガルドで監禁されてた。」

「なんだこれは?馬鹿げたトリックだ。こんなこと起こってない。」

「君にはね。今のところは。」

ロキ

メビウスはこのバージョンのロキについてもっと学ぶことを志願し、ロキとメビウスはロキが人々を殺したり傷つけたりするのを楽しんでいたかどうかについて話した。 ロキを部屋に連れて行って更に質問した後、メビウスはロキに彼自身の主な歴史を紹介するテープを見せた。ロキはアベンジャーズの手によって敗北するのを見て、それから彼の母親の死を見た時、困惑した。 メビウスがハンターB-15から不正な変異体が全てのミニットメンを殺していると警告された後、ロキは部屋に一人で残された。

TVAについて学ぶロキ[]


TVAが宇宙で最大の力なのか問いかけるロキ

「これが宇宙で最強のパワーなのか?」

ロキ

ロキはこの機会を利用してタイムツイスターで脱出を図った。 ケイシーを見つけた後、ロキは彼を追いかけ、彼にテッセラクトを渡さなかった場合、殺すと脅した。 ケイシーはそれに応じてテッセラクトを彼に手渡したが、ロキは引き出しの中に複数のインフィニティ・ストーンがあることに気づき、TVAがなぜそれらを持っているのか疑問に思った。

サノスによる自身の最終的な死を目撃するロキ

ケイシーが別の時間軸からストーンを取たと彼に言った後、ロキはTVAが宇宙で最大の力なのかと疑問に思った。彼が答える前に、B-15とミニットメンは彼を捕まえるためにエレベーターをから到着した。 B-15がバトンでロキを攻撃しようとしたとき、ロキはタイムツイスターで逃げた。 彼はメビウスに尋問された部屋にテレポートし、タイムツイスターをテーブルに置いた。 それから彼は、別の彼自身の過去をスクロールし始め、ノルウェーでのオーディンの死、ソーとの絆、ヴァルキリーとハルクとの同盟、そしてサノスによるステイツマンでの自分の死を見た。

タイムツイスターを使うロキ

タイムキーパーズが彼が死ぬ事を定めたという事実にショックを受けたロキは狂った様に笑い始めた。 それからハンターB-15が部屋に入ってきて、何が面白いのか尋ねた後、ロキは大いなる目的かと呟いた。その後、ロキはタイムツイスターを彼女に対して使用し、彼女を他の場所にテレポートさせた。

メビウス・M・メビウスと取引する[]

その後、メビウスが戻ってきて、テッセラクトを持ったロキを見つけた。ロキはメビウスに人を殺したり傷つけたりするのは好きではないと言った。これを聞いたメビウスは、ロキに不正な変異体が彼自身であることを明かし、TVAに協力して全てのミニットメンを殺す脅威を打ち負かすように依頼した。

奇襲の調査[]

ロキとミス・ミニッツ

「TVAもアスガルドの神々も同じ様なものだな。力に溺れ、真実が見えない。敵を見くびれば寝首をかかれるぞ。この私を見くびってるだろ。それに下等な方のロキの事もな。」

ロキ

しばらくして、ロキは時間軸と時間変異取締局の性質についてミス・ミニッツからの一連の質問に答えながら、メビウス・M・メビウスのジェットスキー雑誌を見ていた。彼は彼女が生きているのかレコーディングなのかと尋ねたところ、彼女はその両方だと言った。 その後、ロキは雑誌を使って虫のように彼女を叩き潰そうとし、コンピューターに退却させた。その後、メビウスが到着し、ジャケットを手渡して、ハンターC-20が率いるミニットメンの別のグループが攻撃されたので、ギアを上げるように彼に言った。

彼自身の別の変異体を見るロキ

ロキはジャケットを着て、メビウスに続いてハンターB-15と彼女のミニットメンとのブリーフィングを行い、ここでB-15はC-20とその部下が1985年のウィスコンシン州オシュコシュに入った直後に奇襲を受け、彼らがどのロキであるかはわからなかったが、確かにロキの犯行だと説明した。ロキはその変異体が自分よりも劣っているに違いないと彼らに確実に伝えた。 B-15はそれから彼に『変異体』と書かれた彼のジャケットを見せるように頼み、彼を黙らせた。その後、ロキはメビウスが様々なロキの変異体の一連の写真を再生するのを見た。メビウスがロキが持つ様々な力を挙げ始めたとき、ロキは彼が自分自身の専門家であることを証明する方法として、幻影の術と増殖の術の違いを彼らに確実に伝えた。 その後、メビウスはチームに分かれ、ロキを同行させると言った。

ハンターB15に短剣を奪われるロキ

それからロキは武器を求め、メビウスに裏切ることを心配しないのか疑問を呈した。メビウスはノーと言い、ロキが十分に上手く行けばタイムキーパーズに謁見できる可能性があることを明らかにした。 その後、1985年にウィスコンシン州オシュコシュに到着した。 ロキはメビウスに攻撃の前に戻ってそれを防ぐことができない理由を尋ねたが、メビウスは分岐イベントは時間軸を不安定化させ、枝は今も変化し、成長している為、実時間に来る必要があると説明した。 次に、メビウスはトレーニング動画を視聴したかどうかを尋ね、ロキはリセットチャージの定義を流暢に説明することで彼がトレーニング動画を視聴したことを証明した。

1985年のウィスコンシンでのロキ

ロキは数名のミニットメンが殺され、ハンターC-20が連れ去られたテントの中にある犯罪現場に入った。 ロキはB-15に変異体を過小評価しないように言い、B-15が部下に手分けして変異体を探すように言った時、彼は彼らに待ち伏せがあった可能性が高いのでその場を動かないように言った。その後、ロキは変異体がTVAを支配するマスタープランを完了するために彼を必要とした方法の理論をでっち上げ、嘘を巧みに使って、時間軸のレッドラインギリギリまで時間稼ぎをして、メビウスにタイムキーパーズと緊急の会議が必要であることを納得させようとした。メビウスはこれに騙されず、ロキが嘘をついていると言い、時間軸をリセットして、TVAに戻った。

メビウス・M・メビウスと対峙する []

図書館でリサーチするロキ

「例えば私がアスガルドに行く。ラグナロクがアスガルドを破壊する直前にだ。そうすれば何でも出来る。何でもね。ハルクを虹の橋から突き落としたり。」

ロキ

時間変異取締局のオフィスに戻ると、ロキは図書館に案内され、変異体が存在する可能性のあるファイルを調べた。 その後、ロキは司書のところに行き、TVAの起源とタイムキーパーズに関連するファイルがあるかどうか尋ねたが、彼女は彼に彼の歴史に関するファイルだけを指示した。 そこで彼はアスガルド人の死傷者が多く出たラグナロクについて知った。

自分の理論についてメビウス・M・メビウスと話すロキ

理論を思い付いた後、ロキは図書館を出て、TVAのダイニングエリアでメビウス・M・メビウスを見つけて彼に近づいた。 昼食を中断されたというメビウスのコメントを無視して、ロキは彼のテーブルの向かいに座って、発見について彼に話した。 その後、ロキはデモンストレーションのためにメビウスのサラダを借り、それから立ち上がってケイシーのドリンクを持ってデモンストレーションに追加した。 ロキはメビウスに彼を助けることに渋々同意させ、彼の提案を受け入れさせ、2人は理論をテストするためにその場を後にした。

ポンペイ事件[]

ポンペイの災害を目撃するロキ

「自由を謳歌しろ、お前らはもう自由だ!」

ロキ

ロキの理論をテストするために、ロキとメビウス・M・メビウスは西暦79年のイタリアのポンペイに戻った。 ロキは来たるべき災害について明らかに目がくらんでいたが、メビウスが落ち着かせようとした。ロキは次の災害は見ものだと言って弁解したが、メビウスがそれに同意しつつも、ロキの理論をうまく試すためには、落ち着いておく必要があることをロキに思い出させた。その後、ロキはポンペイの公共広場に駆け込み、ヤギの群れを放して叫び、ラテン語でロキと名乗り、他の市民に叫んだ。それから彼は彼らに火山の噴火によってすぐに死ぬ事になるだろうと警告し、TVAが未来的な響きだったために彼は未来から来たと言った。時間変異取締局が未来に存在しているのかわからなかったため、メビウスに質問した。火山が噴火した時、メビウスはロキが正しいこと、そして分岐ポイントが出現していないことに気づき、ロキの理論が正しいことを証明した。

自由意志について議論する[]

メビウス・M・メビウスと話すロキ

ロキとメビウス・M・メビウスはタイムドア経由で時間変異取締局のオフィスに戻り、テーブルの椅子に腰を下ろした。 その後、2人は自由意志について話し合い、ロキはメビウスにTVAにやって来た経緯を尋ね、メビウスがタイムキーパーズによって作られたと言ったときに衝撃を受けた。ロキはメビウスがTVAで働き続けたいと思っている期間を尋ね、メビウスは仕事が完了するまでいると言った。ロキはメビウスの答えと、TVAとその起源についてもっと探求する事に対して出し惜しみすることに困惑した。 メビウスが幼い頃にロキと一緒にフランスで出会った怯えた少年の例えを述べた後、図書館に駆け寄り、アスガルドにドッカーンガムがあるかどうかロキに尋ねた。 その後、彼らはアラバマ州の町全体を壊滅させるハリケーンについてのファイルから発見し、ここに変異体がいると推測した。

変異体の追跡[]

ロックスカートに潜入する[]

魔術で全身を乾かすロキ

「私をどうする気だ?」

「あなたなんか眼中にない。」

ロキとシルヴィ・ラウフェイドッティル

ロキはメビウス・M・メビウス、ハンターB-15、他のミニットメンに加わり、タイムドアを経由して2050年のアラバマ州ヘブンヒルズのロックスカートモールに転送した。 彼らはハリケーンの最中に到着し、建物の中に入ると、ロキは魔法を使って自分を乾かした。 B-15とロキは他のメンバーと離れて、店内で変異体を捜索した。彼らはすぐにツツジを買おうとしている男性に遭遇し、ロキはなぜ彼がハリケーンの中で何気なくモールを歩き回っていたのか疑問に思った。

ハンターB15とロックスカートを探索するロキ

B-15はロキにその買い物客が変装した変異体であるかどうか尋ね、そしてロキはその可能性があると言った。 B-15が前進すると、取り憑かれていた買い物客が彼女の腕を掴み、エネルギーを彼女の体に移し、彼女に取り憑いた。 店員のランディに取り憑いた後、ロキは自分が変異体を見つけたことに気づいた。 それから彼は変異体が何を望んでいるか探ろうと迫ったが、取り憑かれたアラバマ人の男性に襲われ、蹴り飛ばされた。

自分の変異体を対峙するロキ

ロキはそれから立ち上がって、変異体に本当の姿を見せるよう要求し、すぐに自分が彼女と対峙している事に気づいた。 その後、彼女は大量のリセットチャージを爆発させ、タイムドアを通過する前に、何百もの分岐した代替現実を作成することによって、神聖時間軸を混乱に陥れた。 その後、ロキはメビウスとミニットメンが彼に向かって駆け寄ってくるのを見ていたが、彼らから離れることに決め、変異体を追いかけるためにタイムドアに飛び込んだ。

変異体との対決[]

自分の変異体を見つけ、対決するロキ

ロキはタイムドアの反対側に出て、時間変異取締局のオフィスに戻った。 それから彼は以前にロッカーに入れられていた短剣を手に入れた。 それから彼は変異体を追いかけ、金色のエレベーターの外のホールで彼女を追い詰めた。 短い闘争の後、ラヴォーナ・レンスレイヤーと2人のミニットメンが彼らを攻撃するために立ち塞がった。変異体はロキの首に剣を突き立てて、殺すと脅したが、レンスレイヤーが気にかけなかった時、ロキは変異体からテムパッドを盗み、それを使用して、壊滅的な終末の真っ只中にある2077年のラメンティス1号星に繋がるタイムドアを開いた。

ラメンティス1号星への冒険[]

変異体からテムパッドを隠すロキ

ロキと変異体はテムパッドが開き、小屋に到着した。 変異体がパッドを取り戻そうとしたが、ロキは何度も彼女を止め、変異体は彼を机に叩きつけた。彼女は去ろうとする前に彼からテムパッドを奪ったが、テムパッドが充電を使い果たして、彼女はどこにも行くことができなかった。その後、変異体がロキを刺そうとしたが、彼は幻覚を使って彼女の後ろに現れ、彼女を近くのラックに押さえつけた。ロキはタイムパッドを取り戻した時、彼はそれを再充電する方法を知らなかったため、彼女がそれを渡すように彼に言った。 ロキはテクノロジーに精通したロキだけではなかったので、そうしたと言ったが、ロキと呼ばれることに腹を立て、決して自分をロキと呼ばないとしないように言った。彼女がテムパッドを求めて突進した時、ロキはそれを消滅させた。

自分がラメンティス1号星にいることを知るロキ

ロキは短剣を抜いて戦うと、変異体が彼を魔術師であることを罵倒した。 しかし、別の戦いが始まる前に、紫色の隕石が屋根を突き破り、彼らを不意を突かれた。変異体はロキが自分達をどこに送ったのかを尋ね、そして彼らは惑星の表面に月が衝突して、終末を迎えようとしていた2077年の惑星ラメンティス1号星にいる事が判明して、小屋から飛び出した。変異体がここに連れてきた彼を馬鹿と呼んだが、ロキは彼女が何を言っているのか分からなかった。別の隕石が彼らの前で墜落し、変異体がこれがテムパッドに保存された最悪の終末であり、誰も生き残れないと説明して、2人は身を守る場所を求めて走った。 彼女が隕石に当たる寸前で、ロキは彼女を隕石から押し退けた。

変異体と身を隠すロキ

2人はなんとか大型トラックの下に隠れて、ロキはなぜ彼を殺さなかったのかと尋ね、彼女は彼がテムパッドを隠したため、彼が死ぬとそれが手に入らないと言った。 彼女はそれから避難所を得るために、採掘小屋を指さし、2人は飛び出して、ロキが彼らがチームであるかどうか尋ねた時、彼女はノーと言った。 2人は途中で隕石に襲われたが、無事に中に入った。

変異体に操られそうになるロキ

ロキが息を吐いてる間、変異体は彼に近づき、彼の頭に手を触れてから、ハンターC-20に力を使ったのと同様に、彼女の力を使って彼を記憶の中に閉じ込めようとした。ロキの強い精神のためにそれは失敗した。 2人は再び刃を向けたが、ロキはこれにうんざりして休戦を提案し、彼女はそれを嘲笑した。 彼女がテムパッドをどこに隠しているのか尋ねたが、ロキはそれが彼の心の中にあると冗談を言ったため、彼女がそれを切り取ると脅した。 ロキは30秒ごとに彼を殺そうとするのをやめるように彼女に言ったが、変異体は彼がそれを再充電する方法を理解するために彼女を必要としていたので彼はそれでいっぱいであり、それがロキが彼女を救った理由だと言った。変異体は彼女の計画は何年にもわたって練られており、テムパッドを取り戻して、計画を完了してから彼を殺すと彼に言った。

シルヴィと協力する[]

ラメンティス1号星を探索するロキとシルヴィ

「愛とはダガーだ。武器だよ。遠くからでも近くでも使える武器だ。自分の姿を映す。美しいものだ。傷つけられるまではな。だが、手を伸ばして掴もうとすると...」

「本物じゃない。」

ロキとシルヴィ・ラウフェイドッティル

ロキはテムパッドを充電するための電源を見つけるために変異体に同行した。 2人は近くの町まで探索し、途中で、彼女が変異体ではあるが、そう呼ばれるのが好きではなく、ロキと呼ばれるのも好きではないと主張した。彼女がそれから彼に自分の名前はシルヴィだと言い、ロキは別名を持つのはロキらしくないと彼女に言った。 その後、シルヴィは時間変異取締局の手下になった彼が何を望んでいるのかわからないと言った。 彼はシルヴィの長年の計画がTVAの権力による支配から逃れ、立ち去るだけである事に言及し、彼ならやらないと言った。シルヴィは彼とは違うと言った。

動力源を探すロキとシルヴィ

彼らが荒廃した町に到着した時、シルヴィはどの道、誰もが死ぬため、彼らの逃亡が無駄だと言った。 それから彼女は彼らが一緒に死ぬまでに約12時間あり、景観が変化して社会が崩壊するにつれて事態が悪化するだろうと言った。 その後、電源が入っているネオンサインを見つけ、シルヴィは電気をチェックするふりをして、テムパッドを要求し、ロキから手に入れたら、すぐに立ち去って放棄する予定だった。 ロキはそれを見て、もっと頑張るように彼女に言った。 テムパッドは標識を点灯するのに十分な電力だけでなく、再充電するために大きなエネルギー源を必要としたため、シルヴィは彼に技術に精通したふりをやめるように言った。

ある女性と話すロキとシルヴィ

それから彼らは町を通り抜け、住民のいる家を見つけた。シルヴィは剣を手に取ったが、ロキは彼女を止め、彼の交渉術と狡猾さは彼女の暴力よりも上手くいくだろうと彼女に言った。 彼女はそれからドアを蹴破った後、ドアにエアガンを向けた女性に吹き飛ばされた。 彼女が起き上がり、ロキは彼の戦術を試す前に彼女に少し交渉したが、それも失敗し、彼もまた吹き飛ばされた。女性は彼らを「悪魔」と呼んで罵倒し、何が望みか尋ねた。シルヴィがこの星の住民がどこに行ったのか尋ねた。 彼女は彼らが箱舟と呼ばれる避難船に行ったと言い、そしてシルヴィは箱舟がテムパッドに動力を与えることができることに気づいた。 ロキはそれから彼らが列車でそこに着くことができるが、切符が残っていないことを知った。 ロキと彼女はそれから町の辺境にある列車に向かい、彼らがどのように列車に乗るかについて話し合った。

列車に乗るロキとシルヴィ

2人は駅を見つけた。そこには沢山の人が外で待たされていた。 ロキはそれから彼女に彼らが彼らの方法で戦うことができないと言い、そしてシルヴィは彼女の計画に戦うことは含まれていないと言った。 彼女の計画は警備員を操って群衆の中を案内し、邪魔する人を殺すために彼を利用することだった。ロキは彼女に自分のやり方でやると言い、警備員の衣装に変装した。彼らが列の先頭に行った時、群衆は金持ちだけが救いの切符を受け取るのはどれほど不公平であるかについて叫んだ。 シルヴィがシュルーへの切符を見せるように頼まれた時、本部がシルヴィをその朝シュルーに連行するようにという要求を無線で送ったと信じるように警備員を操った。 2人はそれから列車に乗り込んだ。

シルヴィに魔術トリックを披露するロキ

ロキとシルヴィは列車のテーブルに腰を下ろし、ロキはシルヴィに幼い頃のことを尋ねた後、彼の母親と彼女が魔術をどのように教えたかについて話した。 それから彼はシルヴィに彼の手のひらで花火を見せることによって示した。 シルヴィはそれからロキに愛とは何かと尋ね、そしてロキは彼が女性だけではなく、男性にも惹かれるかどうかについて尋ねられたとき否定しなかった。

アスガルドの歌を歌うロキ

シルヴィが眠りについた後、ロキは警備員の制服を脱いで乗客と仲良くなり、飲酒しながら、アスガルドの歌を歌った。 あまりにも多くの酒を飲んだ為、ロキは酔って、彼の変装が解けることを心配しなくなった。

魔術ブラストでヒックスを撃退するロキ

目覚めたシルヴィがすぐに彼の所に行き、男が不審に彼を見つめていると忠告した時、ロキは歌を中断したが、心配していなかった。 それから彼はシルヴィに愛は短剣であり本物ではないと言ったが、シルヴィはそれを否定した。 数人の警備員が入って来た時、ロキとシルヴィは彼らを撃退した。 ロキは魔法を使って警備員の1人を窓に吹き飛ばした後、警備員たちに彼自身も放り出された。

テムパッドが壊れていることを知ったロキ

ロキは地面に着陸し、シルヴィがすぐ後を追った。 彼女が彼にテムパッドの状態について尋ねた時、ロキはそれを彼のポケットから取り出し、それが壊れている事が判明した。この事でシルヴィを怒らせ、ちゃんと保護しなかった彼をピエロと呼んだ。

シルヴィを慰めるロキ

シルヴィは敗北を確信して座り込み、ロキは隣に座って、彼女を慰めた。 それからロキは彼らがまだ脱出することを目指していることは彼らの生存を確実にするだろうと提案した。 彼らの存在が定められた時間軸を変えるかもしれないと確信して、シルヴィとロキはシュルーに向かった。

TVAの真実を知るロキ

彼らが街に向かって歩いている時、シルヴィはロキに時間変異取締局のミニットメンも変異体であり、情報を得るためにハンターC-20が地球にいたときの100年前の記憶を引き出す必要があったと言った。 TVAに関するこの真実はロキを驚かせた。

箱舟に潜入[]

シュルーでのロキとシルヴィ

しかし、シュルーに着くと、ロキとシルヴィは混乱に巻き込まれて前に進むのに苦労する事になる事に気づいた。 ロキはその事実に驚いて、下にいるすべての人々が死ぬ事になるのかどうか尋ねた。 2人はその後、群衆の中を裏道を通って回り、警備員たちに襲われた。

倒壊する建造物を元に戻すロキ

小惑星が街に落ち始めると、彼らはそれからカバーしなければならなかった。彼らが走っている時、建造物が彼らの上に落ちたが、ロキは念力を使ってそれを彼らから遠ざけた。

箱舟が崩壊するのを目撃するロキ

衝突地点に近づいたとき、巨大な小惑星が箱舟に衝突するのを目撃した。ロキとシルヴィは生き残るための唯一の望みが粉々に砕けて、箱舟を見つめるしかなかった。これを見て、生き残るチャンスを完全に諦めたシルヴィがロキから立ち去る中、ロキはまだショックを受けていた。


逃亡と拘束[]

シルヴィと話すロキ

「ロキをロキだと決定づけているものは負ける運命だってところだと思う?」

「いや。負ける事もある。時には手酷く。だが死ぬ事はない。必ず生き延びる。」

シルヴィ・ラウフェイドッティルとロキ

箱舟が破壊された後、ロキとシルヴィはシュルーを去り、彼らの迫り来る死を郊外で待っていた。 隣同士に座って、ロキはシルヴィからアスガルドでの彼女の過去と、彼女が時間変異取締局に幼少期にどのように連れ去られたのか話を聞いた。 その後、ロキはシルヴィから彼女がTVAを脱出し、生涯を掛けて彼らから逃げ続けていたと言われ、彼は感銘を受けた。 隕石が彼らの近くに衝突した時、ロキはシルヴィの手を掴み、2つのタイムドアが彼らの前に現れるまで、死を待った。 ラメンティス1号星が崩壊する中、ロキとシルヴィはタイムドアの中に飛び込んだ。

二度目の尋問[]

再びTVAの監視下に置かれるロキ

「じゃあ僕はロキ2人を信じるのか?」

「友を信じると思え。」

メビウス・M・メビウスとロキ

ロキとシルヴィは時間変異取締局のオフィスに連行され、そこで互いを引き離された。 その後、ロキはメビウス・M・メビウスと再会した。 メビウスと2人のミニットメンはロキを尋問室に連れて行き、そこでロキはメビウスにTVAが彼に嘘をついていると言った。 しかし、メビウスはその警告に耳を貸さなかった。

タイムセルにシフといるロキ

その後、メビウスはタイムセルを開き、ミニットメンがロキを中に押し込んだ。 ロキはアスガルドでの彼の過去の記憶の中に到着し、レディ・シフがいる事に気づいて、彼女は彼が髪の毛を切り落とした事を怒って彼に平手打ちして、殴った。ロキが地面に倒された後、彼は再びシフに直面し、彼がタイムループに陥っていることに気づいた。 その後、ロキは自分がナルシシストであり、一人でいることを恐れていたとシフに告白した。 これに続いて、メビウスが現れ、ロキを独房から連れ出した。

メビウス・M・メビウスにTVAの秘密を明かすロキ

ロキはメビウスとの尋問席に腰を下ろし、シルヴィとの関係について質問された。 メビウスがシルヴィが剪定されたとロキに言った時、ロキはその報せに目に見えて動揺していた。 その後、ロキはメビウスが嘘をついていて、彼女に対する彼の感情の深刻さを知りたがっており、彼とシルヴィがラメンティス1号星で生まれたロマンチックな関係が現在の現実を壊す可能性があると言われた。 メビウスの質問に不満を感じたロキはTVA職員の全員が変異体であり、TVAの前に別の人生を送っていたと叫んだ。 ロキの憤慨に、メビウスは彼が嘘をついていると信じて、タイムセルに送り返すように命じた。

剪定されるメビウス・M・メビウスを目撃するロキ

ロキは独房で再びシフに会ったが、彼女が再び彼を殴るのを止めて、TVAのタイムループを壊した。 その直後、メビウスはセルに到着し、ロキにTVAについての彼の見解は正しかったと話した。 その後、ロキはメビウスによって独房から連れ出され、ラヴォーナ・レンスレイヤーとミニットメンのグループに対峙した。 ロキはメビウスがレンスレイヤーのテムパッドをミニットメンの1人に返して、TVA以前の自分の人生を生きたいと吐露するのを見ていた。それから、レンスレイヤーがメビウスを剪定するように命じ、ミニットメンがメビウスに武器を向けて、彼を消滅させた事でロキは恐怖の表情を浮かべた。

タイムキーパーズに対峙する[]

捕らわれたロキとシルヴィ

その後、ロキはラヴォーナ・レンスレイヤーの命令下のミニットメンに連行され、同じくミニットメンの監視下にあったシルヴィと会うことになった。 シルヴィはロキにどうしているのか尋ねた。 その後、レンスレイヤーはミニットメンの任を解き、ロキとシルヴィは自分が見ると言って、金色のエレベーターに連れて行った。 エレベーターが止まると、ロキとシルヴィはタイムキーパーズの部屋にいることに気づいた。

タイムキーパーズの前に立つロキ

2人はタイムキーパーズと対峙するために彼らの前まで歩き、そして彼らに脅迫された後、ロキは彼がこれまで何度も殺されたので彼が再び殺されようと問題ではないと言った。 その後、ロキはシルヴィが彼らに襲い掛かろうとするのを見ていたが、レンスレイヤーのタイムツイスターで動きを封じられた。

ロイヤルガードのミニットメンと戦うロキ

しかし、エレベーターが彼らの後ろで開き、そこにハンターB-15が入って来て、ロキとシルヴィの首の拘束バンドを解除した。 その後、B-15はシルヴィにTVAバトンを渡し、2人はミニットメンのロイヤルガードと戦い始めた。 ロキはシルヴィの武器を使って最後のガードを殺し、シルヴィはレンスレイヤーを打ち負かした。 その後、ロキとシルヴィはタイムキーパーズと対峙したが、シルヴィは武器をその内の一体に投げつけ、斬首し、頭を地面に転がした。 その後、ロキとシルヴィは、タイムキーパーズが実際にはアンドロイドだったことに気づき、ロキは誰がTVAを作ったのかを声に出して疑問に思った。

ラヴォーナ・レンスレイヤーに剪定されるロキ

ロキは今は2人だけだと気づき、シルヴィへの気持ちを告白しようとした。 しかし、彼が彼女への愛を告白しようとしていた時、レンスレイヤーのバトンによって剪定され、彼はシルヴィの目の前で消滅した。

虚無に閉じ込められる[]

別の自分たちと出会う[]

別の次元で目を覚ますロキ

「ここはヘルか?死んだのか?」

「いやまだだ。でも一緒に来なければ死ぬ。」

ロキとクラシック・ロキ

ロキは虚無で目を覚まし、彼が別の次元に飛ばされたことに気づいた。 それから彼は自分がヘルにいるかどうか声を出して尋ねた。 驚いたことに、彼の他の4人の別バージョンたちが彼を見ており、そして、その中で最も年老いた者が生き続けるためには彼らに加わるように彼を招待した。

ロキたちと虚無を歩くロキ

ロキは彼の今いる場所が何処なのか尋ねると、彼の4人のバージョンたちは彼らがアライオスと呼ばれるクリーチャーから避難所を見つける必要があるため、彼らと一緒に来るように彼に言った。 ロキが飛ばされた場所から離れると、彼はクラシック・ロキ、キッド・ロキ、自慢好きロキ、ワニロキに紹介された。 ロキはワニのロキが本当にロキの変異体であることを知って驚いた。

他のロキの変異体たちと話すロキ

ロキは彼らと一緒に地下の隠れ家に戻り、彼らが彼に何者なのかを説明している間、座って聞いていた。 クラシック・ロキはステイツマンでサノスを騙し、彼が兄と再会しようとしてTVAに逮捕されるまで、1人で人生を生きていた彼の人生を話した。キッド・ロキは彼に若い頃にソーを殺したため、逮捕されたと語り、自慢好きロキはアベンジャーズを2人殺して全てのインフィニティ・ストーンを集めたと語ったが、ワニロキは彼が嘘をついているかもしれないと知って彼に噛みついた。


他のロキたちに助けを求めるロキ

間もなく、ロキは立ち上がって、虚無から抜け出す方法を見つけるために、戻ってアライオスを通り過ぎるつもりだと彼らに言った。 それから彼は彼が得ることができるすべての助けを必要として彼に協力するように彼らに頼んだが、彼らは皆彼を笑って座ったままだった。腹を立てたロキは梯子に歩いて行った。

大統領ロキの軍隊に見つかるロキ

ロキが隠れ家から抜け出すためにハッチを開けた時、彼は大統領ロキと他の数人のロキの変異体たちに会い、彼を見下ろして、彼がどのロキなのか尋ねた。 ロキの数に呆れたロキは、彼らを倒して隠れ家に連れて行こうとさえしなかった。


ロキ宮殿での奇襲[]

別のロキたちに呆れるロキ

「よお。お前は何のロキだ?」

「悪夢だ。これは。」

大統領ロキとロキ

自慢好きロキがクラシック・ロキ、キッド・ロキ、ワニロキに大統領ロキとその軍隊を率いるために彼の裏切りを打ち明けている間、ロキは傍観していた。大統領ロキが自分が多くの裏切りにあっている事に気づいた時、ロキは呆れて顔に手を当てた。 その後、ロキはワニロキが大統領ロキの手を噛みつくのを見て、戦いが勃発した。 クラシック・ロキが彼らが逃げるためのポータルを作成し、ロキはワニロキ、キッド・ロキ、そしてクラシック・ロキが隠れ家を去った時に後を追った。

キッド・ロキ、クラシック・ロキ、ワニロキといるロキ

ロキ、クラシック・ロキ、キッド・ロキ、ワニロキは虚無を彷徨っていると、空からUSSエルドリッジと呼ばれる巨大な軍艦が地面に墜落した。 その後、彼らはアライオスが現れるのを見ていた。

メビウスとシルヴィに再会する[]

メビウス・M・メビウスとシルヴィに話すロキ

ロキは一台の車が彼らに近づいてくるのを見て、シルヴィが車から降りるのを確認して、歓喜した。彼は彼女に会うために駆け寄り、メビウス・M・メビウスを見て喜んだ。シルヴィはロキにバックアップが必要だと思ったため、ここに来たと言った。 その後、ロキは彼らにクラシック・ロキ、キッド・ロキ、ワニロキを紹介した。

シルヴィと時間を過ごすロキ

ロキはシルヴィと草原に腰を下ろし、メビウスは他のロキと話した。 彼らが座っている間、ロキは彼の力を使って彼の肩に、そして後にシルヴィの肩にも毛布を出現させた。シルヴィはロキに彼を信頼できるかどうか尋ね、ロキは彼がより良い人間に変わったため、彼女が彼を信頼できると保証した。

メビウス・M・メビウスに別れを言うロキ

シルヴィはロキにテムパッドを手渡したが、彼は彼女と一緒にいると言い、彼女はアライオスを操ろうと試みようとしていた。彼は代わりにテムパッドをメビウスに渡した。メビウスはキッドとクラシック・ロキに彼と一緒に行きたいかどうか尋ねたが、彼らは拒否し、虚無に留まることを選んだ。 メビウスがタイムドアを開いて去る前、ロキは彼を抱きしめ、彼の友人であることに感謝した。

アライオスから逃れる[]

アライオスの気をそらすロキ

ロキとシルヴィはアライオスが戻るまで、しばらく待っていた。 ロキはシルヴィからアライオスの注意を引こうと彼女から離れた。しかし、それは上手くいかず、アライオスは代わりにシルヴィに近づいた。 しかし、彼女はアスガルドの幻覚を生成したクラシック・ロキによって救われ、アライオスの注意を引き付け、最終的に彼を操るために自分の命を犠牲にした。

アライオスを操る手助けをするロキ

ロキはシルヴィに追いつき、彼女がアライオスを操ろうとしているのを見ていた。 彼女は彼に彼女に加わるように言い、彼ができないと思っていたとしても彼はそれをすることができると言った。 ロキは彼女に加わり、彼の力を使ってアライオスを操る事に成功し、2人がアライオスを乗り越えることができるように導いた。

ポータルを目撃するロキとシルヴィ

アライオスが退いた後、ロキとシルヴィはポータルが開くのを見て、遠くに城が見えた。 2人はお互いに手をつないでポータルに向かって歩いた。

在り続ける者と対峙する[]

城砦にたどり着いたロキとシルヴィ

「それにお前は...ドラゴンの背中のノミだ。大冒険だったな。よく振り落とされなかった。見所があるじゃないか。」

「状況がよくわかってないようだな。お前の負けだ。見つかったんだ。」

在り続ける者とロキ

ロキとシルヴィは時の終わりの城塞に近づき、ドアをノックするかどうかを外で議論した。シルヴィはロキに彼女がそこにいるのは個人的なことだったので、全てを整理する時間が欲しいと言った。 しかし、ドアは自然に開き、ロキとシルヴィは武器を構えて慎重に中を歩いた。

ミス・ミニッツと対峙するロキとシルヴィ

ドアが彼らの背後で閉まり、彼らが振り返ると、突然、ミス・ミニッツが前に現れ、彼らを驚かせた。 ミス・ミニッツは、在り続ける者が長い旅を終えた彼らが神聖時間軸で共存できる取り決めを提案したと彼らに話した。 ミス・ミニッツはそれから彼らが望むものを手に入れることができると言い、ロキは彼らが何を望んでいるのか尋ねた。 ミス・ミニッツは、彼がニューヨークの戦いに勝ち、サノスを殺し、インフィニティ・ガントレットを手に入れ、アスガルドの王になることができると彼に言い、更にシルヴィには幸せな思い出を持つことができると言った。 しかし、ロキとシルヴィはそれが虚構のものであると信じており、ロキは自分達で運命を切り開くと言って、前に進んだ。

在り続ける者を発見するロキとシルヴィ

別の部屋に入ると、ロキはタイムキーパーズに似た何体かの彫像を見た。いくつかは埃をかぶっており、それ以外は床に倒れていた。 エレベーターのドアが鳴り、ロキとシルヴィが武器を構えた。 エレベーターが開くと、在り続ける者が現れ、彼はオフィスで話をするために彼らを招待した。 エレベーターの中で、シルヴィは在り続ける者を殺そうとしたが、彼は楽々と彼女を避けた。

在り続ける者の話を聞くロキ

在り続ける者の部屋に入ると、ロキは椅子と飲み物を提供された。 ロキとシルヴィは腰を下ろし、在り続ける者がラメンティス1号星から虚無空間までの全ての行動の背後にいたと彼らに言ったのを聞いていた。 その後、在り続ける者は多元宇宙戦争、彼の変異体、アライオス、そして神聖時間軸を保護するための時間変異取締局の創設について彼らに話した。 その後、在り続ける者は年老いて疲れていたため、彼らが彼の代わりになるか、彼を殺して彼の変異体と別の多元宇宙戦争を解き放つことができると彼らに告げて、取引を彼らに提供した。

シルヴィと争う[]

シルヴィを止めようと試みるロキ

「私にも経験がある。その気持ちはよくわかる。どうわかるのかは聞くな。私にわかるのは...お前を傷つけたくないってことだ。王座など欲しくはない。私はただ...お前に幸せでいて欲しいんだ。」

ロキ

シルヴィが再び在り続ける者を殺そうとした後、ロキは彼女を止め、彼も嘘つきだから彼を信じるように彼女を導いた。 ロキはそれについて話す必要があると彼女を説得しようとしたが、復讐心に駆られたシルヴィは聞く耳を持たず、ロキがアスガルドの王位を望んでいると非難した。 ロキはこれを否定するが、シルヴィが彼に決闘を挑んだ。

シルヴィに懇願するロキ

殺される寸前のところで、ロキは身を挺してシルヴィに彼はかつて彼女と同じ経験をしたことがあり、彼女がどのような気持ちか知っていると話した。 彼は彼女に彼が望んでいたのは彼女が無事であることだけであり、シルヴィに彼女の剣を下ろすように促した。

キスをするロキとシルヴィ

シルヴィはそれからロキにキスをし、お互いに対する気持ちを表現した。 しかし、彼女は一歩下がって、自分は彼とは違うとロキに言った。彼女が在り続ける者のテムパッドを手に取り、タイムドアを開け、そこにロキは押し込まれた。

カーンのTVAに遭遇する[]

時間変異取締局に戻るロキ

「何を言ってる?」

「君は誰だ?君の名前は?」

ロキとメビウス・M・メビウス

ロキは時間変異取締局に送り返され、シルヴィの行動にショックを受けて悲しみに暮れた。彼はその場に腰を下ろし、それについて考えた後、落ち着いてその場を立ち去った。

メビウス・M・メビウスを見つけて話しかけるロキ

ロキは走り回って、図書室でメビウス・M・メビウスとハンターB-15を見つけた。 彼は2人に駆け寄り、時間の終わりの城塞と在り続ける者の様々な変異体について彼らに話した。 彼は彼とシルヴィが変異体達を解き放ったために彼らが来ると2人に話したが、メビウスはロキが何者なのか認識しておらず、彼が誰であるか、そして彼がどの部署にいるかを尋ね、ロキをパニックに陥らせた。

征服者カーンの彫像を見つけるロキ

ロキはタイムキーパーズの彫像があった場所に征服者カーンの彫像を見つけた。 ロキはカーンが既に権力を握っており、自分がカーンのTVAにいることに気づき、恐怖した。


性格[]

変異体ロキは、自身の能力に誇りを持っていることに加えて、ナルシシズムに傾倒する傲慢さ、利己主義、不正直さを持っていたため、主時間軸のロキと多くの点で類似していた。

メビウスがフリッガが死んだだけでなく、彼が彼女の死に間接的に責任があることを明らかにした時、怒りを滲ませる様子から彼はまだ家族への愛情を持っていることが伺える。彼の家族の中でも、フリッガに対する尊敬心が大きい。ロキは主時間軸で、父親のオーディンと兄のソーと和解したことを知り、歓喜の涙を流した。彼はまた、メビウスに人々を傷つけたり死に至らしめることを真には楽しんでやっていない事を明らかにした。

TVA、ラメンティス1号星、虚無空間、そして時間の終わりの城塞での旅を通しての経験は、シルヴィとメビウスのおかげで、自己中心的だった彼の性格を変えた。

力と能力[]

氷の巨人としての強さ、耐久性、スピード、敏捷性、スタミナ、反射神経などの超人的な力を持っており、アスガルドの魔術の使用に非常に熟練している。 2012年5月4日まで元のロキと同じ歴史を共有しているため、ロキはそれまでの元の時間軸のロキと同じ能力を持っている。

装備[]

武器

ブレイド:時間変異取締局に連行された後、ロキはメビウス・M・メビウスから短剣を返還されたが、ハンターB15に没収されてロッカーに入れられた。 しかし、ロキはシルヴィと対峙する際に短剣を取り戻した。

セプター:ロキはニューヨーク決戦でセプターを振るい、敗北するとアベンジャーズに奪われた。

シルヴィ・ラウフェイドッティルの剣:ロキはシルヴィの剣を使ってミニットメンと戦った。

レーヴァテイン:レーヴァテインは火を放つことができるアスガルドの剣。 キッド・ロキは虚無にいる間にレーヴァテインをロキに与えた。 ロキはそれを使ってアライオスの気をそらそうとして失敗し、シルヴィと多元宇宙の運命を争うためにそれを使った。

その他の装備

アスガルドの鎧:ロキの主な鎧のセットは、金色の金属で覆われた緑色のチュニックで構成されていた。場合によって緑のマントを羽織った。

角のあるヘルメット:ロキは保護用のヘッドギアとして、そして彼が使用したアスガルドの魔法を示すために、金色の角のあるヘルメットをかぶっていた。

アスガルドの首輪:ニューヨーク決戦で敗北した後、ソーがロキの口をアスガルドの首輪で拘束し、一時的に話すのを防いだ。

テッセラクト:地球を征服するためにロキはテッセラクトを使用してチタウリにワームホールを開けた。敗北後、主時間軸からのアベンジャーズが干渉したことで、ロキはなんとかテッセラクトを取り戻し、ポータルを開いてスターク・タワーを脱出した。しかし、その直後、テッセラクトは時間変異取締局によって没収された。

TVAホロプロジェクター:メビウス・M・メビウスに尋問室に連行された後、ロキはニューヨーク市でアベンジャーズに敗北し、フリッガが死んだことを見せられた。メビウスが部屋を出た時、ロキはホロプロジェクターを使ってオーディンの死、ソーとの絆、ラグナロクでのヴァルキリーとの同盟、そしてサノスの手による死を見た後、ロキはホロプロジェクターの使用をやめた。

タイムツイスター:ロキはタイムツイスターを使用してハンターB-15からテレポートし、その後尋問室でハンターB-15をテレポートさせた。

タイムドア:ロキはタイムドアを使用してシルヴィ・ラウフェイドッティルを追跡した。

テムパッド

関連人物[]

名台詞[]

トリビア[]

ロキはマーベル・シネマティック・ユニバースで最初のバイセクシャルキャラクターの主人公。

ロキの公式アカウントが投稿したTVAのプロモーションファイルでは、ロキは流動的な性別、身長が6.4フィート、青い目、黒髪、不明な人種/民族、誕生日と年齢について説明されている。 このファイルは後にショーの最初のエピソードとクレジットシーケンスに登場した。

ロキはマーベル・シネマティック・ユニバースで流動的な性別として識別された2番目のキャラクターであり、最初のキャラクターはザビン。

このファイルでは、ロキはセクター「1900-2099」に分類されており、彼の逮捕IDは「JO98235」。

ロキは、タイムストーンを物理的に保持していることが示されている唯一の個人。

ロキは列車に乗っている間、前方に座ることを好む。

このバージョンのロキは、コミックのキャラクターのイコルの化身に部分的に基づいている。

参考リンクと出典[]

Advertisement