マーベル・データベース wiki
Advertisement


「情けは四角四面の正義より豊かな実を結ぶ。」

-ジョン・ウォーカー


ジョナサン・F・"ジョン"ウォーカーは超人兵士であり、アメリカ陸軍の第75レンジャー連隊の元隊長。多くの勲章を持つ軍人であるウォーカーはキャプテン・アメリカとしてスティーブ・ロジャースの後を継ぐためにアメリカ政府によって任命された。しかし、ロジャースのレガシーを守るという彼の願望はフラッグ・スマッシャーズを追跡するサム・ウィルソンとバッキー・バーンズの怒りを買った。その間、彼はカーリ・モーゲンソウを捕まえ損ねた後、超人血清を手に入れた。彼の相棒で親友のレマー・ホスキンスが戦闘中に不慮の死を遂げた時、ウォーカーは降伏した外国人を公の場で惨殺し、権威を剥奪されて完全に階級を失った。ウォーカーは自分の盾を作り、ニューヨーク市で再びモーゲンソウと対峙した後、復讐心から解放され、ウィルソンとバーンズに協力してGRCへの攻撃を阻止した。ヴァレンティーナ・アレグラ・デ・フォンテーヌに採用された彼は黒いユニフォームを着用してUSエージェントという名前に変えた。


経歴[]

若年期[]

カスターズ・グローブ高校[]

「キャプテンって呼ばれるのは初めてじゃない。」

-ジョン・ウォーカー

ジョン・ウォーカーは10代のころ、カスターズ・グローブ高校に通い、そこでレマー・ホスキンスとオリヴィアと言う女性と知り合った。ウォーカーは演劇クラスには落ちたが、フットボールチームのキャプテンだった。やがて彼はオリヴィアと結婚し、ホスキンスと共にアメリカ陸軍に入隊した。


陸軍での経歴[]

「バッジ3つご褒美にもらったせいで人生最悪の日を忘れられない。知ってるだろ。アフガニスタンで俺がやった行為は勲章に値するどころかむしろ過ちだった。キャプテン・アメリカになって初めて正しいと思える事をやれそうなんだ。」

-ジョン・ウォーカー

最初の任務の後のウォーカーとレマー・ホスキンス

2010年に陸軍士官学校を卒業したウォーカーはアメリカ陸軍で成功を収め、数多の勇気を発揮し、アメリカ史上初の3つの名誉勲章を受章した。テロ対策と人質救出において確固たる支援任務を指揮した。ある任務で彼はクリスティーナ・レイナーと共に戦った。これらの名誉にも関わらず、ウォーカーはアフガニスタンでの最近の出来事を彼とレマー・ホスキンスの人生の中で最悪だと考えていた。

キャプテン・アメリカ[]

世界に公表する[]

彼の兵役により名誉を与えられるウォーカー


「国防総省を代表し、最高司令官に代わり、今日ここに発表できるのは大変な光栄であります。アメリカ合衆国に新たなるヒーローが誕生しました。拍手でお迎えください。新しいキャプテン・アメリカです。」

-国防長官

スティーブ・ロジャースの引退から数か月、アメリカ政府は彼の代わりとなる新しい象徴的な英雄の必要性に気づいた。スティーブ・ロジャースから直々に次のキャプテン・アメリカになると信頼されていたサム・ウィルソンがロジャースの遺産を受け継ぐことが出来ないと感じており、象徴的なキャプテン・アメリカの盾をワシントンD.C.のスミソニアン博物館に寄贈した。

盾のトレーニングをするウォーカー

盾はすぐにアメリカ国防総省に没収され、ウォーカーに与えた。ウォーカーは彼の軍での幅広い経歴を見込まれて指名された。大統領の承認を受けて間もなく、ウォーカーは世界に『新しいキャプテン・アメリカ』として発表された。

キャプテン・アメリカとして発表されるウォーカー

任命後、ウォーカーは政府関係者との様々な会議に出席し始め、キャプテン・アメリカとしてスピーチをした。ウォーカーが就任した直後にキャプテン・アメリカの現代世界への復帰に対する祝福を受け、スーパーヒーローとして有名人になった。

高校に戻る[]


オリヴィアと過去を思い返すウォーカー


「僕はスタークでもバナーでもないし、僕にはあんなテクノロジーも超人パワーもない。僕が持ってるのは勇気。キャプテン・アメリカには欠かせない勇気を全開にしなくてはいけない。前のキャプテンは偉大過ぎたから。」

-ジョン・ウォーカー

『グッドモーニングアメリカ』のインタビューの準備でウォーカーは故郷のジョージア州カスターズ・グローブ高校に戻った。インタビュー前、彼と彼の妻のオリヴィア・ウォーカーはキャプテン・アメリカとしての期待に応えられないことに神経質になる前に彼がフットボールチームのキャプテンとしてプレーしていた高校での過去を思い返していた。

ファンのためにポスターにサインをするウォーカー

ウォーカーがインタビューの出だし文句を練習している時、レマー・ホスキンスが加わり、2週間前はチリで特殊作戦の任務の準備をしていたが、有名人のスーパーヒーローになった時、彼らの生活が一変したことを認めた。ウォーカーはホスキンスにキャプテン・アメリカになった主な理由は上院議員会議や集会に参加するためではなく、自国に奉仕するためだと明かした。インタビューの時間になると、ウォーカーは高校のフットボールスタジアムに駆け寄り、キャプテン・アメリカのポスターやアクションフィギュアにサインをした。

『グッドモーニングアメリカ』でインタビューを受けるウォーカー

ウォーカーは『グッドモーニングアメリカ』のサラ・ヘインズとのインタビューのために意気揚々とステージに駆け寄った。インタビューの間、ウォーカーの軍歴の要約が放映され、彼はキャプテン・アメリカを引き受ける準備として、アメリカ軍が彼に課した全ての試練で優れていた。ウォーカーはスティーブ・ロジャースが偉大であり、彼がアベンジャーズだった間の彼の経歴をフォローして、崇拝の対象として彼への尊敬を表明した。


ミュンヘンでの追跡[]

フラッグ・スマッシャーズに攻撃を仕掛けるウォーカー

「ジョン・ウォーカー、キャプテン・アメリカだ。」

「レマー・ホスキンス」

「助けが欲しいんじゃないか。」

-ジョン・ウォーカーとバトルスター

サム・ウィルソンとバッキー・バーンズがミュンヘンに向かい、フラッグ・スマッシャーズとして知られる反国家グループを調査していた時、ウォーカーとレマー・ホスキンスは彼らの居場所を追跡するために最終的にカーリ・モーゲンソウによって破壊されるレッドウィングをハッキングした。

ファルコンに自己紹介するキャプテン・アメリカ

ウィルソンとバーンズが医薬品を運ぶ2台の猛スピードで走行するトラックの上で戦闘している間にヘリコプターから援軍として到着したウォーカーはウィルソンを殺そうとするドヴィッチに盾を投げつけて無力化し、ホスキンスの助けを借りて、モーゲンソウがバーンズを攻撃する前に彼女のバランスを崩して、トラックの脇に追いやった。ウォーカーとホスキンスはフラッグ・スマッシャーズから彼らを救ったにも関わらず、ウィルソンとバーンズに個人的な苛立ちを向けられた。

バトルスターを救うキャプテン・アメリカ

モーゲンソウが再び立ち上がり、ウォーカーは彼女に盾を投げつけ、彼女と他のフラッグ・スマッシャーズを打ち負かした。フラッグ・スマッシャーズは超人パワーを持っていたため、ホスキンスはすぐに圧倒された。ウォーカーは拳銃を使ってホスキンスを拘束しているフラッグ・スマッシャーズの1人を撃ったが、モーゲンソウに蹴り飛ばされ、ウォーカーはトラックの端にしがみついた。ウィルソンがバーンズを救助することを余儀なくされ、彼の安全を確保したが、野原に投げ出された。ウォーカーは盾をホスキンスの身体の下に滑り込ませることによって彼の転倒による負傷を防いだ。

逃げるフラッグ・スマッシャーズを見つめるキャプテン・アメリカ

超人兵士たちが回復すると、ウォーカーはトラックの上に戻り、モーゲンソウと再び戦闘しようと準備した。彼女の強化された強さには敵わず、彼女のパンチの衝撃でウォーカーはトラックから吹っ飛ばされ、後ろを走行中の車のフロントガラスに着地することで衝撃が緩和された。



申し出をする[]

ファルコンとバッキー・バーンズに乗車を促すウォーカー

「俺はスティーブになろうとは思わないし、スティーブの代わりになろうとも思ってない。出来る限りの範囲で最高のキャプテン・アメリカになりたい。」

-ジョン・ウォーカー

フラッグ・スマッシャーズが逃げた後、ウォーカーは再びレマー・ホスキンスと合流し、ゲイリーが運転する車を手配して空港へと向かった。途中、敗北して滑走路を歩いていたサム・ウィルソンとバッキー・バーンズの側を通りかかった。ウォーカーは彼らに乗車を促し、彼らの共通の敵を倒すために4人が団結して協力しなければならないと示したにも関わらず、ウィルソンとバーンズは冷たく拒んだ。バーンズがウォーカーに盾を持っているからといってキャプテン・アメリカだとは限らないと冷たく反論した時、ウォーカーはその地位に必要な努力と過酷な任務を米軍時代に費やし、手りゅう弾には4回覆いかぶさったと主張した。ウィルソンとバーンズはウォーカーの乗車の申し出を渋々受け入れた。

GRCの現在の任務について話し合うウォーカー

ウォーカーはフラッグ・スマッシャーズが全員超人兵士であるとウィルソンと同じ仮定をし、彼とホスキンスはレッドウィングを使って、彼らの位置を追跡して援軍に来たと説明した。ウォーカーは世界再定住評議会が指パッチンによる難民のための資源を管理し、彼とホスキンスは世界中の秩序を維持するために配属されたと説明した。更にウォーカーはスティーブ・ロジャースの真似事をしたいのではなく、彼自身の力でキャプテン・アメリカになろうとしていると説明した。

自分のできる限り範囲で最善を尽くしたいと主張するウォーカー

ウォーカーは盾を持っていることに反対している理由を理解していると言って、ウィルソンとバーンズに同情しようとしたが、彼がロジャースの時と同じようにウィングマンのサポートを望んでいると言ったため、ウィルソンはウォーカーに彼サポートしていたわけじゃないと冷たく反論した。ウィルソンが申し出を拒否したことに驚いて失望したウォーカーはゲイリーに空港まで運転を続けるように言った。


バッキー・バーンズを釈放する[]

バッキー・バーンズを釈放したことを明かすウォーカー


「バッキーの担当だと聞いて首を突っ込んだ。もう定期的なセラピーは受けなくてよくなった。」

「治療が済んでないわ。誰の権限で?」

「拘束しとくには勿体無い人材だから。」

-ジョン・ウォーカーとクリスティーナ・レイナー

バッキー・バーンズがメリーランド州ボルチモアで裁判所命令による義務付けられたセラピーセッションに出席しなかったために拘留された時、ウォーカーはボルチモア警察署に連絡し、バーンズが釈放されるように手配した。署で彼はバーンズの担当をしているセラピストでウォーカーの元軍の同期であるクリスティーナ・レイナーと再会した。ウォーカーはバーンズのセラピーセッションが終了するように手配したと説明し、バーンズがそのような厳格なスケジュールに従うことを余儀なくされるには勿体無い人材だと言った。その後、ウォーカーはバーンズのセッションが終了するのをレマー・ホスキンスと一緒に外で待った。

調査結果を共有するウォーカー

バーンズとサム・ウィルソンが署を出て、ウォーカーとホスキンスに会った。彼らは更に一緒に働くべきだと主張した。渋々ウィルソンはウォーカーに耳を傾けた。ウォーカーはカーリ・モーゲンソウがフラッグ・スマッシャーズのリーダーであり、ヨーロッパ中の彼らの場所にジオタグを付け、盗まれた医薬品の出荷を追跡しているという情報を彼らに提供した。バッキーがウォーカーの新しい情報を嫌味を向けつつ受け止めてウォーカーにもっと関連性のある情報があるかどうかを質問した。

サム・ウィルソンに邪魔をするなと警告するウォーカー

バーンズとウォーカーが一触即発になった時、ウィルソンは仲裁してウォーカーが正しいことを認めることによって緊張を和らげた。しかし、ウィルソンはウォーカーに彼らは特定の許可を得て政府から契約されるのではなく、フリーランスの工作員として活動していたので、彼らと一緒に働くことに興味がないことを知らせた。苛立ちを覚えたウォーカーはウィルソンとバーンズに邪魔はするなと最後の忠告を残した。


フラッグ・スマッシャーズを追跡する[]

1337コネクトに襲撃する準備をするウォーカー

「知らないってさ。」

「嘘だ。嘘をつくな。ここへ来たのはわかってる。どこへ行った?俺を知らないのか!?」

「知ってるとも。それがどうした。」

-レマー・ホスキンスとジョン・ウォーカーとルディ

ウォーカーの調査により、フラッグ・スマッシャーズの所在に関する答えを求めて、彼はドイツのミュンヘンに戻った。ウォーカーは世界再定住評議会およびGSG-9の連邦警察と協力して、1337コネクトインターネットカフェに襲撃を開始した。

怒りを滲ませて情報を聞き出そうとするウォーカー

ウォーカーは連邦警察と共に現場に到着し、カーリ・モーゲンソウの捜索を知らせた。ウォーカーはカフェのオーナーであるルディに尋問した。ルディはウォーカーがビジネスを邪魔する事に異議を唱えた。ウォーカーはレマー・ホスキンスに通訳を求め、質問の仲介人を務めるように頼んだが、ルディはアメリカ人は野蛮だと言って従わなかった。苛立ったウォーカーはフラッグ・スマッシャーズを匿っていた事を知っているとルディに詰め寄った。ルディはそれに応えてウォーカーの顔に唾を吐いた。

収穫が得られないまま外に出るウォーカー

激怒したウォーカーは彼を壁に押し付け、彼が誰なのか知っているか、そして彼がキャプテン・アメリカだと強調して身体的暴力に訴えた。ルディは彼を知っているがどうでもいいと反論した。唾を顔から拭き取り、ウォーカーは自分を抑え、ホスキンスが彼に尋問を続ける意味がないと言い、ウォーカーは新しい情報を収穫出来ないまま建物を去った。ラングレーのCIA本部からの新しい指示がないため、ウォーカーは新しい手掛かりのためにファルコンとウィンター・ソルジャーを尾行する必要があることに気づいた。


ヘルムート・ジモの脱獄[]

ヘルムート・ジモの脱獄を調査するウォーカー

「なあ、本気で思ってるのかサムとバッキーがジモを逃したって?」

「当然だ。アイツらも俺らと同じくらい手掛かりに飢えてたからな。」

-レマー・ホスキンスとジョン・ウォーカー

テロリストのヘルムート・ジモがベルリンの矯正施設から脱獄した後、ウォーカーとレマー・ホスキンスは職員に質問し、監視映像を確認するために配属された。サム・ウィルソンとバッキー・バーンズがジモが脱出したときに2人とも刑務所にいたことを知った。ウォーカーは彼らが脱獄に関与していると仮定したが、確かな証拠はなかった。

ヘルムート・ジモの脱獄について話し合うウォーカー

ウォーカーも情報を切望していた為、彼はホスキンスに彼らの活動を調査し続けるように説得したが、それは彼らのルール上の義務に反する事になる。ホスキンスはウォーカーが掟破りの手段でこの情報を入手しようとしていることに反対し、ウォーカーは新しい情報を見つけて仕事を終えたら、上層部が彼らの手段については問わないと反論した。


カーリ・モーゲンソウを捜索する[]

ラトビアでウィルソン、バーンズ、ジモを見つけたウォーカーとホスキンス

「トラウマを抱えた兵士なら俺も大勢見てきたからやめろと言ってる。」

「待て、ジョン。可能性があるなら説得もいいかも。」

-ジョン・ウォーカーとレマー・ホスキンス

ウォーカーとホスキンスはラトビアのリガに行き、通りでサム・ウィルソン、バッキー・バーンズ、ヘルムート・ジモを見つけた。彼らと一緒にドンニャ・マダーニの葬式の場所に行き、そこでウォーカーはジモを壁に手錠をかけ、ウィルソンは部屋の中に入ってカーリ・モーゲンソウと話をした。

モーゲンソウを逮捕しようとするウォーカー

バーンズの体内に流れる超人血清について非難した後、彼は部屋に突入し、ウィルソンの努力を妨害してモーゲンソウを逮捕すると言った。ウィルソンに裏切られたと思ったモーゲンソウはウォーカーとウィルソンをテーブルに蹴り返し、バーンズがモーゲンソウを追いかけている間、ウォーカーが一時的に倒された部屋から抜け出した。モーゲンソウがジモに撃たれた時、ウォーカーは回復し、彼らの小競り合いの中で、ジモは彼女が持っていた血清の入った小瓶を一つずつ破壊し始めた。ジモが血清の小瓶を破壊しているのを見つけた後、ウォーカーは彼に盾を投げつけて気絶させた。しかし、ウォーカーはホスキンス、ウィルソン、バーンズが彼を見つける前に1つの血清の小瓶が残っているのを見つけ、それを拾い上げてポケットの1つに入れた。

ドーラ・ミラージュとの小競り合い[]

ヘルムート・ジモを引き渡すように要求するキャプテン・アメリカ

「どうも、ジョン・ウォーカーだ。キャプテン・アメリカ。取り敢えず、尖った棒は下に置いて話し合わないか。なあ?」

「おい、ジョン。落ち着け。バッキーと戦ってからにしろよ。ドーラ・ミラージュの相手は。」

キャプテン・アメリカとサム・ウィルソン

キャプテン・アメリカとバトルスターはラトビアのサム・ウィルソンとバッキー・バーンズの部屋に押し入り、ヘルムート・ジモを引き渡すよう要求すると突然、キャプテン・アメリカに向けてヴィブラニウムの槍が飛んできた。ドーラ・ミラージュのアヨ、ノンブル、ヤマがジモを逮捕するために到着した。 キャプテン・アメリカはアヨに自己紹介し、ラトビアには管轄権がないことを彼女に伝え、彼女は彼女たちがいる場所がどこでも管轄権を持っていると答えた。

ドーラ・ミラージュに打ち負かされたキャプテン・アメリカ

彼女達を去らせるためにキャプテン・アメリカはアヨの鎧に手を置いて緊張を和らげようとしたが、彼女は彼を打ち負かして柱に刺さった槍にぶつけた。 キャプテン・アメリカは盾を掴み、彼女たちと戦った。盾をテーブルに拘束した後、ヤマは盾を彼から奪い取ったが、アヨは彼女らが去る前にそれを置いていくように彼女に言った。 キャプテン・アメリカは取り残され、屈辱を与えられ、彼女達は超人兵士でもないのにと嘆いた。

スーパーソルジャー[]

血清を手に入れる[]

超人血清について話し合うウォーカー

「血清を打てるとしたら打つか?」

「ああ、もちろん。」

「怖くないか自分がどう...変わるのか。」

「ていうか、変わるんじゃなくて本質が出るんだろ?」

ジョン・ウォーカーとレマー・ホスキンス

ラトビアのショッピングエリアでウォーカーはレマー・ホスキンスにバロン・ジモが超人血清を破壊し、ウィルフレッド・ネーゲルが死んだと安心させられた。ウォーカーがネーゲルの血清の小瓶を持っていることにホスキンスは気づいていなかった。 彼らが話し合っている途中、ウォーカーのファンの2人が、キャプテン・アメリカのポスターにサインをしてもらう為に彼に近づいた。 ウォーカーは2人のファンがサインを求めなかったことに嫉妬しているホスキンスに揶揄って相棒に友情を示したが、彼は自分にサインを頼んでいればバトルスターのロゴを描いたと言って、彼女達が損したと反論した。

自分の過去の軍歴を振り返るウォーカー

ウォーカーは血清を打つかどうかを検討し、機会があればそれを打つかどうかホスキンスに尋ねた。 ホスキンスはためらうことなく、血清はその人がすでに持っている特性を増幅するだけだと説明し、数々の名誉勲章を獲得したウォーカーの数々の勇気に焦点を当て、彼がベテランの戦略家であり、戦闘中に一貫して最適な決定を下してきたと言った。

血清を撃つ決意を固めるウォーカー

ウォーカーは彼の人生の最悪の日を振り返り、彼が後悔した残酷な行動に訴えたアフガニスタンでの任務を思い返した。ウォーカーは自分のしたことが正しくなかったことを認識し、次のキャプテン・アメリカに選ばれると、ついに自国のために正しいことをしていると感じたと言った。 この会話に触発され、ドーラ・ミラージュに敗れ、ファルコンとウィンター・ソルジャーに見下されていたことを屈辱に感じていたウォーカーは血清を打ち、能力を高めた。

GRCキャンプでの待ち伏せ[]

フラッグ・スマッシャーズと戦うウォーカー

「アイツはどこだ?!」

「俺が殺したんじゃない!俺じゃない!」

ジョン・ウォーカーとニコ

ウォーカーはレマー・ホスキンスを探している間、サム・ウィルソンと再会した。サム・ウィルソンはその後、ニコやドヴィッチを含むフラッグ・スマッシャーズのグループに待ち伏せを受けた。 戦いの間、ウォーカーはニコによって突然後ろから取り押さえられ、カーリ・モーゲンソウが合流し、彼女はウォーカーに駆け寄り、ナイフで彼の胸を刺して殺そうとした。

バトルスターが死んでいることに気づくウォーカー

しかし、ウォーカーの死はモーゲンソウに立ち向かったホスキンスによって回避された。 モーゲンソウがすぐにホスキンスを圧倒し、彼の胸部を力強くパンチしてレンガの柱に吹っ飛ばし、その衝撃でホスキンスを殺すのをウォーカーはただ見ているしかなかった。ウォーカーはすぐに彼の相棒に駆け寄って、助けようとしたが、既に手遅れで彼が死んでいることに気づいた。 彼が喪に服す間、モーゲンソウと残りのフラッグ・スマッシャーズが逃げ、ウィルソンとバッキー・バーンズが追いかけるのを見ていた。

怒りに身を任せてニコを殺害するウォーカー

ウォーカーは窓から車に飛び乗って、行き詰まったフラッグ・スマッシャーズを探した。 ウォーカーはニコが走っているのを見つけ、彼を殺すつもりでウォーカーを拘束した人物であり、彼の死には直接関係ないが、バトルスターを助けようとする彼の邪魔をした。激怒した彼はモーゲンソウがどこに行ったのかを尋ねた。 ニコはウォーカーにコンクリートブロックを投げたが、彼はすぐに盾でそれを弾いた。

目撃者たちに恐怖の眼差しを向けられるウォーカー

ウォーカーはニコを町の中心にある彫像まで追い詰め、そこで彼はニコに盾を繰り返し投げつけて彼を無力化した。 ウォーカーは逃げるのを防ぐために彼を踏みつけ、そしてホスキンスの死に責任がないとニコは嘆願したが、ウォーカーは彼を無視し、激しい怒りに身を任せて衝動的にニコの身体に死ぬまで盾を繰り返し叩きつけた。ウォーカーは一連の出来事を動画で撮る多くの困惑した目撃者や見物人の前で彼を殺害したことにすぐに気づいた。 群衆の中にはモーゲンソウ、ウィルソン、バーンズとともに、彼のファンの何人かが含まれていた。


キャプテン・アメリカの盾をめぐる衝突[]

バトルスターの死を悼むウォーカー

「だからこれ以上血を流すな。ジョン...盾を俺に渡せ。」

「ああ...そういう事か。騙されるとこだった。」

「お前は失敗した。」

サム・ウィルソンとジョン・ウォーカー

レマー・ホスキンスの死に苦しみ、ウォーカーは現場から逃げ出し、放棄された倉庫に逃げ込み、親友を失って何をすべきか取り乱し、彼の先程の決断に怒った。 深い追悼の中で、ウォーカーは以前、友人の話を聞かなかったことを自覚し、ホスキンスが反対したフラッグ・スマッシャーを待ち伏せしたことを後悔し始めた。

彼の行為を正当化しようとするウォーカー

まもなく、ウォーカーは倉庫まで彼を追いかけて来たサム・ウィルソンとバッキー・バーンズに対峙した。ウォーカーは彼らに説得を試みようとしたにも関わらず、 彼はモーゲンソウではなくニコがホスキンスを殺したと自分自身に確信していた為、彼がホスキンスの殺害した犯人ではなかったが、間違ったフラッグ・スマッシャーを殺すという自分の過ちを認めたくなかったため、ホスキンスの復讐を果たすためにはニコを殺さなければならなかったと自分の行為を正当化しようとした。ウィルソンとバーンズはウォーカーに彼の暴力的なやり方を放棄して盾を渡すように説得しようとした。そして、あくまで戦闘中に起きた過失であって説明すれば酌量の余地はあると説得した。

バッキー・バーンズに猛攻撃するウォーカー

バーンズが抵抗するなら争いも止むなしだと言った通り、ウォーカーは盾を使って彼らと激しい戦いを繰り広げ、持ち前の体力と戦闘スキルで彼らを倒そうとした。彼はウィルソンを蹴飛ばし、彼の銃を取って武装解除したバーンズと戦い、彼にパンチの応酬を食らって、バーンズがはるかに手ごわい敵であることに気づいたが、最終的にバーンズを圧倒し、彼を投げ飛ばしてヴィブラニウムの腕を無効化して、一時的に打ち負かした。

サム・ウィルソンを殺しにかかるウォーカー

ウォーカーはそれからウィルソンと交戦し、盾で彼の攻撃を弾いた。 しかし、ウォーカーがシールドのグリップから手を離して、盾が彼の手から離れるとウォーカーとウィルソンは盾に向かって走った。 血に飢えたウォーカーはウィルソンに激しく取っ組み合い、盾を取り戻した。 ウォーカーがウィルソンを地面に倒した後、彼はヘルメットを脱いで自分がキャプテン・アメリカだと宣言した後、ウィルソンのEXO-7ファルコンウイングスーツのウイングをはぎ取った。ウォーカーは損傷したウィングを投げ捨て、ウィルソンを殺そうとした。

ファルコンとウィンター・ソルジャーに攻撃を仕掛けるウォーカー

しかし、ウォーカーがウィルソンに致命的な打撃を与える前に回復したバーンズはウォーカーに飛びかかってウィルソンを救った。 バーンズは再び危険な敵であると知らしめたが、ウォーカーは彼を押さえつけて盾で殺そうとしたが、バーンズはウィルソンが回復するまで十分な時間を取るために彼を抑えつけた。ウィルソンはウォーカーの手をつかんで、盾を取り戻すために奮闘した。 ウィルソンとバーンズはウォーカーを圧倒し、盾を彼の手から引き剥がして腕を折った。

ファルコンとウィンター・ソルジャーに圧倒されるウォーカー

それにも関わらず、ウォーカーはまだ起き上がることができ、盾なしで最後の戦闘の準備をした。 腕を骨折した彼はウィンター・ソルジャーの熟練した戦闘能力に敵わなかった。ウィンター・ソルジャーはすぐにウォーカーのパンチをブロックし、彼の顔にパンチを食らわせた後、彼を持ち上げて、ウィルソンが最後の一撃を食らわせる事で彼を決定的に打ち負かした。ウォーカーは気絶し、盾を取り上げられて敗北した。


国会議事堂での証言[]

合衆国議会議事堂に到着したウォーカー

「ジョン・F・ウォーカー、当諮問委員会はあなたが今後アメリカ合衆国政府あるいは米軍の代理として行動する事を禁じます。本日この瞬間をもってキャプテン・アメリカとしての肩書きと権限を剥奪します。」

国防長官

ウォーカーはアメリカに戻った後、ラトビアでのニコの不当な殺害についてアメリカ議会議事堂で公聴会にかけられた。 証言のために車の護衛で到着すると、記者と怒っている民間人の群衆が彼を罵倒する中、彼は妻のオリヴィア・ウォーカーと2人の武装した兵士と共に国会議事堂の前の階段を歩いた。 証言台に立つと国防長官と米国議会のメンバーは彼がアメリカ陸軍から解任され、キャプテンとしての彼の軍の階級を剥奪されることを発表し、米国上院の命令でキャプテン・アメリカの肩書きとを彼とそれに伴うすべての権威を剥奪すると宣言した。

公聴会のために証言台に立つウォーカー

ウォーカーは評議会の決定に受けて、落ち着いた口調で任務の状況を説明する許可を求め、バトルスターの死で彼の行動を合理化して弁解しようと試みた。国防長官は同情を示さず、ウォーカーの嘆願を拒否し、評議会が彼の以前の模範的な奉仕のために軍法会議に反対することを決定したことを反抗的なウォーカーに説明した。

米国上院の決定を非難するウォーカー

ウォーカーは再び評議会の共感を得ようとしたが、国防長官は公聴会は交渉の場ではないと反論した。 ウォーカーは国防長官が彼の発言の試みを妨害し、公聴会が義務であることを繰り返し反対したため、ますます不満を募らせた。 ウォーカーは気性を荒げ、評議会に声を上げ、彼の人生は彼のキャリア全体を通してアメリカ政府の命令を中心に動いていたことを説明することで彼らの決定に警告した。

自分がキャプテン・アメリカだと断言するウォーカー

ウォーカーは模範的であり、数多くの勲章を受けた兵士としての彼の記録を上げ、評議会の決定を覆そうと試み、米軍が彼に求めたことだけを戦闘と厳格な訓練で行い、彼らの任務を素直に遂行したと訴えかけた。評議会は気にも留めずに国防長官は単に上院の公式判決を読み上げ、彼の解任を確定すると続けた。

不満気に証言台を去るウォーカー

ウォーカーは退役軍人省の恩恵も受けられないことを知り、軍が今の彼を造り、そしてキャプテン・アメリカであると正当に反論し、スティーブ・ロジャースの遺産がすべてを例示していると信じていた。 評議会はウォーカーを解雇し、彼が彼らの決定を非難し続けるならば、彼が軍事刑務所に投獄されると脅し、彼がこの程度の処分で済んだのは非常に幸運だったと述べた。 彼らの決定に憤慨し、恥をかかされたウォーカーは評議会に背を向け、キャプテン・アメリカの盾を彼らに速やかに返還するようにという彼らの要求を無視して、審理を終了した。

フォンテーヌ伯爵夫人に会うウォーカー

公聴会の後、ウォーカーは妻のオリヴィアにベンチで慰められながら彼の戦争における勲章を賞賛し、キャプテン・アメリカになるために何が必要か誰も理解できないと言って、彼が退任することを拒否していることを明らかにした。 法廷で彼らの敗北を取り戻そうと試みたウォーカーは妻から、レマー・ホスキンスの家族との面会を優先すべきだと促され、彼らを慰問することで一般市民に好印象を与えることを望んでいた。 会話をしていると、謎の女性が2人に近づき、彼女はヴァレンティーナ・アレグラ・デ・フォンテーヌだと自己紹介した。

フォンテーヌ伯爵夫人の申し出について考えるウォーカー

フォンテーヌはウォーカーにニコを殺したことで罰せられたのではなく、政府の評判を傷つけたことで罰せられたと説明した。 ウォーカーはフォンテーヌから彼が血清を摂取したことを知っており、強力な組織が彼に興味を持っていることを知らされた。 フォンテーヌから彼女と連絡を取り合うことが彼の人生の最良の決断であると助言されて空白の名刺を渡され、盾は決して政府の所有物ではないと言われてウォーカーは困惑した。


バトルスターの家族を慰める[]

バトルスターの家族を慰問するウォーカー

「レマーの姿を見て奴らを追いました。」

「じゃあ、その男が息子を殺したのか?」

「そうです。絶対に生かしておいちゃいけないと思って。せめてもの慰めになるといいんですが。」

ジョン・ウォーカーとホスキンス

公聴会の後、ウォーカーは妻が彼に助言したようにレマー・ホスキンスの家族を訪ねることに決めた。 カスターズ・グローブに戻った彼はホスキンスの殺人者を殺したことで復讐が果たされたと主張し、ホスキンスの死についての出来事の真相を彼らに偽って話した。 ホスキンス夫人は彼の話を聞いて悲しみ、ホスキンスが最初の戦地の後に撮った彼と彼女の息子の写真を彼に渡し、キャプテン・アメリカになったときに彼が彼の相棒であることをどれほど誇りに思っていたかを話した。 この話に触発されて、ウォーカーはカーリ・モーゲンソウに復讐することを決心した。

キャプテン・アメリカのポスターを見上げるウォーカー

彼らに出来る事がいつでも言って欲しいと言い残して、ウォーカーはホスキンスの実家を後にした。町を歩いて家に帰る途中、ウォーカーはキャプテン・アメリカとしての自分のポスターに目を止めた。 ウォーカーは自分はまだ本当のキャプテン・アメリカであるという自己妄想を思い返して新しい盾を作ることを思いつき、帰国した。


復讐の道[]

自分で新しい盾を制作するウォーカー

「彼を殺す気は無かった。殺しても意味ないもの。」

「レマーの命は意味ないってのか?」

カーリ・モーゲンソウとジョン・ウォーカー

ウォーカーはまだ退任に怒っており、相棒の死に動機付けられて、家に戻り、キャプテン・アメリカの盾の彼自身のバージョンを造った。 彼は軍歴を通じて獲得した勲章を盾の内面に溶接し、外面を元の盾と同じ色で塗装することで仕上げた。

カーリ・モーゲンソウと戦うために現れたウォーカー

その日の夜遅く、ウォーカーはフラッグ・スマッシャーズと戦うために自家製の盾を持ってニューヨーク市に到着した。主な目的はカーリ・モーゲンソウを殺すことだった。 通りを歩いてモーゲンソウの名前を叫んだ後、モーゲンソウはレマー・ホスキンスは彼らの大義にとって重要ではなかった為、彼を死なせるつもりはなかったと彼に言った。それを聞いたウォーカーは彼女に盾を投げつけた。

フラッグ・スマッシャーズに戦いを挑むウォーカー

しかし、モーゲンソウは盾を蹴り飛ばして、舗道に落ちた。その後、ウォーカーは白兵戦でフラッグ・スマッシャーズと戦闘を繰り広げた。 しかし、彼の超人パワーは超人兵士のグループによって打ち負かされ、地面に叩きつけられた。 ウォーカーは自家製の盾を使って彼らのパンチを阻止し、盾に付けた星の勲章を見て、決意を固め、反撃した。 しかし、ウォーカーはその後、フラッグ・スマッシャーズを打ち負かしたバッキー・バーンズによって救われた。 ウォーカーはそれから一人でモーゲンソウに対峙し、彼女を激しく攻撃したが、彼女は彼を地面に叩きつけた後、なんとか彼から逃げ出した。


自分を取り戻す[]

GRCの人質を救出するウォーカー

「さっきのリンカーンだろ?」

「偉大な男の名言だ。」

「そうは聞こえなかった。」

バッキー・バーンズとジョン・ウォーカー

モーゲンソウがGRCメンバーが乗るNYPDハマー車両を建設現場に突っ込んだ後、ウォーカーはそれが足場から落ちる寸前であることに気づいた。 ウォーカーは人々を救うことがより重要であると判断し、盾を投げ捨て、超人パワーで車両を安全な場所に引き戻し始めた。 しかし、モーゲンソウとドヴィッチは彼が彼らを救おうとしていることに腹を立て、駆け寄って彼を車から引き離そうとした。 彼らはウォーカーを車両から強制的に引き離し、3人が足場から落下した。 それからウォーカーが地面に落ち、そこでバーンズは彼が立ち上がるのを手助けした。 その後、彼らはキャプテン・アメリカが到着し、車両を安全な場所に押し戻すのを見ていた。

バッキー・バーンズに救われるウォーカー

ウォーカーはその後、モーゲンソウが投げつけたポールを掴んだバーンズによって再び救われた。 その後、ウィルソンが合流し、盾を投げつけて、フラッグ・スマッシャーズを倒すのを目撃した。 その後、ウォーカーはウィルソンとバーンズとチームを結成し、ウィルソンが新しいキャプテン・アメリカであることを認めた。 彼らがモーゲンソウと交戦する前に、ジョルジュ・バトロックが到着し、その場に発煙弾を発射し、フラッグ・スマッシャーを逃がした。 ウォーカー、バーンズ、ウィルソンが煙を逃れた後、建設現場の地下深くに入り込んだ。 ウィルソンはシャロン・カーターから連絡を受けた後、彼らが分散することを提案した。

フラッグ・スマッシャーズを罠にかけるウォーカーとバッキー・バーンズ

ウォーカーとバーンズは協力して、建設現場の別の廊下を捜索した。 その後、バーンズは先程、彼に与えられた電話を使用して、フラッグ・スマッシャーズに合流場所を伝えるメッセージを送信し、彼らはドヴィッチ、ディーディー、ジジを追跡することができた。 その後、ウォーカーとバーンズは3人のフラッグ・スマッシャーズを待ち伏せし、NYPDユニットに逮捕されるのを見守った。 その後、ウォーカーとバーンズは共に現場から離れ、ウォーカーはバーンズの背中を軽く叩き、バーンズは彼にリンカーンの名言を引用しないように言った。

サム・ウィルソンのスピーチを聞くウォーカー

その後、ウォーカーとバーンズは通りに歩いて行き、ウィルソンがモーゲンソウの遺体を抱えて降り立ち、救助されたGRCメンバーと報道記者の前に立つのを見ていた。ウォーカーはその後、ウィルソンが新しいキャプテン・アメリカとしてスピーチする姿をウィルソンの言葉を尊重しながら聞いていた。 その後、ウォーカーはバーンズに別れを告げ、ウィルソンと互いに頷き合ってニューヨーク市を後にした。


USエージェント[]

新しい名前[]

新しいUSエージェントのコスチュームを着用するウォーカー

「これから色々普通じゃなくなる。そうなってしまうとキャプテン・アメリカなんて必要ない。必要なのはUSエージェント。」

ヴァレンティーナ・アレグラ・デ・フォンテーヌ

その後、ウォーカーと彼の妻オリヴィアはヴァレンティーナ・アレグラ・デ・フォンテーヌと再会し、彼の新しいバージョンのスーツを与えられた。 ウォーカが以前と同じコスチュームだが、色が黒に変更されたスーツを着て部屋に足を踏み入れた時、フォンテーヌは彼の外見を褒め称え、世界はより普通じゃなくなり、人々はキャプテン・アメリカではなく「USエージェント」を必要とするだろうと言った。 フォンテーヌは去る前に連絡を取り合えるように携帯電話は切るなと言った。 ウォーカーはUSエージェントの名前に懐疑的だったが、妻と一緒にスーパーヒーローとして仕事に復帰したことを祝った。


性格[]

ジョン・ウォーカーはキャプテン・アメリカをモデルにしており、超人血清を服用する前は自国のために奉仕したかっただけの職業軍人だった。ジョン・ウォーカーは新しいキャプテン・アメリカとしての役割を果たすことに自信がないこと、期待に応えるために最善を尽くしていることを認めていた。また、ウォーカーは敵との戦いを続けるよりも、友人のレマー・ホスキンスを救うことを優先する等、常に友人のことを気にかけている。しかし、彼はウィルソンとバーンズを、ロジャースの「ウィングマン」として見下す等、軽薄な一面も持つ。また、ウォーカーは兵役中に3つの名誉勲章を獲得し、自分の能力と勲章を受けたことに非常に誇りを持っている。

ウォーカーは彼に期待やプレッシャーがかかると暴走しがちで、ファルコンが彼女を逮捕するのを待ちきれなかったためにカーリ・モーゲンソウと交渉する試みを台無しにした。 ウォーカーは、管轄権の主張でドーラ・ミラージュと議論した時に彼女たちを見下すような態度を示した。彼はキャプテン・アメリカとして自分自身に圧力をかけたため、常に不安を抱えている。彼のエゴは非常に壊れやすいことも示されているおり、急いで決断を下す傾向がある。

ウォーカーが超人血清を自分で服用すると、彼の精神的に不安定さが悪化し、ウォーカーは更に不安定になった。フラッグ・スマッシャーズとの戦いでホスキンスが不慮の死を遂げた際、ウォーカーは盲目的に怒りを暴走させて、盾でニコを追い詰め、惨殺した。

しかし、ウォーカーはモーゲンソウへの復讐心を手放し、危険にさらされていた世界再定住評議会のメンバーの命を救うことを選択するなど、まだ、罪のない人々を気にかける道徳的にまともな一面を保っていたことが示された。

力と能力[]

[]

  • 超人血清 ウォーカーは、超人血清を注射することで人間の最高の身体能力まで強化し、スーパーパワー、耐久性、スピード、敏捷性、スタミナを身に着けた。

能力[]

  • 高い戦闘技術 軍で鍛えた経験から高い戦闘技術を持っている。ハンドガンでの射撃も優れていて、キャプテンの盾もすぐに使いこなせるようになった。

弱点[]

  • 弱い心 弱いと言われたり下に見られると怒りが抑えられない。

装備[]

キャプテン・アメリカの盾:ウォーカーが2代目キャプテン・アメリカに選ばれた時、彼は任務をサポートするために盾を授けられた。 それ以来、ウォーカーはそれを主に防御として使用し、攻撃の際に投げることによって、彼の前任者と同様の方法でそれを使用してきた。 しかし、彼の攻撃的な性格ためにニコを殺害した時など、致命的な意図で盾を使用した。 ニコの殺害は、サム・ウィルソンが彼の暴走を終わらせるためにバッキー・バーンズと共に盾を取り返す結果となった。

ジョン・ウォーカーの盾:キャプテン・アメリカの盾をサム・ウィルソンとバッキー・バーンズに奪われ、キャプテン・アメリカの称号を剥奪され、アメリカ陸軍から名誉除隊された後、ウォーカーは非常に似ているが独特のデザインで自分のバージョンの盾を制作し、彼が軍でのキャリアを通して身につけていた勲章をそこに装飾した。 しかし、ウォーカーを適格に守護する一方で、新しい盾はヴィブラニウム製の盾ほど耐久性がなく、一般的な金属で作られているため実際の武器としてはほとんど役に立たず、ウォーカーが暴走を抑制する頃にはボロボロになっていた。

STI Perfect 10:ウォーカーは、第二次世界大戦中のキャプテン・アメリカと同様に、彼のユーティリティベルトにホルスターを付けたサイド武器を所持している。 彼はミュンヘンで銃を装備し、それを使ってバトルスターを拘束するマティアスを撃った。 彼は任務中、常に銃を所持していた。 彼はバーンズとの対決で銃を手放した。 彼がUSエージェントになった時、彼の新しいコスチュームにホルスターが付けられていたため、銃は後で回収されたと思われる。

関連人物[]

関連するキャラクターを入力してください

名台詞[]

キャラクターの名台詞を入力してください

トリビア[]

コミックでは、ジョン・ウォーカーは元米陸軍の兵士であり、元々はスーパーパトリオットとして知られていた。キャプテン・アメリカと彼の愛国心に対するアンチヒーロー。 スティーブ・ロジャースがその役割を放棄した後、ウォーカーは後にキャプテン・アメリカの称号を引き継いだ。 ロジャースがキャプテン・アメリカの役割を再開した後、ウォーカーは政府の工作員となり、自警団員/傭兵としてのコードネームがUSエージェントになった。

ワイアット・ラッセルは当初、『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』でキャプテン・アメリカ/スティーブ・ロジャース役のオーディションを受けていた。

ジャスティン・イートンとロイド・ピッツは、USエージェント役でワイアット・ラッセルのスタントダブルを務めた。

参考リンクと出典 []

参考リンクを入力してください


Advertisement